(最終話)僕の失恋日記

 

 

ー15年前の7月某日ー

 

暑い。

明日から夏休み。

バイト、休み。

 

14:00集合。

スーパーで食糧調達。

映画DVDをレンタル。

ユノから「ビッグニュースがある」と聞かされている。なんだろう?

 

 

H回数:42回

週に1,2度会えるのがやっとなため、会うたびヤッてしまう。

お互い夏休みに入ったことだし、回数は増えそうだ。

僕とユノは相性抜群。

ユノ曰く、

「俺はオープンでサバサバしたエロ、チャンミンはねっとり屈折したエロだ」なんだとか。

なんだよそれ?

 

 

一緒にシャワーを浴び、暑過ぎて下着のまま過ごす。

大量に茹でたソーメンを食べる。

 

僕「ビッグニュースって何?」

 

ユノのいたずらっ子なワクワク顔。

 

ユノ「はい、どうぞ」

 

ユノに手渡された物に、僕はとても驚いた。

 

僕「...これ?」

 

指が震えてしまった。

 

僕「なんで...なんで!?」

 

ユノ「当選したんだ。

CCの握手券」

 

僕「嘘!?

嘘!?」

 

ユノ「新曲が出るって言ってただろ?

俺も気になったから買ってみたんだよ。

そしたら、まさかの当選。

喜んでもらえて嬉しいよ」

 

 

ユノ「チャンミン。

CCのこと、どう思ってる?」

 

僕「すごいムカついてる。

好きなのに嫌い。

嫌いなのに好き。

酷い男だ」

 

お腹の底から、ムカムカ感が湧いてきた。

 

ユノ「でも、握手会に行けるとなると、嬉しいんだよね?」

僕「うん...」

 

ユノ「想像してみて。

チャンミンは今、握手会会場にいる。

そして、目の前にCCがいる。

10秒だけトークできるんだってね。

さあ、チャンミン。

何を話す?」

 

僕は目をつむり、その情景を想像してみた。

CCが目の前にいる。

少しだけ言葉をかわすことができる。

 

僕「『会えて嬉しいです。

ずっと応援してきました。

CCさんの歌を聴いて、元気づけられてきました。

ありがとうございます。

これからも頑張ってください』

...かなぁ?」

 

ユノ「『好きだけど嫌い、嫌いだけど好き』そのまんまだね。

憎らしいと思うけど、チャンミンの本音は、ありがとうでいっぱいなんだね。

キラッキラの毎日を送れていたんだから」

 

ユノが言う通り、ドキドキワクワク、CCを追いかける日々は楽しかった。

 

ユノ「俺からのお願い。

バシッとCCと別れてきてよ」

 

僕「ぷっ...別れるって」

 

ユノ「いくらアイドルでもなぁ...面白くないよ。

CCはアイドルだけど、チャンミンの場合はガチだったからなぁ。

あの落ち込みようといったら...すげぇ好きだったんだなぁって」

 

僕「ヤキモチ妬かなくても、僕が好きなのはユノだけだよ。

握手券が嬉しかったのは...多分。

『...ああ、これでケジメがつけられる。

気持ちよくチャラにできる』と思ったからなんだ。

ホントだよ。

お礼を言ってくるよ。

『あなたのファンを卒業しました』なんて、余計なことは言わないよ」

 

ユノ「はははっ、優しいなぁ、チャンミンは。

もう1回、想像してみて。

CCがチャンミンと握手しながらこう言うんだ。

『今まで応援してくれてありがとう。

あのニュースで、驚かせ、悲しい思いをさせてしまって申し訳なかった』

...どうする?」

 

僕「そんなこと言われたら、泣いてしまうよ。

立場的に、絶対に言わない台詞だろうけどね」

 

ユノ「CCに優しい言葉をかけてもらえたら最高なのにね」

 

僕「そうだね。

今のCCにとって大事なのは、離れてしまったファン、離れかけているファンよりも、変わらず応援してくれるファン、これから好きになってくれるファンなんだ。

僕にはもう、CCは必要ないよ」

 

ユノ「な~んて言って、やっぱり会いたいんだ?」

 

