義弟(4)

 

 

~ユノ32歳~

 

 

ベッドに入って2時間も経つのに、一向に眠気が訪れない俺は、暗闇で見えない天井を睨んでいた。

 

「ううん...」と左脇から寝言交じりの、妻Bの吐息が。

 

寝返りをうったBは、俺の二の腕に腕をからめてきた。

 

俺はBの腕をとって、布団の中に入れてやる。

 

Bの可愛らしい仕草に、「Bが妻だなんて、幸せ」だと幸福感に満たされるはずが、今夜の俺はそうじゃなかった。

 

Bの寝顔を見たくなって、枕元灯を点けると彼女は眩しそうに顔をしかめたが、目覚めることなく寝入ったままで、ホッとする。

 

俺は子細にBの寝顔を観察する。

 

姉弟だけあって、通った鼻筋や高い額など、共通するものがある。

 

確かにBは美人の部類に入るが、チャンミンには大敗だ。

 

目が冴えて眠れない理由は、昼間の出来事があったからだ。

 

今日初めてチャンミンをデッサンした。

 

アトリエに現れた時から、デッサン中、俺の質問に渋々といった風に答える声、そして、バッグパックを右肩に背負って帰って行った後ろ姿などを、繰り返しプレイバッグしていたのだった。

 

その中でもハイライトは、チャンミンのとった驚くべき行動...普通じゃない行動...あの光景が目に焼き付いている。

 

 


 

 

「モデルになってくれないか?」と依頼した俺に、チャンミンの答えは「いくらです?」だった。

 

「いくら欲しい?」と質問で返した時の、チャンミンの面食らった顔が可笑しかった。

 

「ヌードですか?」と切り返してきたから、「大歓迎だ」ととびきりの笑顔を見せてやった。

 

素直に頷くのが悔しくて、俺を動揺させようとしての言葉だったんだろう。

 

しばらく考え込んだのち、チャンミンは「お金はいりません」とぽつりとつぶやいた。

 

小さな抵抗を見せてみたり、結局は素直に従うことになるあたりに、子供らしさを感じる。

 

 

 

 

約束の日、自分で思っている以上に、チャンミンの訪問を楽しみにしていたらしい。

 

約束の時間15分前にチャイムが鳴り、そわそわとアトリエ内を行ったり来たりしていた俺は、インターフォンに応答もせずドアを開けた。

 

戸口に立っていたチャンミンは、突然開いたドアにびっくりして目を真ん丸にしていた。

 

瞳の下にひと筋白目がのぞかせた睨み目が、上瞼を見開くと実は大きな丸い目をしていることを知った。

 

そうか、チャンミンの顔はどちらかというと可愛い部類に入るのかもしれない。

 

そこが、女性的に見えてしまう理由のひとつなんだと発見。

 

黒のスリムパンツに黒いトレーナーといった私服姿が珍しくて、まじまじと観察していたら、それを不快に思ったのかチャンミンは睨み目に戻ってしまった。

 

ドアを押さえてチャンミンを先に通すと、俺は前もって淹れておいたコーヒーをカップに注いで、事務所に運んだ。

 

ここは俺の事務所兼アトリエで、自宅とは別に借りているテナントビルの一室だ。

 

キッチンとシャワールームもあるため、納期が迫っている時はここに泊まりこむ日もある。

 

ベッド代わりにもなる大型のソファの端っこに、チャンミンはちょこんと腰掛けていた。

 

それまできょろきょろと室内を見回していたのを、俺が戻ってきたのに気づいて慌てて姿勢を正していた。

 

約束の時間前に到着していたチャンミン。

 

凄んで見せてもチャンミンは未だ子供で、親に対してぶっきらぼうであっても、真面目な性格は隠せないのだ。

 

チャンミンの揃えた両膝を見ながら俺はそう思った。

 

「せっかくの休日をつぶしてしまって悪かった。

直ぐに取り掛かろうか」

 

チャンミンは軽く頷いた。

 

「こっちがアトリエ」

 

事務所の隣がアトリエとして使っている部屋で、絵の具がこぼれても構わないように、全面にべニア板を敷き詰めている。

 

「完成品は壁に立てかけてあるよ。

もしよかったら、見てみるかい?」

 

