【短編】橙ゲノム

 

彼は「じゃあ、またな」と片手をあげ、僕も同様に「またね」と返した。

 

くるりと背を向けて遠ざかってゆく彼の後ろ姿を、僕は見送った。

 

あっさりしているんだな...。

 

いい気分はしなかった。

 

間もなく、辺りは暗闇に沈んでゆき、代わりに等間隔に並ぶ外灯が浮かび上がってくるだろう。

 

男同士の帰り際なんて、こんなもの。

 

べつに一人でも帰れるけど。

 

パッとしないのはね、傍に彼が...ユノがいないからだ。

 

僕はふぅっと息を吐いた。

 

ユノはこれからあの人に会いにいく。

 

オレンジ色に染まった空が、街並みの濃いシルエットに切りとられている。

 

僕の願い...ユノの隣に僕が居られたら...。

 

僕の夢は夕空に跳ねた。

 

あの人に会ったりなんかしないで。

 

あの人に会いに行くユノなんか嫌いだ。

 

 

僕の出る幕はないってわかってる。

 

二人を前にした僕には、居場所がない。

 

ユノの背中を切なく見つめるたび、僕は小さく息をする。

 

僕の視線に気づいた彼は、「どうした?」って。

 

「なんでもない」

 

空が滲んできて、僕は慌ててユノに背を向けた。

 

次に振り向いた時には、僕は笑顔になっている。

 

危ないあぶない。

 

気を抜くと僕の本心が顔を出す。

 

「もういいかい?」って。

 

「想いを伝えてもいいだろ?」って。

 

でもね、僕じゃ駄目なんだ。

 

ユノとあの人との一部始終を、僕は友人として見届けてきた。

 

あの人との関係が壊れた時、ユノがどれだけ打ちひしがれたか。

 

ずっとずっと、あの人の存在がユノの中に生きていた。

 

あの人への想いをにじませたユノの横顔に、胸が苦しくなる。

 

あの人から別れを告げられた時のユノを思い出す。

 

「会いたい」とあの人にすがり、馬鹿みたいに泣いていた。

 

僕はそんなユノの背を撫ぜるしかなかった。

 

 

でもさ、今、あの人とやり直せそうなんだって、さ。

 

塞いでいたユノの表情がパッと明るく花開いた。

 

そのキラキラ輝く瞳に、僕の気持ちは壊れそうだ。

 

夕焼けに染まる街。

 

これは片想いだ。

 

ユノとの未来も願いも、どこかへいってしまった。

 

言えるわけないなぁ。

 

「ユノが好きです」

 

いつかこんな日がくることなんて分かっていた。

 

さよならしよう。

 

「好き」の気持ちは手放そう。

 

ユノにはやっぱり、あの人がお似合いだ。

 

僕はあの人に叶わない。

 

僕の視線に気づいて、ユノは振り返った。

 

「どうした?」って。

 

僕は「なんでもない」と答える代わりに、こう尋ねた。

 

「チャンミンに会いにいくんだろ?」

 

ユノははにかんで「ああ」と答えた。

 

言ってもいいだろ?

 

...無理だよ、僕じゃ駄目なんだ。

 

言ってもいいだろ?

 

...無駄だよ、チャンミンじゃなきゃダメなんだ。

 

泣いてすがってもいいだろ?

 

...駄目だよ、二人を困らせてしまう。

 

もう「さよなら」してもいいだろ?

 

うん、いいよ。

 

夕焼けが染める街。

 

ユノの後ろ姿はいよいよ見えなくなった。

 

 

(おしまい)

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」