【続編】二人の添い寝屋

 

 

5日目。

 

本来なら、添い寝屋ユノとの、添い寝屋チャンミンとの契約が切れる日だった。

 

「お世話になりました」と言い合って、バイバイするはずの日だった。

 

でも、僕らは恋人同士になったから、バイバイする必要はないのだ。

 

嬉しすぎてくすくす笑っていたら、「チャンミンの笑い方がキモイ、エロい」と、ユノに髪の毛をぐちゃぐちゃにされた。

 

ユノの不眠が治ったかどうかは分からない。

 

僕らが1つになって交じり合って、1日も経っていないんだもの。

 

しわだらけのシーツに頬をくっつけて、まぶたを半分落とした僕はうっとり、満ち足りたため息をついた。

 

ぺちょりと濡れたシミがここに、乾きかけのシミがあそこに。

 

これらは全部、僕が出したもの。

 

放出されたユノのものは全部、僕の中で受け止めた。

 

ハートは満タン、肉体的にも潤った感に浸る僕。

 

温かくなった身体に慣れなくて、足元がふらついてしまい、さっと伸びたユノの腕に支えられる。

 

ユノの肩にもたれかかり、微熱程度まで下がった、乾いた彼の肌に口づける。

 

夕日でオレンジ色に染まったリビング。

 

ユノの均整のとれた肢体が長い影を作っている。

 

冷蔵庫の中を物色するユノの腰に腕を回した。

 

ユノの首の付け根の骨に吸いつくと、

 

「チャンミンがこんなキャラだったなんて...意外だな」と笑われてしまった。

 

「...だって」

 

自分でもびっくりだよ。

 

甘えんぼキャラだったなんて!

 

ユノの固く引き締まったお腹の下の、ふさふさを梳きついでに、中心から顔を出しているのをふにふにしてたら、「こら!」と怒られた。

 

「頼む...休憩させてくれ」

 

「ユノって強かったんじゃなかったっけ?

あんな程度なの?

な~んだ、がっかりだなぁ」

 

「半日で5回だぞ?

十分、強いだろ?

底無しなのはチャンミン、お前の方だ!」

 

「むぅ」

 

「5年もご無沙汰だったんだから仕方ないけどさ。

溜め込んだミルクタンクの中身を、慌てて空にする必要はない!」

 

「...だって」

 

目覚めた僕の身体は、性狂乱時代が証明しているように力がみなぎっていて、欲しくてたまらないのだ。

 

欲しいのはもちろん、『ユノ限定』だ。

 

「歩きにくいから、離れてくれ」

 

「やだ」

 

ユノは後ろにへばりついた僕を引きずって、リビングまで戻る。

 

ソファに座ったユノの隣に陣取り、パックから直接牛乳を飲むユノの、ごくごく動く喉仏に見惚れた。

 

全面窓から注ぐ光に、ユノの濃いまつ毛が際立ち、その下の瞳もつるんと光っている。

 

「僕も飲みたい」

 

「どっちのミルク?」

 

「へ?」

 

「......」

 

「?」

 

「はあぁ」とため息をつき、

 

「...ジョークだよ。

意味がわからない顔をまともにされると、俺の方が照れる」とユノは言った。

 

「ふふふ」

 

「なんだよ、分かってたのか?

からかうのは俺の役割。

からかわれるのはチャンミンって決まってるの」

 

「ふふふ」

 

ムッとしてるユノから牛乳パックを取り上げ、乾いた喉を潤していると...。

 

ユノったら、僕の脇腹をくすぐるんだ。

 

ぶはー!と牛乳を盛大に吹き出してしまった。

 

「ぎゃははははは!」

 

牛乳パックなんて放り出してしまって、くすぐり合っているうちに...ソファの上で第6ラウンドが始まってしまうのだ。

 

だから僕らは下着をつける間もなくて、今朝からずーっと全裸なのだ。

 

ユノの全身を...ぷりっとしたお尻や、脇腹からあそこへ斜めに走るライン、ぷっくり大き目の2つのピンクなんかを存分に眺められて、僕のドキドキは止まらないのだ。

 

 

 

 

僕とユノは5年前に、既に出逢っていたのだ。

 

出逢い、と言っても、当時は互いの顔かたちを認識し合う余裕もなく、名前も知らず、アソコとアソコを繋げただけの仲。

 

内で荒れ狂う色欲を発散させるための場なのだから、名無しで構わないのだ。

 

ユノは酒と媚薬で酔っ払った状態だった。

 

僕はチャイナドレスを身にまとい、メス化したあそこはとろとろで柔らかくほぐれていた。

 

女の人とやっていたと誤解したユノは、お気の毒さまだ。

 

あまりの相性の良さに、僕の中から引き抜くユノへと、僕の情熱が吸引されてしまった。

 

僕の熱をユノは持ち帰ってしまい、僕に残されたのはメーターがほぼゼロの肉体。

 

4日前、僕の前に添い寝屋兼客として現れたユノ。

 

ユノに触れられる度、そこから痺れが走りゾクゾクのし通しだった。

 

どうりで変だと思った。

 

世界で唯一の凸凹同士だったんだから、異常に反応してしまったのも仕方がないよね。

 

ユノの先っちょが僕の中にめり込んだ時、僕は肉体全部...血肉骨をもってして思い出したんだ。

 

