義弟(6)

 

~ユノ32歳~

 

チャンミンは辛抱強かった。

 

じっとしていられるのも15分が限界なのに、身じろぎひとつしない。

 

死体を描いているかのような錯覚に陥ってしまったくらいだ。

 

痩せた胸が上下しているのを確認してやっと、生身の人間だと思い出すくらいに。

 

この子を描こう。

 

これから1年、心血を注ぐ作品の中で、美しいこの少年を閉じ込めよう。

 

その決心を固めた。

 

「次は身体を起こして」「正面を向いて」俺の指示に素直に従う。

 

休憩中、モデルたちと世間話をするのが常だったが、チャンミン相手には早い段階に諦めた。

 

「得意な科目は何?」と当たり障りのない質問をすると、「義兄さんは何だったんです?」と質問で返される。

 

ま、いいか。

 

チャンミンと会話をするために、彼をここに呼んだのではない。

 

美しい姿を描けるだけで、俺は幸せなのだ。

 

デッサンに意識を戻し、その後は時間を忘れた。

 

一度だけ、チャンミンの方から尋ねられた。

 

「あの絵はいつ描いたのですか?」と。

 

チャンミンの指はBのヌード画を指していた。

 

「仕上がったのはついこの前。

半年はかかったよ」

 

ちょうど今、チャンミンが横たわっているソファに、同じようにBを横たわらせて描いたのだった。

 

チャンミンがこちらを見ていた。

 

...陰湿な眼だった。

 

初めて言葉を交わした時に感じた通り、チャンミンは俺のことが嫌いなのだ。

 

Bの口から弟のチャンミンの話が出たことは、そういえばほとんどなかった。

 

仲が悪いのではなく、互いに無関心なだけなんだと思っていた。

 

ところが実は、チャンミンは、歳離れた姉に密やかな憧れ交じりの恋心を抱いていたとか?

 

その姉を奪った俺が憎くてたまらないのだ、きっと。

 

今日のところはチャンミンのその目を、真正面から受け止める覚悟が足りない。

 

「ここまでにしよう」

 

スケッチブックを閉じて俺は、ソファの肘掛けに腰掛けていたチャンミンに向かって、微笑んだ。

 

「よく頑張った。

ありがとう」

 

着がえるチャンミンを残して、飲み物を用意するために事務所のキッチンへ向かう。

 

マナーモードにしておいたスマホを確認すると、Bから不在着信があった。

 

こちらに背を向けて下着に脚を通すチャンミンを眺めながら、Bへ折り返しの電話をかける。

 

チャンミンは、俺とBとの会話に聞き耳を立てている...多分。

 

チャンミンは俺のことを嫌っているが、俺に対して興味津々なのだ。

 

無関心を装い通せないのだ。

 

そう言う俺こそ、どうなんだ?

 

描く者の視線ではなく、俺自身の目でチャンミンを見てみた。

 

かがんだ際に背中に浮かんだ背骨の凹凸。

 

骨っぽい肩、手足ばかり長い、成長過程のアンバランスな身体。

 

細い腰と小さな尻に、色気を感じた。

 

正直に認めてしまおう。

 

チャンミンを描きたい動機は、彼が類まれな美貌の持ち主だったから。

 

今はもう、それだけじゃ済まなくなってしまった。

 

 


 

~ユノ35歳~

 

「帰宅した」と電話を入れて10分後に、インターフォンが鳴った。

 

俺が帰宅するのを近くで待っていたのでは?と疑いたくなるくらいのタイミングに、ぞっとする俺がいた。

 

アトリエの鍵を受け取りに寄ると言ったのに、俺とBの家を訪れ、俺に直接手渡したいチャンミン。

 

近頃のチャンミンは、Bの存在に対抗意識を燃やしていて、その挑戦的な言動にヒヤヒヤしていた。

 

Bは入浴中だった。

 

ドアを開けると、紺色のマフラーに顎を埋めたチャンミンが鼻を赤くさせて立っていた。

 

そのマフラーは、過去にチャンミンに贈ったものだった。

 

「外に出られますか?」

 

「帰ってきたばかりなんだ」

 

「15分...いいえ、5分でいいですから」

 

「Bもいるし...今からは無理だよ」

 

「義兄さん、お願いです」

 

子供がおねだりするかのように、チャンミンは両眉を下げ俺の手を引いた。

 

「お願いです」

 

チャンミンが何をしたいのかは、明らかだった。

 

「チャンミン...」

 

俺の手首を握るチャンミンの手をやんわりと引きはがし、代わりにその手を握ってやった。

 

「......」

 

チャンミンの無言作戦に操られないよう、俺は耐える。

 

「チャンミン...帰るんだ」

 

「......」

 

「帰れ。

...明日、会えるよう調整するから」

 

「イヤです」

 

チャンミンの指が俺のスウェットパンツのウエストにかかった。

 

目の前にいたチャンミンがふっと消えたかと思うと、下着から引っ張り出したそれを、チャンミンは頬張った。

 

「...んっ...」

 

チャンミンの両手は俺の腰をがしっと捉え、しゃぶりながら俺を見上げている。

 

かつて俺を睨んでいたその目が、熱っぽく揺らめくものに変わっていた。

 

いつBが風呂を出てくるか分からない。

 

ここは手早く達した方がいいと、チャンミンの頭をつかんで前後に揺らした。

 

1分後。

 

「鍵をお返しします」

 

チャンミンは口内のものをごくりと飲み込むと、「それじゃあ、また」と言って帰っていった。

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」