【13】僕を食べてください(BL)

 

 

「チャンミン!

これじゃあ、動けないよ」

 

ユノの下から両手両足でしがみつく僕に、ユノは呆れた声を出す。

 

力持ちのユノだから、僕の腕など簡単に跳ね飛ばせるはずなのに、ユノはそのまま僕に抱きしめられたままでいてくれた。

 

ひと息ついた僕は、自由になった両手をユノの胸についた。

 

手の平の下で、ユノの心臓がドクドクと打っていた。

 

互いの腰がぶつかり、ズンと快感の衝撃が僕の脳を痺れさせる。

 

結合部がにちゃにちゃと厭らしい音をたてる。

 

力いっぱい突き上げられると、ぐりっと奥底に当たって、その度僕は息をのむ。

 

その反応が、ユノを悦ばせている...そうあって欲しい。

 

「ふっ」

 

腰のスライドの強弱。

 

小刻みに揺らしたり、一気に突き上げたり、緩急をつけたり。

 

「...んっ...はっ...はっ...はあ」

 

背筋を突き抜ける快感の波が、ユノの動きに応じて変化するから、夢中になる。

 

「チャンミン...」

 

ユノの息遣いが乱れてきた。

 

「どこでそんないやらしい動きを、覚えた?」

 

僕の中がひくひくと痙攣して、ユノのものを積極的に締め付けたり緩んだりするのが分かる。

 

(これは...ヤバイ)

 

ユノの上で僕はのけぞる。

 

僕に余裕がなくなってきた。

 

縛られた根元の圧迫感が苦しい。

 

むずむずが堰き止められていて、破裂しそうに苦しい。

 

イキたいのにイケない苦しさ。

 

頷いたとき、僕の額からぼたぼたっと汗がユノの胸に落ちた。

 

狂ったように腰を上下に揺すった。

 

前がどうなっているのか、確認しなくても分かる。

 

怒張したあそこは、縛ったものが食い込んではちきれそうになっているはずだ。

 

苦痛の先に待ち構えているあの感覚を得たかった。

 

「あっ...あっ...だめ...もう...っだめっ...!」

 

互いの肌を打ち当たる音が大きくなって、僕の喘ぎは悲鳴に近い。

 

「...苦しっ...やっ...やだぁ...ふっ...」

 

「がむしゃらに動けばいいってものじゃないんだよ」

 

「...だって...」

 

出したいのに出せない。

 

ユノの白くて小さな顔が僕を見上げている。

 

潤んだ瞳が揺らめいていて、唇も濡れていて、ぞっとするほど美しかった。

 

ユノは腕を伸ばすと、両手で僕の頬を包んだ。

 

ひやりとした手の平が、僕の熱を冷却する。

 

「一生懸命だね...。

可愛いよ、チャンミン」

 

早すぎる鼓動がますます速度を増して、胸が苦しい。

 

たまらずユノに口づけた。

 

貪るようなものじゃなく、優しいキスをした。

 

ユノにも喘いで欲しい。

 

僕らは両手を繋ぎ、固く指を絡め合った。

 

ただ腰を上下させるだけじゃなく、角度や強さや速度に注意を払って。

 

「...んっ、んっ...んふっ...ん...」

 

しかし、股間から弾ける快感の調節はどうしようもできず、うめき声は駄々洩れだったし、意識しないとついつい乱暴に腰を弾ませてしまうのだった。

 

その度に、きつく縛られた根元が悲鳴をあげる。

 

「やーっ...やっ...キツっ、キツいっ...取って、ここ取って」

 

絶頂を迎えたくて腰を振るのに、それが許されない。

 

「やだっ...取って...苦しっ...苦しっ...やだ...」

 

もどかしさから逃れたくて、腰を振るのを止められない。

 

上下に跳ねるしか能がない玩具になってしまった。

 

縛られた前が痛い。

 

「イキそ...やっ...痛...痛いっ...苦しいよ...」

 

ユノの放つ甘い、百合のような、はちみつのような香りに包まれて、僕の欲情が沸点を迎えた。

 

「...取って...やだっ...苦しっ...やだ...これ...取って、取って」

 

両手を握られて、緊縛を解きたいのにそれが出来ずにいた。

 

ユノの爪が僕の手の甲に食い込んでいる。

 

「やだっ...取って、取ってよぉ...やだ...イキたい...イキたい」

 

まぶたの裏がチカチカしてきた。

 

「可哀想に...」

 

瞬間、前がふっと緩んだ。

 

僕の根元を縛っていた包帯が解かれたのだ。

 

腰を持ち上げられたと思ったら、猛スピードで浅突きされた。

 

「あーーーっ、あっ、あーっ...やっ、イく、イっちゃうーー!」

 

手前の固い部分ばかり、高速でこすられて意識が吹っ飛ぶ寸前だった。

 

「あーーーーーーっ、あっ、あぁぁーーーっ...そこダメ、そこダメぇ...」

 

ぐらぐらになってしまった僕は、ユノの上に崩れ落ちた。

 

すかさず口づけられた。

 

僕の下敷きになっているこの人が愛おしくてたまらなくなった。

 

「だめっ...も、だめ...っあーーっ、あ、あああぁぁーーー」

 

ユノと唇を合わせたまま、僕は悲鳴をあげる。

 

これじゃあ狂ってしまう!