「あの時の!」

 

ユノも同様で、「嘘だろ...」とつぶやいた後、絶句していた。

 

1回戦は記憶がないんだ。

 

衝撃が凄すぎて、早々と意識を手放してしまったらしい。

 

気付いた時にはコトの後で、僕は大の字になっていた。

 

うっすら目を開けると、間近にユノの優しい微笑みが待っていて、僕もつられて笑った。

 

 

 

 

夕飯はレトルトのスープを温めたものと、炒めただけの薄切り牛肉、といった簡単なもの。

 

(今朝、ユノが僕のためにブランチを作ってくれたのはいいんだけど、予想通りキッチンがえらいことになっていた。真っ黒になった外国製のフライパンに泣きそうになっていると、「俺が新しいやつを買ってやる」と言ってくれた)

 

「ユノが眠れるようになれるといいね」

 

フォークを皿に戻し、その手でテーブル向こうのユノの手に触れた。

 

「だいぶ平熱に近づいてきたね。

こもっていた熱が減ってきたから、少しは楽になったんじゃない?」

 

「そわそわと落ち着かない感じは、確かに無くなった。

でも...」

 

言いかけたものの黙ってしまったユノに、僕は席を立ち、椅子の背もたれごと彼を抱きしめた。

 

「ユノ。

仕事はどうする?」

 

「続ける。

チャンミンは?」

 

「続けるよ、もちろん」

 

「客がいい男だったり女だったりしたら、妬けるなぁ」

 

「僕だって同じだよ。

お客はみんな、ユノを好きになっちゃうんじゃないかって」

 

「俺の気持ちはしっかりしているから、心配しなくていいよ」

 

「ふぅん。

お客がユノに夢中になっちゃうってとこは、否定しないんだ」

 

膨れる僕の頭を、ユノは後ろ手にがしがしと撫ぜた。

 

「まあまあ。

チャンミンだって、可愛い添い寝屋さんだからモテるだろうね。

俺が止めて欲しいと言っても、チャンミンは今の仕事を辞めないだろ?」

 

「...うん。

ユノもでしょ?」

 

「ああ」

 

気だるげ添い寝屋を気取っていた僕でも、僕なりにプロ意識を持って5年続けてきたのだ。

 

「ユノはちゃんと仕事をやり遂げたよね。

でも、僕の仕事はまだ終わっていない。

ユノの不眠を治さなくっちゃ」

 

「治ってるかもよ。

今夜、分かるよ」

 

ユノはそう言ってるけれど、昨日の今日で、スイッチを切り替えたみたいにぐーぐー眠れるようになれるわけないと思う。

 

ユノの不眠は多分、根深い。

 

ユノの隣で僕が毎朝、確実に目覚めることで、安心させてあげるしかないのだ。

 

「いいこと思いついた」

 

「俺も」

 

「何?」

 

「チャンミンが先に言えよ」

 

「やだ。

ユノがお先にどうぞ」

 

ユノは椅子を後ろ前に座り直し、背もたれに顎を乗せて僕を見上げた。

 

上目遣いのユノは、僕の目には甘えた幼顔に映った。

 

へぇ...ユノのこんな顔、初めて見た。

 

「俺...チャンミンちに引っ越してこようかな」

 

「僕も同じこと考えてた」

 

僕はにっこり笑った。

 

「でね、この部屋でお客をとるの。

お客ひとりに対して、添い寝屋が二人なの。

でね、僕らはお揃いのパジャマを着るの。

超高級添い寝屋なんだ。

お客は、僕らに挟まれて寝るんだよ」

 

「贅沢だな...」

 

「でしょ?

他にはないよ、こんなサービス」

 

「俺は、いびきをかいて寝る客とチャンミンを見守る、ってわけ?」

 

拗ねるユノの鼻を突いた。

 

「そうだよ。

無理に寝ようとしなくていいんだ。

寂しくなったら、僕をたたき起こしていいからね。

僕は絶対に起きるから」

 

「俺はいつ寝るんだ?」

 

「朝になったら寝ればいいじゃないか。

夜は寝るものだってかたっくるしく考えているから、眠気が来ないんだよ。

ユノが寝てる間に、僕がご飯を作るから。

お昼になったら、僕が起こしてあげる。

ユノはキッチン、立ち入り禁止。

鍋もお皿も台無しにされたくないからね」

 

「...『彼女感』凄まじいな」

 

「彼女って言うな!」

 

僕はまるで夢みたいなことを語っているのではない。

 

これは明日の朝から、必ず実現するストーリーなのだ。

 

「僕はご存知の通り、底無しみたいだから、ユノはヘトヘトになるよ。

僕に搾り取られてクタクタになれば、否が応でも眠くなるよ」

 

僕はユノの手を引いて、寝室へいざなった。

 

換気のため開けておいた窓から、さぁっと涼しい空気が通り抜けた。

 

巨大団地の整列した白い点々、数珠つなぎになったテールランプの赤い点々。

 

二日前にも似たような夜景を共に見た。

 

今、目に映る景色はもっともっと、きらびやかに美しく僕の胸に迫る。

 

僕らは添い寝屋。

 

添い寝し添い寝され、僕らはみずみずしくなっていく。

 

幸福な二人の添い寝屋に挟まれて、客たちは満ち足りた寝息をたてるだろう。

 

 

(おしまい)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」