【12】僕を食べてください(BL)

 

 

~縛られて~

 

 

目尻に涙を溜めて、僕はユノに哀願の眼差しを向けた。

 

能面のように無表情だったユノの頬がきゅっと上がって、笑ったのが分かる。

 

「チャンミンの願いを叶えてあげるよ」

 

「願い?」

 

仰向けになった僕は、両腕を頭の上で固くきつく縛られている。

 

こんな風に拘束された自分の姿を、第三者の目で想像してみたら、とても興奮した。

 

僕の性癖は、歪んでいるんだろうか?

 

誰もが皆、縛られて興奮するものなのだろうか。

 

「チャンミンのって小さいけど、真っ直ぐで硬くて、美しい形をしているね」

 

ユノは僕のペニスをゆらゆらと揺らしていたかと思うと、ぺろりと先端を舐めた。

 

「ふっ...!」

 

腰が反応して、ぴくりと震えた。

 

少しずつ少しずつ、僕のものがユノの口内に飲み込まれていく。

 

僕のものを飲み込みながら、ユノは僕から目をそらさない。

 

欲を浮かべたユノの目を見返す僕の目も、同様に違いない。

 

僕自身がユノの中に飲み込まれていくのか、それとも僕自身がユノの中を貫いているのか。

 

この眺めだけで、イッってしまいそうだった。

 

「ふぅ...」

 

快感のひと波をやり過ごした。

 

僕の根元まで咥え込んだユノは、きつく吸い上げた。

 

「ひっ...あっ...」

 

ユノのねっとりとした動きに合わせて、僕は嬌声を上げる。

 

アイスキャンディーのように、美味しそうに頬張るユノの瞳がギラギラと光っている。

 

どう猛なのに、美しい眼だ。

 

「...はっ...ああっ...!」

 

「チャンミンはフェラチオに弱いなぁ...」

 

ユノはくすりとほほ笑む。

 

「ああっ!

ダメ!」

 

悲鳴をあげたのは、僕の睾丸を握られたからだ。

 

「潰れる...潰れるって...!」

 

じわじわと力を込めるユノの指に、恐怖が喉までせり上がってきた。

 

「痛いか?」

 

「やめっ...ダメ...ううっ...!」

 

両手を拘束されている僕は、身をよじるしかなく、ユノを蹴り飛ばしたくても、僕の膝に腰を落とした彼に動きを封じられていた。

 

「潰れっ...痛いっ...いたっ、駄目っ...ああーーっ、駄目っ!!」

 

涙がにじんできた。

 

「本当に駄目なのか?

痛いだけか?

...本当は...気持ちいいんじゃないのか?」

 

「うっ...」

 

苦痛の先に待っていたのは、愉楽の世界への扉。

 

恐怖の裏側に潜んだ卑猥な快楽の境地に、1歩足を踏み入れた瞬間だった。

 

「...いいんだろう?」

 

ユノは先端を咥え、片手で陰嚢を握り、もう片方でペニスを素早く上下に動かす。

 

「やーっ...やめっ...やめっ...おかっ...かしくなっる!」

 

緩んだ入り口から体内に残されたゼリーがとめどなく、お尻を汚す。

 

「変に...っ変、変になる、なるからっ...イクっイクっ、イっちゃうっ...駄目っ、やっ...ああーーっ、あっ...」

 

僕の視界は真っ白で、わけのわからない言葉を発し続けた。

 

「...はあはあはぁ...はっ...はあぁはぁ...っく...っ...」

 

「...チャンミン、もうイっちゃったのかぁ...。

やれやれだ」

 

耳の穴を唾液が濡らす。

 

「仕方がないなぁ」

 

呆れたように首を振り振りユノは立ち上がり、彼の肌の上を艶めかしい黒い影が舐める。

 

戻ってきたユノは、僕の傍らに膝をつき、力を失った僕のものに何かを施し始めた。

 

「なにっ!?

何するんだ!?」

 

「射精コントロールしてやるしかないな」

 

窮屈感に下を見下ろすと、僕の根元が白い紐のようなもので縛られている。

 

「嘘だろ...」

 

それは僕の傷を覆っていた包帯だった。

 

「頭がおかしいんじゃないの!?」

 

ユノを非難するそばで、実は卑猥な期待感で腹の底がぞくぞくとしていたのだ。

 

僕の方こそ、変態で頭がおかしいんだ。

 

「こうでもしなきゃ、すぐにイっちゃうんだから。

まだまだ終わっていないんだよ」

 

そして僕の身体は、うつ伏せにひっくり返された。

 

「ぼさっとしていないで、尻を突き出せよ」

 

お尻を叩かれて、慌てて四つん這いになった。

 

手首を縛られているから、両肘をつくしかなくて、自然とお尻を高々と突き出した格好になってしまう。

 

額から汗がぽたぽたと、手首の革ベルトに落ちる。

 

「何もしなくても、穴がぽっかり...そんなに挿れて欲しかったんだ?」

 

「っ!」

 

ふり返ると、僕のお尻を覗き込んでいたユノと目が合った。

 

