義弟(35)

 

 

~ユノ35歳~

 

 

ホスト役として、客のグラスが空になれば満たし、ふんだんに用意した(Bが注文したケータリングもの)料理を勧めて回った。

 

今夜の集まりの目的は、大量に貰った魚介類を振舞うためだったはず。

 

俺たち夫婦とチャンミンと3人で、食卓を囲むはずだった。

 

それが 十数人を招待したホームパーティじみたものになってしまって、気持ちがついていけない。

 

チャンミンと2年に及ぶ深い関係がなかったとしても、Bとの夫婦関係に疑問を持ち始めていた俺だった。

 

3年前、作品モデルを探していたところ、Bの姉から紹介されて彼女と知り合った。

 

ほぼ毎日、アトリエで対峙していれば、恋が生まれたのも自然な流れだった。

 

当時の熱く、甘い想い...遠い過去。

 

結婚とは、こういうものなんだろうな。

 

隣にいるのが当たり前になる。

 

Bと2人、平穏な日々を過ごすだったのに、3年前には想像もつかなかったこの展開。

 

皆思い思いに楽しんでいるのを見渡し、安心した俺はその場をそっと離れた。

 

軽い頭痛が始まったのと、気乗りがしなかったのだ。

 

視界の隅で、ソファの背にもたれていたチャンミンが、腰を上げていた。

 

それに気づかぬふりをして、俺は腰をかがめて足にまとわりつく豆柴(最近、飼い始めた)の頭を撫ぜた。

 

寝室に併設した洗面所で、ざぶざぶと顔を洗った。

 

鏡に映る水を滴らせた己の顔を、子細に眺めた。

 

青ざめた30過ぎの男の顔が映っていた。

 

俺は何をしたいんだ?

 

Bとの結婚は失敗だったのか?

 

原因は明らかだ、俺の『浮気』のせい。

 

Bに罪はない。

 

Bへの愛が冷めたわけじゃないのだ。

 

欠点を挙げろと問われても、今日のように相談なく物事を進める自分勝手さと、若干、贅沢好きな点くらいかな。

 

押し寄せてきたチャンミンという大波に、Bの存在がさらわれ、洗われた。

 

Bの間で波風たつことは無かっただけに、俺の中でチャンミンが圧倒的な存在感を放っている。

 

洗面ボールの縁についた左手。

 

結婚する際、俺たちが決めたこと...結婚指輪はしない。

 

自由な夫婦でいよう、だなんて気取って交わした決まり事があだとなった。

 

チャンミンを抱く左手でそれが光っていれば、ストッパーとなってくれただろうに。

 

寝室のヘッドボード上に、50号の絵画が掲げられている。

 

チャンミンを描く数週間前に仕上げたBの絵だ。

 

あの頃は、まさかチャンミンと不倫関係になるとは、露ほどに想像していなかった。

 

この作品以来、Bを描いていないし、アトリエを訪れたがるBをあれこれと理由をつけて制していた。

 

チャンミンをモデルに描いた作品も仕上がり、チャンミンを描くこともなくなった現在。

 

気まぐれに訪れるチャンミンと抱きあっている場面を、Bに目撃されるのだけは避けなければならない。

 

...Bは気づいているだろうか。

 

気まぐれに開くパーティ、気まぐれに連れて帰ってきた小型犬、腰まであった髪を先日、ばっさりと切った。

 

最近では、引っ越しをしたいと言い出した。

 

彼女は不安なのだ。

 

開け放ったドアをノックをする音、振り返らなくても誰だか分かる。

 

「...義兄さん」

 

チャンミンだ。

 

「...義兄さん?」

 

「皆がおかしいと思う。

さっさとリビングへ戻るんだ」

 

「僕らは男同士ですよ。

誰も疑いませんよ」

 

「Xが来ているんだぞ?」

 

「それのどこが問題なんですか?

