(2)僕の失恋日記

 

 

アイドルごときに真剣に恋をしていた僕。

 

馬鹿だなぁ、ってつぶやいているけれど、小馬鹿にはしていない。

 

馬鹿にできるものか。

 

僕は彼のファンの一人に過ぎず、向こうは僕の存在自体を認識していない。

 

そうであったとしても、19歳の僕は真剣だった。

 

結婚報道を知ってから2カ月が過ぎた頃、僕の心境に変化が現れた。

 

CCに対して苛立ちと怒りをおぼえたり、突如、虚しさをを抱え始めたようなのだ。

 

(この日記を読むまで、当時の心境をすっかり忘れていた)

 

 


 

ー15年前の12月某日ー

 

初雪。

例年の10日遅れなのだそうだ。

クローゼットの中からセーターを引っ張り出した。

今年もあと3週間。

ふ~んって感じ。

何の感慨もない。

僕の心は死んだまま。

 

(※浸ってるなぁ)

 

 

シャワーを浴びていた時、突き出た下腹に気が付いた。

食欲が戻った以降、暴飲暴食な食生活が続いていた。

鏡に顔を映すと、むくんで不細工な顔がそこにある。

僕を不細工にした正体を、僕は知っている。

それは、執着だと思う。

僕は推しから離れられずにいる。

僕の推しは今も推しのまま。

ふとした時に、CCを想う。

CCは今、婚約者の隣にいる。

ため息ばかりついている。

嫌いになれたら楽になれるのに。

 

(※相当センチメンタルになっているようだ。

今も昔も、僕という人間は変わっていない)

 

 

・バイトのシフトを増やした。

・母さんから電話。

年末年始、帰省するのかどうか?

「帰らない」と答えた。

・明日は資源ゴミの日。

溜まりに溜まった空き缶を捨ててしまうこと。

(毎晩、飲み過ぎだ。節制しないと)

 

 


 

ー15年前の12月某日ー

 

年末年始、クリスマスを控え、街中が忙しなさと浮かれた雰囲気。

ユノと××デパートへ、買い物に出かける。

 

【ユノが買ったもの】

×××(ブランド名)の腕時計

恋人へのクリスマスプレゼント。

値段に驚く。

ユノ曰く、恋人からのリクエストなんだとか。

これを買ってあげるために、バイトを頑張ってたんだとか。

ブランドものの腕時計なんて僕は欲しくもないけど、ユノの恋人は幸せ者だなぁと思った。

だって、ユノを頑張らせる原動力となっているんだもの。

その人の為なら頑張れる。

そういう存在がいる幸せ。

僕はその存在を10月××日に失くしてしまった。

 

【僕が買ったもの】

・口紅

(妹×から頼まれたもの)

・靴下3足

 

 


 

ー15年前の12月某日ー

 

ユノにクリスマスの予定を尋ねられる。

クリスマスを一緒に過ごさないか?と誘われた。

当然、断った。

(断る以前に、バイトのシフトを入れていたから無理な話)

会ったことのないユノの恋人と3人で、クリスマスを過ごす不自然さ。

ユノは僕を憐れんでるのだろう。

余計なお世話だ。

 

 


 

ー15年前の12月24日ー

 

世の中はクリスマス・イブ。

うっとおしい。

 

 

バイト

7:00~19:00

忙しかった。

フルタイマーの××さんから、飲みに誘われる。

××さんはクリスマスの一週間前に、彼氏と別れたのだとか。

寂しいのだろう。

僕を当てにされても困る。

 

 

(※僕がゲイだと、周囲には知られていない。

それは当然のことで、前もって知らせる義務も、必死になって隠す必要もない。

誰かと恋愛関係に陥りそうになってはじめて、少数派である僕の傾向がネックになるのだ。

ユノにも気付かれていないと思い込んでいたところ、実はバレていた。

その辺りのくだりは、後述する)

 

 

帰り道、電柱の影に白猫がうずくまっていた。

近寄ると、逃げてしまった。

 

【夕飯】

・骨付きグリルチキン

・サラミピザ(冷凍)

・ポテトサラダ

・ショートケーキ

・ワイン2本

・缶ビール5本

いずれもバイト先で購入。

ガツガツと食べた。

 

 

今頃ユノは、恋人と仲良く過ごしているのだろう。

有名店のケーキを注文した、と言っていた。

とても大きなケーキだから、一緒に食べようと誘ってくれた。

部外者の僕がいたらユノの恋人も居心地が悪いだろう。

それなのに、「今からそっちに行ってもいい?」と電話をかけたくなった。

手にとった受話器を戻した。

 

僕はとても寂しがっている。

電話をかけなかったワケは、寂しい理由が分からなくなったからだ。

僕は10月からこっち、ずーっと寂しい気持ちを抱え続けていたせいで、

今の寂しい気持ちが、CCがらみによるものなのか、そうじゃないのか区別がつかなくなっていた。

 

 

今頃CCは、婚約者の隣にいるのだろう。

ファンに過ぎない僕は、CCの隣に立ったことは一度もないし、今後もあり得ない。

もし、夢が叶って隣に立つことが許されたら...。

「もしも」の話は止めよう。

 

 


 

ー15年前の12月某日ー

 

CCの結婚についての報道は、10月から一切なかった。

ファンクラブから何のお知らせもない。

今この時も、CCは婚約者と一緒に過ごしているのだろうな。

「結婚します」とは聞いたけれど、「いつ」結婚するんだろう?

