【25】添い寝屋

 

 

 

僕とユノはしばし、見つめ合っていた。

 

ユノは何も言わないし、アレする流れに持ち込むでもなし。

 

「......」

 

もしかして...僕から仕掛けてくるのを、待っているとか?

 

僕がリードするの!?

 

ユノに身を任せるつもり満々だった僕。

 

困った、困ったぞ!

 

久しぶり過ぎてどうスタートを切ればいいか分からない。

 

ヤリまくり色欲時代では、ズボンを下ろすだけでよかった。

 

さらに、ヤリまくり色欲時代以前は、僕の恋愛対象とえっちのお相手は女性だった。

 

ユノが相手となると...それも好きな人相手で、男相手となると...どうやればいいんだろう?

 

閉じたままだったユノの心の扉が今、僕に向けて開かれている。

 

ユノも多分...僕と同じ想いを持っている。

 

き、緊張する...。

 

「...今から...するの?」

 

「...ああ」

 

僕の声は掠れていたし、ユノの声も同様。

 

百戦錬磨のユノも緊張しているのかな?

 

ユノは動かない。

 

やっぱり、僕からのアクションを待っているんだ!

 

ユノの喉仏がこくん、と動いたのを合図に、僕は彼の上に身を伏せた。

 

仰向けになったユノの腰にまたがった僕。

 

パジャマ姿のユノに対して僕は裸で、マッサージオイルで肌を光らせている。

 

なんともちぐはぐな二人だ。

 

両腿の間を見下ろすと、くたりとささやかなものが、ちんまりと。

 

情けなくてめげそうになるけど、仕方がない。

 

ユノと「したい」気持ちの存在は確かなものなんだ。

 

ユノは僕を見上げているだけで、指一本動かさない。

 

この3日間、さんざん僕の身体を撫ぜまわして、えっちなことを言ってからかってきたのに、いざ本番を前にすると奥手ちゃんになってしまうのかな。

 

「脱がすよ?」

 

僕は震える指で、ユノのパジャマのボタンを1つ1つ外していった。

 

徐々に露わになる、ユノの白い肌。

 

ユノの左右の胸に両手をつけた。

 

僕の手の平を焼かんばかりに高い体温、僕の右手に鼓動が打つ振動が伝わってくる。

 

ユノの肌を火傷しそうに熱いと感じるのはやはり、僕の肌はあいかわらず冷えている証拠。

 

「ふぅ」

 

額に浮かんだ汗をぬぐい、気持ちを落ち着かせようと大きく深呼吸をした。

 

汗は出ているけれど、指先はかじかんでいて、寒いのか暑いのか分からない。

 

ユノは僕のやることを、無言で見ているだけだ。

 

ユノ流のスパルタ教育なのかな、とちょっと思ってしまったりして...。

 

つまり...僕のアソコにヤル気を取り戻させるための。

 

でも、そうじゃない、これからの行為は仕事を離れたものだ。

 

僕はそう宣言したばかりだし、ユノだって...。

 

初日のユノの眼とは、暗くて真っ黒な湖のようで、瞬きも奥行きもないのっぺりとしたものだった。

 

さらに、 吸い込まれてしまったら二度と浮上できないのでは、と恐怖を覚えていた。

 

今のは違う。

 

真っ黒な瞳の中、さらに黒い瞳孔に向けて、黒い虹彩が渦巻いていて、じっと見つめ続けていると吸い込まれそうになる。

 

吸い込まれてユノの中を通過した後、放たれる場所はどこなんだろう。

 

違う自分が待っている...だなんて、ロマンチストだね。

 

遮光カーテンのおかげで、寝室は暗い。

 

寝室に続くリビングは真昼の日光ですみずみまで白く明るくて、まさしく『昼下がりの情事』だ。

 

濃色のシーツとユノの白い肌のコントラストが、艶めかしい。

 

「チャンミンとしたい」って言ってたくせに。

 

僕が勝手に思い浮かべていた流れとは、全然違うものになってきて、調子が狂う。

 

ユノを上半身裸にしたところで、次は下半身に移った。

 

ユノったら全然動かないつもりだ。

 

パジャマのズボンを脱がされやすいよう、片脚ずつ足を持ち上げてはくれるけど、それだけなんだ。

 

「...ごくり」

 

最後の1枚を前に、僕の心臓はドッキドキだ。

 

男の下半身なんて見慣れてるはずなのに、恋をしている相手のものとなると別物だ。

 

ユノのものは初日に見てしまっているのに、これが僕の中に入るのかと思うとやっぱり緊張してしまうのだ。

 

光沢ある生地に、あれの形そのままくっきり浮かび上がっている。

 

「...ごくり」

 

ユノのみぞおちが、呼吸に合わせて上下している。

 

某有名ブランドのロゴ入りのウエストゴムに、指を引っかけゆっくりと引き下ろしていく。

 

包み込んでいたものから放たれて、僕の目前に露わになったユノのものに、息を止めて見入ってしまった。

 

どうしよう...大きい。

 

どうしよう...心臓が口から飛び出そうだ。

 

いつまでも眺めているわけにはいかない。

 

ちらりとユノの顔を窺うと、女性的とも言える優美な唇に、ちょっぴり笑みが浮かんでいて安心した。

 

「触るね」

 

僕はおずおずとユノのそこへ指を伸ばした。

 

僕の手の中でそれは、温かくて、ぴくぴく震えていた。

 

手の平に乗せた小さな動物...こんな風に考えたら変だけど、可愛いなぁって思った。

 

毛の生え際とか、血管とか、シワとか...愛撫するのも忘れて、子細に観察してしまった。

 

「じっくり見られると、恥ずかしいなぁ」

 

「あ!」

 

僕はユノのものから、ぱっと手を離した。

 

