義弟(32)

 

 

~チャンミン16歳~

 

 

「でかい靴だね...モデルは男?

ははあ...チャンミン君だろ?」

 

玄関から最も遠いアトリエまで響く、よく通る笑い声だ。

 

「制作中なので、今日は勘弁してください」

 

義兄さんの制止など、構う人物じゃない。

 

「上がらせてもらうよ」

 

「Xさん!」

 

慌ててシャツに手を伸ばそうとしたが、それはアトリエの隅にあって、間に合わない。

 

新しい作品では、僕は上を脱いだだけの恰好だったから助かった。

 

僕はガウンの衿を深く合わせ、それでも足りなくて両腕で胸を抱きしめた。

 

 

 

 

義兄さんと結ばれた後も、X氏と関係を持っていた。

 

「チャンミン君...見なさい。

感じている時の君の顔...子供のくせにいやらしいね」

 

そう言って見せられたスマホ画面に、僕は全身の血の気が引いた。

 

どうしてこんなことになってしまったんだろう。

 

X氏のぎょろついた眼で見据えられると、首を横に振ることができない。

 

彼からはっきりと指摘されたわけじゃないけれど、僕の想い人が義兄さんだと知っているに違いない。

 

春先のカフェで、義兄さんと一緒にいた時のX氏の表情から、なんとなく...そう思った。

 

度胸と知識が欲しくて、ほんの数度だけのつもりでいたのに。

 

こんな状況、望んでいなかったのに。

 

X氏の腹の上で身をくねらせながら、僕は義兄さんを想った。

 

「君のそこは、私のものを簡単に飲み込むんだな。

彼氏は不思議に思わないかなぁ?」

 

「...え!?」

 

「君の彼氏はノンケなんだよね?

経験のない者でも、君のように慣れていたら、おかしいと思うけどね?」

 

義兄さんと初めてした時の、彼の反応を思い起こしてみた。

 

驚きと疑問の混じった、困ったような表情で、「平気なのか?」と僕に尋ねた。

 

義兄さんのことが好き過ぎるあまり、僕の身体は抵抗なく彼のものを飲み込んでしまう...そう思って欲しかった。

 

大胆なことができるのも、義兄さんへの恋情の深さゆえによるものだって、信じて欲しかった。

 

義兄さんは...疑ったんだろうか...。

 

妙に慣れているな、って。

 

僕の初めてが義兄さんじゃないことに、気付いただろうか。

 

その疑念が僕を不安にさせ、X氏の上で揺らしていた腰が止まってしまった。

 

破裂音の直後、左尻がかっと熱くなり、X氏に尻を張られたことが分かった。

 

「知ったら...彼氏は軽蔑するだろうね?

...もしくは、場慣れした子だって、君を軽く扱うかもしれないね」

 

「...そんな」

 

「普通の男女のお付き合いとはわけが違うことに、そろそろ気付いた方がいいんじゃないかな。

君はまだ16だろう?

16のくせに、中年オヤジの上で尻を動かしてるんだ。

...普通じゃないよ」

 

「義兄さんが初めてです」と言ってあげたかった。

 

でも、義兄さんのことだ。

 

僕の嘘なんてすぐに見破って、それどころか騙されたフリをし続けてくれそうだ。

 

義兄さんが欲しいあまりに選択した行動が、今になって僕の首を絞めてきた。

 

いかに軽率だったかを、今さら後悔してももう、遅い。

 

僕の腰をつかむX氏の腕からすり抜け、僕はバスルームへ走った。

 

身体の穢れを洗い流さないと...遅すぎるけれど。

 

 


 

 

~ユノ33歳~

 

 

ずかずかと上がり込んだX氏の背を追った。

 

両足を抱えて座ったチャンミンは、ガウンに顎までくるまっていた。

 

例の三白眼で、X氏を睨みつけるように見上げていた。

 

その嫌悪感が丸出しな目付きに、見ていてヒヤヒヤした。

 

X氏は好きになれない類の人物だが、彼の仕事を受注した立場として、チャンミンの態度は褒められたものじゃない。

 

「Xさんは、相変わらず強引ですねぇ。

佳境にさしかかっていたんです。

こっちが遅れたら、Xさんの方の仕事に支障が出てしまいますよ?」

 

苛立ちを隠し、抗議の意味をやんわりと込めるだけにした。

 

本心は、背中を蹴り飛ばして、このアトリエから追い出したかった。

 

