義弟(39)

 

 

~チャンミン17歳~

 

 

週末を利用して義兄さんのいるD県へ向かうことを、両親からあっさりと許可された。

 

無口で不愛想であっても、学校の成績がよく、身なりも地味で無断外泊もしない息子は信頼されているからだ。

 

「ユンホさんとそこまで仲がよかったなんて...」と、母さんは笑っていた。

 

『仲がよい』の言葉に、全身がカッと熱くなってしまって、母さんに「あらチャンミン、顔が赤いわよ」とからかわれた。

 

「...うるさいなぁ」

 

赤面した顔を見られたくなくて、その場を離れようとする僕に、母さんはこう言って笑った。

 

「お兄さんができたみたいでよかったわね」

 

「......」

 

ドキリとした。

 

母さん、知らないでしょ?

 

僕は『お兄さん』と寝てるんだよ。

 

僕にガールフレンドが出来ないのも、そのせいだよ。

 

1年間、毎週、1日に2度3度も、『お兄さん』とセックスをしているんだよ。

 

このことを知ったら、母さんはどう思う?

 

「向こうでBに会ったら、たまには実家に顔を出しなさい、って伝えてね」

 

「...うん」

 

無精そうに返事をした僕は、母さんが夕飯の支度をする台所を後にした。

 

特急列車に揺られながら、窓枠に肘をついてすごいスピードで過ぎ去る景色をみることもなく眺めていた。

 

考え事で頭がいっぱいだったから、膝にのせた参考書はページがめくられることなく開きっぱなしだ。

 

クラスの同級生たちは、授業に試験に部活にと忙しい学校生活と同時進行で、恋愛に浮かれている。

 

これまでそんな彼らを馬鹿にしていたけど、僕もそれ以上だ。

 

義兄さんとの恋に夢中になっていた。

 

今日という日をずっと心待ちにしていて、ついつい顔が緩んでしまう。

 

何を着ていけば格好悪くないか、鏡の前で脱いだり着たりした。

 

ベッドの上に散らかった洋服が黒やグレーばかりで、そもそも迷うほど洋服を持っていないし、何を買い足したらいいのかも分からない。

 

僕の目は常に義兄さんを追っていて、自分の身なりのことなんて全然、興味がなかったんだ。

 

結局、いつもと同じような地味な装いになってしまったけど、大丈夫、義兄さんは気にしない。

 

到着したのは夕暮れ時だった。

 

ホームを早歩きで、階段は2段飛ばしで、改札を抜けた時には小走りになっていた。

 

ロータリーに停車された黒のSUV車に、僕の大好きな人が待っている。

 

自然と笑みがこぼれた。

 

「義兄さん!」

 

義兄さんは会場を抜け出して、僕を迎えに来てくれたのだ。

 

僕がしたマフラーに気付いて、義兄さんの眉が「おや」という風に持ち上がった。

 

これの出番が訪れたのは、今日が初めてだったのだ。

 

 

 

 

昨年、僕の誕生日に義兄さんが贈ってくれたマフラー。

 

実際は、誕生日から一か月以上過ぎてから手渡されたもの。

 

これを贈られた日、僕と義兄さんは初めて繋がった。

 

甘い余韻に浸りながら帰宅して、自室に鍵をかけて受け取った包みと対峙した。

 

サテンのリボンをほどく指が震えてしまった。

 

包装紙を破らないよう慎重に外し、箔押の箱蓋を開けた。

 

それは、ネイビーブルーとブランデー色のチェック柄マフラーだった。

 

そっと手に取ると、見た目よりもずっと軽く、しっとりと柔らかいそれを抱きしめた。

 

首に巻いて鏡の前に立ってみた。

 

自分で言うのも変だけど、似合ってると思った。

 

自分の黄味寄りの肌に、ブランデー色がしっくりときていた。

 

モデルを務めながら、色の名前や配色、色が与える印象など、義兄さんがぽつりぽつりと語るのに耳を傾けるのが楽しかったから、自然と知識が豊かになっていたのだ。

 

冬はとうに過ぎていたから、これの出番は次の冬だ。

 

ところが、タグに刺繍されたブランド名をネット検索にかけてみて、僕は驚いた。

 

桁がひとつ多い価格を知って、とんでもなく高価なものを贈られたことを知ったのだ。

 

「義兄さん...これを日常使いしろって言うのには、無理があるよ...」

 

義兄さんはきっと、時間をかけて僕に似合うものを探してくれたんだと思う。

 

女の人へのプレゼント選びよりも、難しかったんじゃないかな。

 