関係者か誰かがリークしてくれないかなぁ。

 

喫茶店に集まる推し仲間が、3分の2まで減っていた。

離れていったのだ。

CCを話題に、彼らと過ごした楽しかった時間は、もう戻ってこない。

彼らと僕を結び付けていたのは、「CCに恋する気持ち」

CCへの恋心が打ち砕かれた今、彼らと集う理由はなくなった。

寂しいなぁ、と思った。

 

 

 

実家から、米と餅、リンゴ、レトルト食品と缶詰、封筒に入った現金が届いた。

 

 


 

ー15年前の12月某日ー

 

2か月間、床に陳列していたCCのものがうっとおしく思えてきた。

僕はむしゃくしゃしていた。

CCはアイドルがしてはいけない禁忌を犯したのだ。

ファンを裏切った。

怒りの感情に支配されていた。

一切合切、CCのものをゴミ袋に投げ込んだ。

ニューアルバムの初版限定特典ポスターを切り裂いた。

(手に入れるため早朝からCDショップの前で並んだ)

割れたCDケースで手の平を切ってしまった。

クリアホルダーにおさめた雑誌の切り抜きも、マスコット人形も。

いっぱいいっぱい。

これら大量のものを、嬉々として買い集めていた自分が馬鹿みたいだ。

黒いゴミ袋に突っ込んだ。

45リットルゴミ袋8袋。

すっきりした。

 

 

18:00

【ユノと居酒屋へ】

二人だけのお疲れさん会。

ユノに「元気か?」と訊かれて、僕は「元気じゃない」と答えた。

「失恋したんだ」と、ユノに打ち明けた。

「そんなところだろうと思った」とユノは答えた。

「大好きだったんだ」と、教えてあげた。

「そうだったろうね」とユノは答えた。

この後、僕とユノは飲み屋を二軒(多分)ハシゴした。

めちゃくちゃ飲んで酔っ払っていたから、その間の会話は覚えていない。

 


 

(※ボロボロになった僕の介抱をしてくれていたんだから、ユノに大バレもいいところだ。

 

部屋に散乱したCCのグッズから、失恋した対象も大バレだった。

 

ユノも困っただろう。

 

男性アイドルにガチ恋して、ガチ失恋している19歳男子に、何て声をかけたらいいのか。

 

僕の嘆きように、中途半端な慰め言葉はかけられない、と気を遣っただろう。

 

冒頭で、僕はこう言った。

 

馬鹿にできるものか、と

 

あの時のユノは、僕を尊重してくれたんだと思う)

 

 


 

 

※3か月も経過すると、意識の上にのぼってこない日々が当たり前になってくる。

 

呼吸が楽になり、日々の楽しみをしみじみと味わえるようになる。

 

なんだ、平気じゃないか、と嬉しくなるのだ。

 

 


 

ー15年前の12月大晦日ー

 

今日もバイト。

忙しい。

昼休憩は15:00まで、後ろにずれこんた。

ユノ、僕と30分遅れで昼休憩。

ユノのぱきっとした明るさが、隣にいてしんどく感じるようになってきた。

みじめな僕と幸せなユノとでは、気分の差が大き過ぎる。

恋人がいるユノには、僕の気持ちなんて分からない。

 

(※15年前。

CCの件が起きるまで、僕とユノは親友同士とまではいかない仲だった。

ユノとはアルバイト先で知り合い、同じフロアに配属された。

年も近く、気取らないユノに好感をもてた。

連絡先を交換し、プライベートでも遊ぶようになっていた。

それだけの関係だったのが、推しの結婚でズタボロになってしまった僕を、ユノは放っておけなかったんだね。

今じゃ僕の旦那さんだ)

 

 

朝から駆けずり回っていたせいで、クタクタだった。

疲れすぎて食欲がなかった。

テレビ番組、うるさくてくだらない内容。

何がそんなに面白いんだろう?

幸せの絶頂にいるCCは婚約者の隣にいて、この番組を見て、ゲラゲラ笑っているんだ。

僕はこんなに、悲しんでいるのに...。

 

 

この時僕は、「またかよ」とつぶやいていた。

デジャブ、じゃなくて現実。

『歌手のCCさんが、来年2月にお相手の一般人と結婚披露宴をあげることを...』

勘弁してくれよ。

 

 

(※この時の、心臓がひやりとした感覚は今も思い出せる。

休憩時間、同じ場所、同じテレビ...ショッキングな情報を2度も、似たようなシチュエーションで知らされた僕。

トラウマになってしまった。

バイト先の休憩室が大嫌いになり、昼飯はタバコの匂いを我慢しながら、喫煙室で摂っていたなぁ、そういえば)

 

 

