【1】大好きだった-水彩の月-

 

 

 

~チャンミン~

 

 

今日一日あった出来事を、事細かにユンホさんに報告するのが日課だった。

​ユンホさんは、僕の言うことを頷きながら聞いてくれる。

​僕とユンホさんは、高校生の頃から交際していて、それから10年以上たった今でも、僕は彼のことが大好きだった。

​部屋の天井灯を消し、ダイニングテーブルの上のライトだけ点けて、僕はウィスキーの水割りを飲む。

 

ユンホさんは梅酒のロックをすすりながら、僕らは向かい合わせに座って他愛ない会話を交わす。

「ねぇ、ユンホさん、今日はこんなことがあったんだ」

​​「うんうん、それで?」

​僕を見つめるユンホさんと、ユンホさんを見つめる僕。

 

​彼と出会って随分たつのに、ユンホさんを見るたび僕は、未だに胸がときめく。

 

 

 

ここ一ヶ月、ユンホさんがうちにやってくる頻度が減ってきた。

​僕はそのことが、とても寂しい。

​ユンホさんは、仕事人間だった。

​がっかりした気持ちで、僕はいつものようにウィスキーの水割りを作って、ダイニングテーブルにつく。

​TVはつけない。

​ユンホさんはTVを滅多に見ないから、自然と僕も静寂な部屋を好むようになった。

​ダイニングテーブルをはさんだ向こうは無人だ。

​手を付けられていないグラスの氷はすっかり溶けてしまっている。

​ユンホさんが飲まなかった果実酒を僕は一気に飲み干す。

​ユンホさんが来なくても、僕は馬鹿みたいに彼のために、飲み物を作ってあげる。

​溶けた氷で薄まって、ぼやけた味がした。

​ユンホさんは、毎晩グラスに一杯だけ果実酒を飲んでいた。

​だから、僕はユンホさんが好きだった果実酒のストックはかかさない。

 

いつもは夜にしか訪ねてこないユンホさんが、夕方のうちにやってきた。

休日だった僕は、衣替えをしようとクローゼットの中を整頓していた。

​「ユンホさん、このニット気に入ってたよね?」

​カシミア製のそれは、25歳の誕生日に僕がユンホさんに買ってあげたものだ。

薄手なのに1枚で暖かく、とろりと柔らかな肌触りと亜麻色の色合いが美しい。

​「ユンホさん、着てみせてよ」

「夏だぞ?

遠慮しておく」

​仕方なく僕は、ハンガーにかかったニットを、リビングのカーテンレールに引っ掛けておいた。

 

「このニットを着たユンホさんと、高級レストランに行ったね」

「そうだよ。

ラフな格好で行ったら、まさかのサプライズでさ。

俺だけ浮いてたよな。

交際7年記念だったっけ?」

​「ワインがあんなに高いなんて、びっくりした」

「お前のお金だけじゃ足らなくて、俺も財布をひっくり返したよ」

「それは言わないで!

恥ずかしい思い出なんだから」

思い出し笑いをしながら、僕の目から涙が零れ落ちた。

​ねぇ、ユンホさん。

​僕は全然慣れない。

​今の状況に、全然慣れない。

​貴方がいない毎日に、全然慣れないんだ。

​ユンホさん、僕は貴方に会いたくてたまらない。

ユンホさんは、月に2,3回は出張がある身で、その日の朝も出張にでかけようとしていた。

​前夜、ユンホさんの部屋に泊まった僕は、彼のスーツケースを持って、マンションの下まで見送りに出ていた。

​「生ものには気を付けて下さいよ」

​「胃薬をたくさん持ったから大丈夫」

​「取引先がいやらしいオヤジかもしれないから、気を付けて下さいよ」

​「男の俺に迫ってくる奴とは限らないよ」

「ユンホさんはカッコいいから...心配です」

「大丈夫!

俺の一番はお前だけだよ」

タクシーが到着して、スーツケースをトランクに入れ、ユンホさんがシートにおさまっても僕は名残惜しくて。

 

開けたウィンドーから顔を出したユンホさんにキスをして、

 

​タクシーの運転手さんが咳払いするまで、うんと長いキスをして、

 

タクシーが消えるまで、ずっと見送っていた。

「ホテルに着いたら、電話してくださいよ」

「お前も起きて待ってろよ」

僕とユンホさんが最後に交わした会話だ。

 

よかった、僕もユンホさんも笑顔だった。

 

お互い笑顔だったことが、僕の心を救った。

行っちゃ駄目だ!

 

どうして僕はあの日、ユンホさんを引き止めなかったのだろう。

仕事なんかさぼってしまえよ!

経費の節約なんか気にせず、新幹線を使えばよかったのに!

バスなんか乗り遅れてしまえばよかったのに!

怖かった?

​ほんの少しでも、僕のことを思い出した?

​その晩、どれだけ待ってもユンホさんからの電話はなく、僕からかける電話も通じなかった。

あまりにも打ちのめされて、僕は葬式にも行けなかった。

​「お前のおかげで死なずにすんだよ、ありがとう」って。

 

僕に抱きつくユンホさんの夢を何度みたことか。

「電話して」じゃなくて、

 

「愛してる」って言っていればよかったと、僕は死ぬほど後悔している。

ねぇ、ユンホさん。

お願いだから、戻ってきて欲しい。

僕は、ユンホさんを思い出すたび、いくらだって涙を流せる。

 

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」