高校生男子へ何をあげたらいいか、悩んだんじゃないかな。

 

義兄さんのことだから、値段なんて全く気にしていなかったんだと思う。

 

だから、ハイブランドのこれが、庶民的高校生が無造作に身につけてたら変だ、ってことまでは頭が回っていなかったのでは、と推測している。

 

アーティストらしい鋭敏なところもあれば、抜けているところもある義兄さんらしいチョイスだ。

 

 

 

 

助手席に文字通り飛び乗った僕は、気が逸り過ぎてシートベルトすらスムーズに締められない。

 

「チャンミン、手を放して」と、義兄さんは僕の方に身を乗り出した。

 

突っ張ったベルトを一度緩めて引き直し、バックルに金具をカチリとはめるまでの一連の動作...義兄さんの指の動きから目が離せなかった。

 

僕よりも一回り大きい手、無骨に見えて実は繊細な指使いなんだ。

 

シートベルトの装着を終えた義兄さんの片手を捕まえて、そこに指を絡めた。

 

僕は明らかに口数が増えて、はしゃいでいた。

 

手を握っているだけじゃ物足りなくて、義兄さんの太ももの上に身を伏せた。

 

「チャンミン!」

 

義兄さんの慌てた声に、僕はクスリと笑った。

 

「義兄さんにくっついていたいだけです」

 

今日の義兄さんは、グレーのデニムパンツを履いていて、頬ずりして生地の感触と彼の匂いを楽しんだ。

 

「悪さはするなよ」

 

僕の後頭部に、義兄さんの大きくて温かい手の平が降ってきて、くしゃりと撫ぜた。

 

「今日のチャンミンは、子供みたいだ」

 

本当は今すぐ義兄さんの素肌に触れ、彼の敏感なところに唇をつけたかった。

 

でも、我慢する。

 

義兄さんを困らせてしまうし、その気にさせてもここは外。

 

ホテルに着くまで我慢していないと。

 

義兄さんの指...力強いのに繊細で、僕の身体に厭らしいことをする...が、僕の髪を梳く。

 

頭皮にぞくりとした痺れが走って、気持ちいい。

 

ホテルに横づけした車から、なかなか降りようとしない僕に、義兄さんは苦笑した。

 

僕がしたがっていることはお見通しなんだ。

 

義兄さんも同じことを考えていることくらい、僕の方だってお見通しだ。

 

細めたまぶたの奥で煌めく瞳...その美しさに息をのむ。

 

やっぱり義兄さんは、美しい。

 

チェックインを済ませ、僕の為に用意された部屋に向かうまでの間、無言だった。

 

内に秘めた期待と緊張が、今にも溢れそうなんだ。

 

エレベーターに入るなり、義兄さんの腕にしがみついた。

 

ざっくりとした網地の二の腕に、すりすりと頬をこすりつけた。

 

大人の男の人に男子学生がしがみついている姿を、防犯カメラがとらえているはずだ。

 

人目を意識すると、急に恥ずかしくなってきて、ぽっと顔が熱くなったのが分かる。

 

「チャンミン...。

耳が真っ赤だよ?

子供みたいだな」

 

くくっと吹き出す義兄さんに、僕は「そうですよ、僕は子供です」と拗ねたように答えた。

 

部屋まで僕が先だって、小さな子供みたいに義兄さんの手を引っ張った。

 

「30分だけだぞ?」

 

ドアが完全に閉まる前に、僕は義兄さんの首にかじりついていた。

 

唇を割って侵入した義兄さんの舌に、僕は応える。

 

バッグを足元に落とし、義兄さんと唇を合わせたままコートを脱ぎ捨てた。

 

粘膜がたてる音と、2人の荒い呼吸音。

 

固く膨らんだ箇所を探り当て、ボトムスの上から形を辿るように撫ぜ上げた。

 

低く呻いた義兄さんの腰が、ぶるっと震えた。

 

義兄さんのそこが、エレベーターに乗り込む前から、こうなっていたことを僕は知っています。

 

「あっ...」

 

僕のトレーナーの下に、義兄さんの手が滑り込んできた。

 

僕の腰は義兄さんの逞しい腕にさらわれて、気付けばベッドに横たわっていた。

 

唇を離した隙に各々のベルトを外し、また唇を重ねる。

 

次に離した時に、僕はボトムスを腿下まで下ろし、義兄さんは前を緩めた。

 

ねちゃりと粘膜と粘液のたてる湿った音。

 

義兄さんとこれをするのは、2週間ぶりだ。

 

30分じゃとても足りない。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」