ユノと肌同士を重ねたいのに、彼は僕の身体をいじりまわすだけなんだ...それだけが不満だった。

 

腰をつかまれ、僕の胸は期待で踊る。

 

「かっ...はっ」

 

ずぶずぶと僕の穴に埋められる

 

僕の中が美しい人のもので満たされた。

 

ユノは腰を深く沈めたまま、円を描く。

 

「ん...あっ...あっ...」

 

うねるように四方から締め付ける粘膜を擦られて、これはこれで気持ちがいいのだけれど、もっと背筋を貫くような刺激が欲しい。

 

「はあはあはあ...」

 

物足りなくて、お尻を左右に揺すった。

 

「駄目だ、チャンミン。

じっとしてて、いい子だから」

 

と、僕の肩をマットレスに押しつけた。

 

僕のお尻はもっと高く突き出された。

 

立ち上がったユノは僕の腰を抱え直したことで、突き刺さる角度が変わり、彼のペニスの先が僕の底面に当たっているのが分かる。

 

「んふっ...」

 

でも、腰は振らない。

 

とんとんと軽く刺激するだけだ。

 

ユノに従って、頭も肩もマットレスに付けて大人しくしていても、すぐにじっとしていられなくなる。

 

「ユノっ...!」

 

両手を握り締める度、腕の傷に痛みが走った。

 

「...お願いだから...うっ...」

 

身をよじりたくてもユノに制された僕は、熱い喘ぎをこぼすだけだ。

 

焦れている僕を面白がって、ユノは腰を左右にくねらす。

 

「は...ぁっ...!」

 

「可愛いね」

 

焦れる僕の表情に満足したのか、ユノは僕の背中に覆いかぶさってきた。

 

ユノの重みが加わり、腕に傷口に痛みが走る。

 

そして、僕が待ち望んでいたピストン運動が開始された。

 

「あっ、あっ、あっ...あっ...」

 

揺さぶられるたび、視界が歪むほど気持ちがいい。

 

ごぼごぼと結合部から厭らしい音が鳴る。

 

「あ...!」

 

僕の中から引き抜かれたかと思ったら、再びひっくり返されて、仰向けになったユノの上に僕は乗っていた。

 

「動いたら駄目だぞ」

 

両手を封じられていて、バランスがとれずにいる僕を見かねたユノに腰を支えられた。

 

逞しいユノの胸に頬をこすりつけ、乳首を吸い、全身の窪みに指を這わせたいのに...手首を縛られている僕にはそれが叶わない。

 

激しく突き上げられたい欲求を、ぐっとこらえた。

 

「あ...あ...あっ...」

 

耐えきれなくなって腰を上下に揺らしてしまうと、その度にお尻を叩かれる。

 

「動くな」

 

上擦った声が漏れる。

 

ユノのものがゆるゆると出入りする粘り気のある音が、聴覚から僕を煽る。

 

(もう...駄目だ)

 

恨めしそうにユノを見上げると、ユノは瞳を揺らめかして僕に微笑みかける。

 

今のユノの瞳は、紺碧色になっているに違いない。

 

そうだった。

 

ユノの瞳は、色を変える。

 

不思議な肉体の持ち主だ。

 

ユノの身体が深く沈み込んだとき、ぐりっと固い箇所に当たって、短い悲鳴が出た。

 

「ひっ...」

 

ユノが腰をくねらしながら、大きなスライドで上下し出した。

 

ぺちぺちとユノの腰が僕のお尻にあたる音が、静寂の廃工場に響く。

 

「あっ...あ...あ...いいっ...いい...」

 

性感のとりこになってしまった僕は、ユノの動きに合わせて切羽詰まった喘ぎをこぼすばかりだ。

 

(もう我慢できない)

 

僕は自身の腰を上下に振り出した。

 

僕の中に注入されたローションが、溢れ出てユノの陰毛を濡らしていく。

 

「...っく...んっ...」

 

両肘をユノの胸について、お尻を振る。

 

手が使えないから、バランスを崩してばかりで、思うように動かせなくて苛ついた。

 

「わかったよ、わかったから」

 

ユノは僕の尻をなだめるように軽く叩いた。

 

「しょうがない子だ」

 

ユノは僕と繋がったまま、上体を伸ばして僕の手首に手をかけた。

 

そして、僕の手首をぎっちりと縛り付けていたベルトを外してくれる。

 

拘束がとかれて、手指に血流が戻ってきた。

 

強張ってきしむ肩の痛みに顔をしかめながら、ユノの頬を包み込んだ。

 

そして、優しいキスを贈る。

 

ユノと一体になりたい。

 

なみなみとたたえられた黄金色の蜜の池の底に、静かに沈んでいく光景が浮かぶ。

 

セックスに支配された僕はもう、浮上できない。

 

平凡な日常を不満げに生きてきた僕の目の前に、突如として現れた人。

 

理解が追い付かないまま、僕の身体に刻みつけられた肉体の繋がりから生まれる幸福感。

 

身体の芯まで貫かれ、目覚めさせられて、僕はもう日常に戻れないと思った。

 

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」