「なんだ...ヌードじゃないのか?」

 

ガウンの下からズボンの裾が覗いているのを、目ざとく見つけたらしい。

 

「私だって、ヌードばかり描いているわけじゃありませんよ。

チャンミンは年ごろですし」

 

チャンミンのすがる視線を受け止め、俺は「安心しろ」といった風に頷いてみせた。

 

力作過ぎて、誰にも見せられない特別な作品になってしまったとは、絶対に言えない。

 

俺とチャンミンだけの秘密の作品だ。

 

キャンバスのこちら側に回り込もうとするX氏に、俺は立ちふさがる。

 

佳境を迎えているなんて大嘘で、新たに手掛けたそれは未だ下描き段階のものだったから。

 

「ああっ!」

 

チャンミンが軽い悲鳴を上げたのは、X氏が突然、隣にどかっと座ったせいだ。

 

「チャンミン君、って言ったよね?

顔を見せて...へぇ...近くで見ると...やっぱり綺麗な顔をしてるね」

 

X氏の巨躯で、ソファが軋み音を立てた。

 

「...っ」

 

「そこまで嫌がらなくていいだろう?

私が怖いのか?

そうだろうねぇ、オーナーの顔はいかつい、ってスタッフたちに恐れられているからなぁ、ハハハハハ!」

 

「......」

 

顔を寄せるX氏に、チャンミンは顔を反対側に背けている。

 

自身の膝を抱える指に力がこもっていた。

 

「男にしておくのが勿体ないね」

 

「Xさん!」

 

チャンミンが穢されるようで、たまらずに俺はX氏の肩を手をかけた。

 

「この子をからかわないで下さいよ。

内気な子ですから、Xさんのノリについてこられないんです」

 

俺の手にこもった力に本気を感じたのだろう。

 

X氏はチャンミンにのしかからんばかりに傾けていた身体を起こし、立ち上がった。

 

「すまなかった。

ふざけ過ぎたな、ハハハハハ!」

 

「そうですよ...全く」

 

「チャンミン君は、『内気』な子なんだ、へぇ?」

 

「妻は誰とでもすぐに打ち解けるタイプなんですけどね。

弟のチャンミンは、奥ゆかしい子なんです」

 

「どうだろうね。

そういう子ほど、年長者の目が届かないところでは、はじけているものなんだ」

 

「若者に詳しいですね、ははは」

 

X氏の言葉に、平静を保つのがやっとだった。

 

チャンミンの両親、姉である俺の妻、その他からの目を盗んで、俺たちがやっていること。

 

妻帯者、17歳差、未成年、妻の弟、姉の夫、高校生...。

 

道徳的に真っ黒だ。

 

「ところで、私に何か要件があったのでは?」

 

チャンミンから引き離したくて、X氏をオフィスの方へ誘導する。

 

「ああ。

当初の予定では無かったんだが、店舗の外壁に...」

 

この男をとっとと、ここから追い出して、怯えたチャンミンを慰めてやらないと、とそのことばかり考えていた。

 

ビジネスの話を始めれば、X氏は事業家の顔に戻り、半時間ほどで打ち合わせはまとまった。

 

「来週には内装工事が入るから、それまでにラフ案を2つ3つ、頼むよ」

 

「承知しました」

 

先に出た俺は、玄関ドアを押さえ、靴を履くX氏を待つ。

 

「チャンミン君が心配だよ」

 

「?」

 

「ああいう寡黙な子はね、何を考えているか分からない。

大人の目を盗んで、とんでもないことをしていたりするんだ。

『そんな子のはずがない!』って、大人たちを驚かせるようなことをね」

 

「...チャンミンが?」

 

「奥さんの弟だ。

兄弟じゃないんだ。

私生活を全部、知っているわけじゃないだろう?

チャンミン君がそうだ、って言ってるわけじゃない。

単なる一般論だ」

 

エレベーター扉が閉まるまで、X氏を見送った。

 

「ふう...」

 

帰り際のX氏の言葉が気になった。

 

この2人に個人的な付き合いがあるはずないが...。

 

意味ありげなX氏の目線と、異常なまでに嫌悪感を見せるチャンミン。

 

X氏は色事に奔放な人物だが、好みの子に見境なく近づくような馬鹿じゃない。

 

俺の知らない何かを、X氏は知っているのだろうか。

 

 

(つづく)

 

義弟(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」