Xさんとはもう...何もありませんよ」

 

チャンミンとX氏の件で、俺がどれだけ振り回され、苦い思いをしたか。

 

そう言うチャンミンは、じとりと湿った目で、口元だけふっとほころばせた。

 

俺をからみとるような、執着心を込めた湿った眼だ。

 

「義兄さん...お願いします」

 

チャンミンのお願いが何なのか分かっている俺は、腰に回されたチャンミンの手から逃れる。

 

「僕を抱いてください。

ブレスレットのこと...困らせてすみません。

もうあんなこと、しませんから」

 

「...怒っていないよ」

 

俺の頬はチャンミンの両手で挟まれ、斜めに傾けた顔が近づき、彼の唇で塞がれた。

 

ビールとつまみで出されたチーズの香りがする。

 

「やめろっ...」

 

俺に突き飛ばされても、チャンミンの腕は俺を逃さない。

 

18歳のチャンミン...俺の身長をあっさり抜き、華奢だった身体も男らしく逞しさを増している。

 

力強く腰を引きつけられ、チャンミンの手が俺のボトムスの中に滑り込み、その中身を上下に撫ぜだした。

 

「っ...ふっ...ん...ん...」

 

「よ...よせっ...!」

 

口では「よせ」と言っているのに、慣れしたんだ愛撫に身体は反応し、欲の火が灯る。

 

チャンミンの指がボタンを外し、ファスナーを引き下ろす。

 

俺たちのキスは熱を帯びたものになり、互いのボトムスを下にずらす。

 

「...ゴムは?」

 

チャンミンは後ずさりしてゆき、ベッドに到達するやいなや、俺ごと横倒しになった。

 

「...ない、けど、このままで...いいっ...」

 

シーツを汚してしまう。

 

「僕のは...こうすれば」

 

チャンミンは自身のものを、トレーナーの裾で包み込んだ。

 

「義兄さんは...僕の...中で...っ」

 

チャンミンに腕を力いっぱい引っ張られ、彼の上に覆いかぶさる姿勢になった。

 

俺の昂ぶりはもう、引き返せない。

 

チャンミンのボトムスを太腿まで下ろし、その箇所にあてがいゆっくりと腰を埋める。

 

「...んん...」

 

強烈な快感に、思わず唸り声が出てしまい、焦って喉奥に飲み込んだ。

 

楽々と受け入れられるのは、ここへ来る前も繋がっていたからだ。

 

「...っあ...あぁぁ」

 

「声は駄目だ」

 

俺の言葉に、チャンミンはトレーナーの袖口で口を覆った。

 

マットレスをきしませないよう、奥深くまで埋めたまま揺さぶった。

 

早く皆の元に戻らないと。

 

様子を窺いにBがドアを開けるかもしれない。

 

手首を噛んで喘ぎ声を閉じ込めるチャンミン。

 

夫婦の寝室で、チャンミンと抱きあうのはこれで2度目だった。

 

Bを描いた...絵の中でBが微笑んでいた。

 

俺は今...何をやっているんだ?

 

妻の弟と、人目を忍んで、ケモノのようなことをしている。

 

Bも俺の知らないところで、不倫でもなんでもしていてくれたらいいのに。

 

自身の罪悪を帳消しにするために、妻が浮気のひとつでもしてくれることを望むなんて。

 

チャンミンを選んだ先、彼との未来がさっぱり想像つかなかった。

 

不倫なのだから、当然だ。

 

罪悪感とスリルに満ちた関係に疲れてきていた。

 

どちらか一方を手放せば、俺は楽になれるのだろうか?

 

じゃあ、どちらを手放す?

 

宣言できる。

 

俺はチャンミンを愛している。

 

正直に認める。

 

Bよりも愛している。

 

俺がしなくてはならないことは明白だ。

 

それじゃあ、なぜそうしない?

 

俺がこれまで、Bと別れられなかった理由。

 

すべて、チャンミンが放った言葉のせいだ。

 

チャンミンとの繋がりが始まって1年が経った頃のことだ。

 

思い出していた。

 

 

(つづく)