 

上も下も絡みついて、突いて突かれてぐちゃぐちゃになった末、口走っていた。

 

「...好きだ...!

ユノっ...好きっ...好き...ユノ...好き...!」

 

ユノの身体が一瞬強張った。

 

「す...好き...あぁぁぁっ...」

 

意識がどこか遠くへ飛んでいくような感覚に襲われた後、僕は絶頂を迎えた。

 

ユノのお腹の上に放った後も、腰が何度も勝手に跳ねた。

 

ユノの上に崩れ落ちて、はあはあと乱れに乱れた呼吸を整える。

 

「...んぐっ!」

 

突然、息が出来なくなって目を剥く。

 

「今...なんて言った?」

 

「く...くる...」

 

低く、固い声だった。

 

「ユノ...く、るし...」

 

ユノの頑丈な指が、僕の喉を締め上げた。

 

「チャンミン...何て言った?」

 

喉仏を圧迫する手を引きはがそうと、指をかけるが石のようにびくともしない。

 

「ユノ...!」

 

殺される...と、覚悟した。

 

視界が暗くなり、耳鳴りがしてきたところで、解放された。

 

喉をおさえて、ゲホゲホと咳き込んだ。

 

「僕を...殺す気か!」

 

涙を手の甲で拭いながら、ユノを睨みつけた。

 

「...何て言った」

 

マットレスの脇に全裸で立ったユノを、横向きで寝転がった全裸の僕は見上げる。

 

「好きだって...言ったんだ」

 

ユノは無表情で、しんとした眼差しで僕を見下ろしていた。

 

せき止められていた血流が頭に流れ込んで、僕の思考も回復してきた。

 

「悪いか!

好きだと言って、悪いのか!」

 

「そっか...」

 

ぽつりとつぶやいたユノは、哀しそうに微笑んだ。

 

ユノの表情の意味が僕にはわからなかった。

 

ユノの瞳の色を確認したくなって、懐中電灯に手を伸ばそうとしたが、セックスの振動でマットレスの反対側に落ちてしまっていた。

 

 

 

 

「傷が開いてしまったね」

 

急に優しくなったユノは、マットレスに腰を下ろし僕の腕をとった。

 

虚脱感著しい僕は無言だった。

 

絶頂の際、口走ってしまった言葉について考えていた。

 

僕は性的にいたぶられているけれど、貶められている気は全然しない。

 

密かに僕が望んでいたことを、心の襞の奥底に潜んでいた僕の本性を、ユノが引っ張り出したのだと思う。

 

いちいちものごとを難しく考えるのが僕の性だ。

 

お尻への刺激がもたらす恍惚感だけに惑わされていてはいけない。

 

僕が快楽の嬌声をあげるためには、ぴたりとユノの身体に接触していなければならない。

 

僕は初心な男だから、心と身体を切り離せるような器用な真似はできない。

 

ここまで、どろどろに身体を繋げておいて、心だけを他所に置いておくなんてことは、僕には出来ない。

 

身体の繋がりに引きずられて、心をユノに向けてしまっても仕方がないだろう?

 

僕の傷は熱を持って、ズキズキとうずいている。

 

「可哀そうに」

 

ユノは自身の指をくわえると、くっと噛みついた。

 

ユノの指が、濡れて光っていた。

 

「っつ!」

 

ズキリと傷口に痛みが走った。

 

ユノの指が僕の傷口をつーっとなぞった。

 

顔をゆがめている僕を、慈しむかのような優しい表情だった。

 

こんな表情をするユノを、初めて見た瞬間だった。

 

全身がだるくて、重くて、とにかく僕は眠かった。

 

「眠りなさい」

 

ユノの指が僕のまぶたに触れた。

 

眠りにつきながら、僕はこんなことを想像していた。

 

絡み合う僕らの姿を、窓の外から覗く自分の姿を。

 

廃工場の割れた窓から、中で営まれている行為を覗き見る。

 

たよりない懐中電灯の灯りが、僕らの裸の凹凸の影を作っているだろう。

 

それはそれは美しく、なまめかしい光景だろうと僕は思った。

 

 

 

(つづく)

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」