(24)時の糸

 

 

「あと30分!」

 

(リビングOK。

注文した食材は届いた)

 

チャンミンは仕事後、大急ぎて帰宅し、準備で大忙しだった。

 

グラスも食器も1つずつしかなかったから、それも注文した。

 

(ユノがうちに来る!)

 

チャンミンは嬉しくて仕方なかった。

 

(自宅に誰かを招くのは、初めてだ)

 

(ところで...)

 

ふと手を止めて、考える。

 

(うちまで訪ねて欲しい、と言ってはみたけど、おかしかったかな?

人と、どう接して、どういった会話が正解なのか...僕にはわからない)

 

(手順が分からない)

 

29歳のチャンミンは、何もかもが初めてだった。

 

自分の経験を元に行動してみようと、記憶をたどろうとすると決まって、意識が遠のくような気がして出来なかった。

 

霞がかかったようで、曖昧なのだ。

 

(経験不足なのか、単に覚えていないのかを追及することは、後回しだ)

 

仕方なくネットの情報を頼りにして、チャンミンは必死だった。

 

チャンミンは、リビングを見渡して「よし」と頷く。

 

「次は...着替えないと!」

 

チャンミンは、外出着のままなことに気づいて、クローゼットに向かう。

 

 


 

 

ユノは、地下10階から上昇するエレベーターに乗っていた。

 

地上に到着し、ドアが開くのも待てずに飛び出し、駆け出す。

 

(急げ急げ!)

 

会議の閉会式が長引き、撤去作業もずれ込んで、チャンミンとの約束の時間まで、あと1時間だった。

 

(忘れちゃいかん!チャンミンへの土産!)

 

ユノは自室のあるマンションにいったん寄り、あらかじめ注文しておいたものをピックアップする。

 

チャンミンのマンションまで、徒歩15分の距離だったが、迷わずタクシーを呼ぶことにした。

 

「ふぅ」

 

タクシーのシートに座ると、ユノは息を整える。

 

(チャンミン、ごめん)

 

ユノは膝の上の、チャンミンへの土産が入った袋を抱え直した。

 

 

 

 

ユノは艶消しアルミのドアの前に立っていた。

(待ちきれない)

時刻を確認すると、約束より15分早い。

(チャンミンのことだ、頓着せんだろう)

荒くなった呼吸を整える。

​​

(よし!)

チャイムのボタンを押す。

 

(......)

 

​インターホンの応答がない。

 

もう一度押す。

 

​(......)

 

「ったく、またかよ!」

 

​舌打ちをしたユノはさらに3回チャイムを鳴らし、きっかり1分ずつ待つ。

 

(何やってんだか!)

​在宅ランプが灯っているので、部屋にいるのは確か。

 

(...今日も...風呂か?)

ユノはニヤリとする。

(出てこないチャンミンが悪いのだ)

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」