(23)時の糸

 

 

~ユノ~

 

 

​で、結局、だらだらと2時間も話してた(俺が)。

(そろそろ、電話切ろうかな。

はっ!

もう12時じゃないか!)

あくびが出る。

(明日も早いんだよなぁ...。

​チャンミンの奴、結局、雑談だけのために電話してきたんかなぁ?)

 

『ユノ』

チャンミンが、俺の名前を呼ぶ。

「はいはい」

(さすがにしゃべり疲れた...)

『明日終わるのって、何時頃?』

「うーん、片付けがあるから、18時くらいかなぁ」

(すきっ腹に、酒はいかん、酔ってきた。

​トイレに行きたい...)

​『えっと...』

(眠い...寝たい...風呂に入らんと)

 

「それじゃ、そろそろ寝るわ」

 

会話を打ち切ろうとしたら、まさかのチャンミンの爆弾発言。

 

驚き過ぎて、ソファから転げ落ちたもんね。

『明日、うちに来てください』

 

「ぶはっ!」

​ベタな反応だったけど、本気で吹き出してしまった。

「なんやってぇ!?」

『明日、僕のうちに来て欲しい』

「ななな、なんやって?」

『ユノに、来てもらいたいんだ、うちに』

 

全くの予想外のチャンミン発言に、全身から汗が噴き出してきた。

​「なんでぇ?」

(馬鹿!

うちに来て欲しい、ってことは、アレだよアレ!

理由をはっきり聞いちゃあかんのに)

 

​『ユノに用があるからだよ!

​ユノは出張でいなかったし。

​職場じゃ、ゆっくり話せないし』

 

「そっかー...」

 

『...無理なら、いいよ。

忘れて』

「わかった」

『嫌ならいいよ』

「行くよ」

チャンミンが「すっ」と、息を吸う音が聞こえる。

​『いいんですか?』

(なぜ、敬語?)

​チャンミンの声が明るくなった。

「出張から戻ったら、まっすぐ寄るよ」

『よかった!』

(めちゃくちゃ嬉しそうじゃないの)

「うーんと、18時頃かなぁ...いい?」

『じゃあ、夕飯を用意しておくよ』

「美味しい物買っていくから、いい子でな」

『子供扱いは、止めてくれないかな、ユノ』

 

 

 

 

電話を切った後、ソファに寝ころんでぼんやりと考える。

この数日の間で、チャンミンの中で何が起こったんだ?

客観的に見ると、間もなく三十路になる男にしては言動が中高生レベルで、十分過ぎるほどキモイ。

でも、チャンミンならセーフ。

なぜだかは、分からないけど。

​照れることをスルっと発言できちゃうあたりが、単なる「ウブ」でもないわけで。

なかなかどうして、興味深いキャラクターだ、チャンミン君。

​チャンミンの『やる気スイッチ』を押してしまったのか?

​『やる気スイッチ』って、なんのやる気だよ!

先日のMとの会話を思い出す。

​『チャンミンのプライベートって凄そう、こわーい』

​チャンミンが隠している「素の姿」はすごいんだろうか...?

どきどき。

 

 


 

 

チャンミンは、洗面ボウルの縁にかけた手に体重を預け、ゆっくり呼吸した。

 

洗面所の鏡の前で、髪を整えようとした直後だった。

 

(まただ...)

 

視野が暗くなって、耳鳴りがする。

 

(もうすぐユノが来るのに...)

 

チャンミンは強く目をつむって、大きな深呼吸を繰り返した。

 

(!)

 

チャンミンは、自分の肩の上に重みを感じ、後ろを振り返った。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」