ユノに肩を揺すられるまで、僕の視線はテレビ画面に釘付けだった。

この日の僕は、バイトを早退しなかった。

夜22:00まで働いた。

いつもの100倍も愛想がよくて、社員の××さんや店長、パートの×さんは気味悪がっていた。

ユノは遠巻きに僕の様子を気にかけていた。

ちゃんと周囲が見えている。

よかった、少しは前進している。

 

 

「カウントダウン、俺たちと一緒にしないか?」

ユノに誘われたけど、断った。

ユノには恋人がいる。

僕はお邪魔虫だ。

よいお年を。

 

【別れ際にユノから貰ったもの】

・恋愛成就のお守り

(昨日まで実家に帰っていたんだとか。

近所の神社で買ってきてくれた)

・焼肉弁当

 

(※今も昔も、ユノはユノのままだ。

無神経で不器用でとても優しい)

 

 


 

ー15年前の1月2日ー

 

バイト、新年初売りで忙しい。

早番、6:00~15:00

社員さんの1人が倉庫で、積み上げられた段ボールの下敷きになった。

救急車騒ぎとなったが、腕の骨を折るだけで済んでよかった。

頭を打っていたら大変だから。

臨時バイトの高校生たちが若くてうるさい。

彼女たちの会話の中でCCの名前が出てきて、僕の心臓がどっきーんとなった。

僕はまだまだ全然、平気じゃない。

まだまだ引きずっていることに気づいて、一気に気分が落ちてしまう。

遅番のユノと入れ替わりで帰宅する。

焼肉弁当が美味しかったとお礼をいいそびれた。

 

 


 

ー15年前の1月某日ー

 

午後10時からCCが主演した映画が放送される。

録画しようか迷う。

 

(※この映画のDVDはもちろん持っている。

映画招待券が欲しくて、シャンプー&コンディショナーを何セットも買ったものだ)

 

CCは、僕の生活の深いところまで食い込んでいる。

思考のルーティンに組み込まれている。

「今頃CCは」「今頃CCは」って、意識の隙間時間ができる度に、念仏のように唱えている。

今頃CCは、婚約者と過ごしている。

じゃあ、僕は?

僕は今、何をしている?

 

 

剣士役のCCはかっこよかった。

悔しいけれど、ときめいた。

カッコよすぎて涙が出てきた。

映画館で観た時の感動を思い出したのだ。

スクリーンのCCを一途な眼差しで追っていた僕を想って泣いた。

「おいチャンミン、1年後にはCCは結婚してしまうんだぞ?」って、教えてあげたい。

「夢中になり過ぎるな。後で辛くなるぞ」って、突っ走る僕を止めてあげたい。

可哀想な僕。

僕の心にぐるぐる渦巻いている感情。

吐き出したい。

声に出して、誰かに聞いてもらいたい。

推し仲間とは疎遠になった。

ユノしか思いつかない。

 

(※思い詰めているなぁ。

大人になった僕の目から見ても、15年前の僕は、痛々しく可哀想だ)

 

 


 

以下は、

僕とユノが初めて寝た日に、行為の後で交わした会話だ。

(記憶をたよりに再現してみたから、細かいところで違っていると思う)

 

僕がゲイであることに、いつ気づいたのかを尋ねた。

 

ユノ

「うすうすそうじゃないかと思ってたんだけどさ」

 

「CCのファンだったから?」

 

ユノ

「その前から」

 

「嘘!?」

ユノ

「佇まいっていうの?

女を見る時のチャンミンの眼は、いっつもおんなじなんだ。

ところがさ、男を見る時...見境なくっていう意味じゃないぞ。

人によって、目の色が変わるんだ。

『お!』って、いい感じの男の時は、チャンミンの挙動がちょっと変なんだ」

 

「...そうなんだ。

ずいぶんと観察していたんだねぇ」

 

ユノ

「チャンミンって、これまで俺の周りにはいなかったタイプだったから。

ついつい見ちゃうんだよなぁ」

「ゲイっぽかったから、興味津々?」

 

ユノ

「それもあるけど。

...バレないように、隠している感じが可愛かった」

 

「バレないようにしてることを、バレてた。

恥ずかしいなぁ」

 

ユノ

「周りにはバレていないさ。

俺も同類だったから、分かったんだ」

 

「僕はユノがそうだったなんて、全然気づかなかったよ」

 

ユノ

「俺は気配を消すのがうまいの」

 

「気配...ねぇ...」

 

ユノ

「でさ、

チャンミンはどこか危なっかしいとこがあるんだ。

チャンミンの眼を見てたって言っただろ。

真っすぐで一途なんだ。

もっと力抜けよなぁ、って思ってた。

手を抜かない。

そこらへんの適当な男なんかになびかない。

理想が高そうなとこも、危なっかしいんだ。

だから、見張っていた」

 

「見張ってたの?」

 

ユノ

「ちらちらっと、ね」

 

「恋人がいたのにね」

 

ユノ

「そうだよ~。

恋人がいたのにね」

 

(※僕らが初めて寝たのは...僕の部屋だった。

寒くて、布団の中で裸でくっついていた。

...思い出していたら、したくなってきた。

今夜、ユノを誘おう)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」