(9)時の糸

 

 

「非常時だから、許されるハズ」

リストバンドをドアノブ下のプレートに当て、リストバンドとPCをケーブルで繋いだ。

(落ち着け~、落ち着け~)

ユノは焦って震える手​にイライラしながら、キーボードを打つ。

「よし!」

最後のキーをタップすると、カチッと音がして、プレートに灯ったランプの色がグリーンに変わった。

「開いた!」

​(今からユノさんが、助けに行くからな!)

ユノはドアノブのレバーを押し下げ、部屋の中にするりと入った。

 

 

 

「チャンミーン!」

ユノは大声で叫ぶ。

玄関から突き当りのリビングの照明はついている。

 

チャンミンはいない。

ソファの陰にチャンミンが転がっているかも...と恐る恐るのぞく。

(いない!)

​「チャンミーン!」

(隣の部屋か?)

リビングに向かって右手にあるドアが半開きだった。

部屋が暗くて様子がわからないが、どうやら寝室らしい。

「わっ!」

(ベッドの下の、あの長い塊は............チャン...ミン?)

(まさか!)

血の気がひくユノ。

​「チャンミン!」

(どうか息がありますように!)

ユノは揺さぶろうと、勢いよく手を伸ばした。

「チャンミ.....。

.........ったく、布団かよっ!」

ユノは苛立ちのあまり、つかんだ布団を殴り捨てた。

「チャンミンの馬鹿!」

(チャンミン...頼む!

生きてて...!)

心配で心配で、ユノの胸はハラハラドキドキ、苦しかった。

ユノの顔は、もはや半泣き状態だった。

「チャンミーン!」

(どこで倒れてるんだ、あいつは?)

「かくれんぼしてんじゃねーぞー!」

リビングに戻り、真向いにドアが2つ。

(どちらかが、トイレ。

トイレで倒れる人って多い、とよく聞く話だよな)

ユノの頭に、トイレに腰かけたままぐったり壁に寄りかかるチャンミンの姿が浮かぶ。

ユノはゆっくりとドアレバーを回し、ドアを引く。

 

「チャ.....。

 

 

......って、いないじゃんか!」

白いタイルがまぶしい、清潔そうなトイレは、無人。

(ったくもー!

びっくりさせやがって!

ほっとするやら、ドキドキするやら!)

かけられた黒色のタオルに、

(おっ!センスいいじゃん。

って......感心してる場合じゃない)

「チャンミーン!!」

(残るドアはあと一つ...バスルームだ。

出しっぱなしのシャワーのお湯に打たれて、床に倒れたチャンミン。

若しくは、バスタブに浸かった状態で、だらりと手をバスタブから出してて...!)

「チャンミーン!」​

​(頼む!

無事でいて!)

「生きてるか!?」

ユノは、勢いよくドアを引く...。

「ひぃっ」

​​

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

​ユノは腹の底から、悲鳴を上げたのだった。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」