(34)時の糸

 

 

~チャンミン~

 

 

「話がまわりくどい奴だったからね」

 

「彼女?」

 

「はぁ?」

 

ユノの口があんぐりと開いた。

 

「お前の口から『彼女』という言葉が出ることが驚きだよ」

 

「僕が『彼女』って言ったら、そんなにおかしいわけ?」

 

ついつい言い方がとげとげしくなってしまう。

 

「チャンミン...。

お前、焼きもちやいてたりする?」

 

「ヤキモチ...ってどういう意味?」

 

言葉の意味が分からなくて、首をひねっている僕をみかねて、

 

「ま、ええわ。

後で調べときなさい」

 

楽しそうに言って、リビングに直行する。

 

「俺には、彼女なんていないよ。

フリー中のフリーだ」

 

僕はよっぽどホッとした表情をしたのだろう、それを見てユノはにっこり笑った。

 

「フリーだから、チャンミンとキスしてもいいわけ」

 

「コ、コーヒーを淹れなおしたから、ユノ」

 

思い出して顔が赤くなっているのを、ユノに見られないよう、僕はキッチンに向かった。

 

「そういえば、催促してるんじゃないんだけど...。

その袋の中身は何?」

 

部屋の隅に置かれたままの紙袋を指さす。

 

「あ、ああ、それね」

 

「出張のお土産でしょ?」

 

「う、うん。

でもさ、チャンミンがご馳走を用意してくれて。

ほら、お腹いっぱいでだろ?

今さら、もういいかなぁ、と思ってるんだけど...」

 

「見せて!」

 

ユノはしぶしぶ僕にその袋を手渡した。

 

「何、これ?」

 

「天むす」

 

「天むす?」

 

「海老の天ぷら入りの握り飯のこと」

 

「おいしそうだね」

 

「うまいぞぉ。

でも、今夜はもう食べられない。

お腹いっぱい」

 

「明日、食べるよ」

 

「そうしな、チャンミン」

 

「ありがとう、ユノ」

 

「どういたしまして。

さてと!

そろそろ、帰るわ」

 

「ええっ!

もう?」

 

「もう23時だよ、チャンミン」

 

いつの間に、そんな時間になっていたことに驚く。

 

「せめてコーヒーだけでも、飲んでからにしなよ」

 

ユノは既に、コートに腕を通している。

 

「寂しいのか、チャンミン?」

 

コートを脱ぐと、ユノはダイニングチェアに腰かけた。

 

「オーケー。

コーヒーもらおうか」

 

マグカップにコーヒーを注ぐ僕の胸は、まだチクチクしていた。

 

(ユノは恋人はいないと言ってたけど...『彼』って誰のことだろう?

どうしてこのことが、こんなにも気になるんだろう、苦しいんだろう)

 

「あちっ」

 

考え事をしていたせいで、マグカップからコーヒーが溢れていた。

 

「わー、大丈夫かぁ!?」

 

ユノは僕からマグカップを取り上げ、布巾を手渡してくれたりと、世話を焼いてくれる。

 

楽しかったり、ドキドキしたり、重苦しくなったり、めまぐるしく変化する感情に、僕は振り回されている。

 

視界が鮮やかになって、そんな自分を新鮮に前向きにとらえていたけれど...。

 

苦しい思いはごめんだ、と思った。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」