尋ねたら、小さく首を横に振ったから、興味はないらしい。

 

俺はそのことに全くがっかりしなかったのは、そのうち興味が湧いてこっそり見るだろうと分かっていたから。

 

敢えて俺は、1枚を除いて全ての作品を裏向きにしておいた。

 

チャンミンの好奇心を煽るために、だ。

 

その1枚は、チャンミンの姉...俺の妻...のヌードを描いた100号サイズのものだ。

 

自分の姉のヌードを目の前に、チャンミンはどう反応するか。

 

アトリエに入ってすぐ視界に飛び込んでくるよう、真正面に立てかけておいた。

 

案の定、チャンミンは立ち止まり、彼の真後ろにつけていた俺と身体がぶつかった。

 

身長は俺の鼻辺りに頭のてっぺんがくる位、関節ばかり目立つ身体つきがいかにも背が伸びそうだ。

 

1年も経たずに俺の背を超えるかもしれない。

 

チャンミンの髪から安っぽいフローラルの香りがして、恐らく家族と同じシャンプーを使っているのだろうと想像してしまい、こういう点からも子供っぽさを感じてしまった。

 

「そこのソファに座ってくれるかな?」

 

アトリエの壁に沿うように置いたソファ...白いシーツをかぶせてある...を指す。

 

「......」

 

ちらちらとBのヌード画に視線を送りながら、チャンミンはバックパックをソファの足元に置いた。

 

アート作品であっても、15歳の思春期の少年には女の裸は刺激が強いだろう。

 

しかも、姉の裸だ。

 

愉快な気持ちになって、俺はスケッチブックを手に丸座のスツールに浅く腰掛けた。

 

ところがその直後。

 

チャンミンはトレーナーの裾を持ち、両腕をクロスさせた。

 

「チャ...」

 

裸の下腹から胸、肩へと順に露わになる。

 

素肌に1枚きりのトレーナーを脱いでしまうと、それをソファに投げ、続いてパンツのボタンを外しだした。

 

俺はチャンミンの元へ駆け寄る。

 

勢いよく立ち上がったせいで、俺の後ろでスツールがバタンと倒れた。

 

「裸になれとは言っていないよ」

 

チャンミンの手首をつかんで制した。

 

見た目通りの細い手首だった。

 

衣服を脱いだことで、チャンミンの体臭がふわりと香る。

 

子供とは言え10代半ば、脂っぽい若者の臭いだった。

 

「え...?

ヌードを描きたいんでしょう、義兄さん?」

 

それまで一文字に引き結ばれていた唇の両端が、持ち上がった。

 

チャンミンの笑顔を初めて見た瞬間だった。

 

それから、俺のことを「義兄さん」と初めて呼んだ。

 

三白眼はそのままにニヒルな笑いを浮かべたチャンミンに、俺の背筋がぞくりとした。

 

俺の手が緩んだ隙に、手首を引き抜きチャンミンは残りの衣服を脱いでしまった。

 

「義兄さん。

準備が出来ました」

 

「えっ...と...」

 

恥じらう様子が一切ない、堂々とした立ち姿。

 

裸になるには肌寒い気候、チャンミンの肌に鳥肌がたっていて、胸の先端が縮こまって小さくなっている。

 

子供のものなのに、色気を感じた。

 

慌てた俺は、視線を下に反らしかけたが、その先に黒々としたものがあり、恥ずかしくなってチャンミンの顔に視線を戻した。

 

この子は15歳だけど身体は大人に近いんだ、と安心していた。

 

何に安心しているんだ?

 

その時は分からなかった。

 

この子を侮っていたらいけない。

 

この子に操られてはいけない。

 

この行動は、単なる「天然ちゃん」のものじゃない。

 

なぜって、突き刺すように俺を見るチャンミンの目は、半分面白そうに、もう半分は真剣そのものだったから。

 

睨み目じゃなくなっていた。

 

これまでの年長者の余裕が、あっという間に剥がされてしまった。

 

気を引き締めてかからないと。

 

突っ立ったままの俺をよそに、チャンミンはソファに横たわった。

 

「早くしてください」

 

そう言ったチャンミンの微笑が、妖しかった。

 

 

義弟(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

彼女とのHeaven's Day