僕「ミーハー根性だよ」

 

 

握手券は無駄になってしまった。

2日前にインフルエンザになってしまったのだ。

でも、大丈夫。

 

CCとお別れの握手なんてしなくても、既に彼は過去の男。

 

さよならCC。

 

僕のリアルはユノだけだ。

 

 

(※バイトに学校と忙しく過ごしてはいたけれど、なんだかんだ言って暇だったのだ。

 

自分の感情にどっぷり浸かれた時期だったのだ。

 

勢いがあるくせに、回り道ばかりしてて、最短距離をとれない不器用さ。

 

アイドル相手に僕は本気の恋をしていた。

 

ユノとの恋を始めるのに躊躇してしまうくらい、真剣に恋をしていた。

 

以上が、若かりし僕の失恋物語だ)

 

 

CC事件からちょうど2年後、僕が書いた小説が新人特別賞を貰った。

 

『大人気アイドル(♂)が男子大学生に一目惚れ。

アイドル(♂)は有名人パワーを使ってその男子大学生を、アシスタント・マネージャーにする。

紆余曲折の末、アイドル(♂)と男子大学生は結婚する』

 

このベタな内容がウケてしまった。

 

アイドル(♂)のモデルはユノなんだ。

 

初めて読んでもらった時、ユノは照れて照れて照れまくって、床を転げまわっていて、とても可愛かった。

 

男子大学生のモデルは、もちろん僕だよ。

 

 


 

 

 

ー15年後の10月ー

 

 

今朝のことだ。

 

来るハロウィーンパーティの仮装に使えそうな物はないか、自宅のクローゼットを引っかき回していた。

 

目当ての収納ケースは、ユノの私物が詰まった段ボールの下にあった。

 

段ボールを持ち上げた途端底が抜け、中身が派手な音を立てて落下した。

 

「ユノの馬鹿!

雑なんだから!」

 

僕は息を飲んだ。

 

それらはCDで、全部同じモノだった。

 

数えたら27枚あった。

 

最初は自分が買ったものだと思った。

 

若い頃、熱心に応援していたアイドル...CCのものだったから。

 

何年ぶりだろうか、CCの顔を見て懐かしい気持ちでいっぱいになった。

 

そこで、実家の秘密の隠し場所から、このノートを探したのだ。

 

 

日記の最後の1ページを読んだ時、あのCDの持ち主が誰か分かった。

 

ユノ。

 

ユノったら。

 

CCの握手会に行かせてやろうと、CDを27枚も買ったんだね。

 

たまたま当選した、なんて顔していたくせに。

 

涙が溢れてきて、困ってしまった。

 

 

いつの間にか、店内の客は僕一人になっていた。

 

会計を済ませ、店を出る。

 

小脇に挟んでいたノートを、トートバッグに入れようとした。

 

ひらりと地面に落ちた一枚の紙切れ。

 

北風に吹かれてひらりひらりと逃げる紙切れを、僕は必死で追う。

 

無事キャッチしたそれを、大切にノートに挟んだ。

 

握手券。

 

行けずじまいになってしまった握手券。

 

アーケード街の巨大時計が示す時刻に、僕は走りだした。

 

猛烈にユノに会いたくてたまらない。

 

美味しいものを食べながら、思い出話をしよう。

 

15年前の若くて勢いのあった僕らの話を。

 

改札口の向こうから現れた僕の旦那さん。

 

スーツ姿が滅茶苦茶カッコいい。

 

「お~い!」と手を振ったら、顔をくしゃくしゃにさせて、こちらに駆け寄ってきた。

 

大きな袋を下げている。

 

カボチャだ。

 

ジャック・オ・ランタンを作るつもりで買ってきてくれたんだろうけど、普通のカボチャだった。

 

ちょうど良かった、もうすぐハロウィーンだから。

 

「今夜、何食べようか?」

 

「今夜はチャンミンが選んでいいぞ」

 

「そうだなぁ...何がいいかなぁ...」

 

僕らは手を繋ぐ。

 

15年前も今も、これからも。

 

 

 

(おしまい)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」