「それに...冷たい手をしてる」

 

「ごめんね」

 

とても敏感な箇所を、冷え冷えとした手で触られたら、気持ちよくもなんともないだろう。

 

次の僕の行動は早かった。

 

ぱくっと咥えたのだ。

 

「んん...」

 

ユノの腰がぶるっと震え、僕の口の中でそれの硬度が増した。

 

嬉しくなって、舌全体を使って上下に舐めた。

 

性狂乱時代の僕は、後ろを埋められてきたけど、僕を埋めるものを口にしたことはない。

 

だから、見よう見真似だ。

 

ユノの低い唸り声に、僕のヤル気は右肩上がり。

 

「これはどう?」「これならどう?」と、ユノの反応を確認しながら、あの手この手でユノのそれを可愛がる。

 

ユノの肌はシャワーを浴びたてみたいに無臭なのに、そこだけは濃い精の香りがするのだ。

 

どきどきする。

 

僕の唾液とユノのものが分泌するもので、僕の口の中はぬるぬるでいっぱいになった。

 

根元を片手で支えて、もう片方の手で上下にしごいた。

 

しごき方は自分でも経験済だけど、数年ぶりだったから動きはぎこちなかったかもしれない。

 

大きく膨らんだユノのもので口内がいっぱいで、あまりに大きくて顎が疲れてくる。

 

濡れそぼってぬめぬめと光り、握りしめる僕の手の下でドクドクと脈打っていた。

 

立派過ぎて再びじぃっと見つめる。

 

愛おしい気持ちでいっぱいになる。

 

腰の奥が、じんとうずいてきた。

 

たまらなくなって、再びぱくっと咥えた。

 

「どう?」と、咥えたままユノと目を合わせた。

 

半開きしたユノの口元の色っぽいことといったら。

 

わずかに落としたまぶた、ユノの濃いまつ毛が色気ある影を落としている。

 

可愛らしいと思った。

 

大人の男そのもののユノが、股間を可愛がられて目尻をピンクに染めているんだ。

 

柔らかそうな唇の間から漏れる吐息は、さぞ熱いだろう。

 

熱い唇を塞いで、熱い舌をからませ合いたい。

 

ユノとキスがしたい。

 

ユノのものを握りしめたまま、彼の腰に伏せていた身を起こした時...。

 

「チャンミンは、大胆だね?」

 

「...へ?」

 

愛撫に必死になっていて見過ごしていたんだ。

 

ユノったら、僕にされるがままだったのに、実は余裕たっぷりだったってことを。

 

いざ行為を前にして、緊張のあまり僕に手を出せなかったにしては、ユノの身体はリラックスしていた。

 

僕に身をゆだねて、僕の愛撫を存分に味わい、楽しむ余裕があったのだ。

 

「美味しそうに頬張っちゃって...そんなに美味しいの?」

 

ユノのからかいに対して、赤面した僕が「うるさいうるさい!」って怒る...3日間の僕らのやりとりの流れだとそうなる。

 

でも、この時の僕は素直だ。

 

ユノに好きだと告白した素直ついでに、もっと正直になってやろう、と。

 

「...うん」

 

「俺のが美味しくなっちゃうくらい、俺と『したい』の?」

 

「うん。

だって、ユノが好きだから」

 

「俺も」

 

「『俺も』って、僕としたいってことが?」

 

ユノのものを舐めながら、なんとなくモヤついていたことがあったんだ。

 

僕はユノが好き。

 

じゃあ、ユノは?

 

だから、問い返したのだ。

 

僕の不満を読みとったユノは、「俺もチャンミンが好きだよ」と言って雅な笑みを浮かべた。

 

ぱぁっと目の前が開けた。

 

この言葉が欲しかったんだ。

 

「好きじゃなきゃ、俺の大事なところをゆだねないよ」

 

「...そういうものなの?」

 

「ああ。

俺は男にフェラされるのは好きじゃないんだ」

 

「それって、喜ぶべきこと?」

 

「ああ」

 

ユノなりに、僕は特別なんだと言いたかったんだろうね。

 

僕の片手は未だ、ユノのものを握ったまま。

 

熱くて固くて太い。

 

とっさに落とした視線の先は、僕のアソコ。

 

さっきまで満ちていたヤル気が、しゅんとしぼんでしまった。

 

「わっ!」

 

ユノの逞しく太い腕に捕まって、僕は仰向けに倒された。

 

ユノを見下ろしていたのが、ユノを見上げる格好となり、押し倒されてドキドキしてしまうなんて、ユノに何かされたいと期待していた証拠だ。

 

「『不能』だとか勃起しないとかふにゃちんだとか。

気に病んでばかりいないで、今この時を楽しめ。

チャンミンは感度がいい。

気持ちよくなっていればいい」

 

脇腹を撫ぜられて、ぞくぞくっと電流が背筋を走り、背中がびくっと反る。

 

そうなんだ。

 

ユノに触れられると僕の身体は、敏感に反応する。

 

「...ん、はぁ...」

 

「その調子」

 

ユノはまだ、僕の脇腹や腕、ふくらはぎしか触っていない。

 

ユノに触れられたところ全部が性感帯みたいに、びくびくと反応してしまう。

 

「ひゃぁん!」

 

内腿を撫ぜられた時、僕があげた声といったら...悲鳴めいた甲高い声。

 

慌てて塞いでしまった手は、ユノによってのけられてしまった。

 

「声なんか我慢しなくていい。

喘ぎまくってくれ」

 

「う、ん...んんっ...」

 

「チャンミンのが勃とうが勃たまいが、俺とヤル分には支障はない!」

 

確かにその通りだな...と。

 

自信たっぷりに宣言されて、僕はぷっと吹き出してしまった。

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」