【2】大好きだった-水彩の月-

 

 

~チャンミン~

 

ユンホさんを強く恋焦がれる思いが、僕に彼の幻影を見せる。

はたからは、僕はひとりごとを言っているように見えただろう。

けれども、僕は大真面目だった。

 

僕の目には、テーブルの向こうで果実酒をちびちびと飲むユンホさんが映っているんだ。

もうしばらく。

​もう少しの間だけでいいから。

僕の気持ちがしゃんとするまで、ユンホさんに会っていたい。

 

 

 

会社にいる時、友人といる時、僕は平気なふりをしている。

あまりに平然としているから、実は恋人を亡くして打ちひしがれているとは...誰も想像も出来ないと思う。

平気なふりをしているうちに、だんだんとそれが普通になってきた。

ユンホさんの不在が当たり前のようになってきたことが、哀しい。

​ユンホさんがいなくて、僕は息の根が止まるほど苦しいのに...僕は生きている。

 

これからは、ユンホさんがいない世界を生きていかなくてはならない。

ユンホさんが僕の前に現れる日が、少しずつ減ってきたことも、たまらなく寂しい。

寂しいけれど、日常は容赦なく続くわけで、幻想の世界に浸っているばかりもいられない。

 

 

数年ぶりに、職場の同僚たちと飲んで帰宅した深夜のことだった。

リビングのソファで酔いつぶれていると、ユンホさんがすっと現われた。

 

「ユンホさ...」

 

当然、僕はがばっと身体を起こす。

 

ユンホさんの名前を口にしようとしたけど、彼は「しーっ」と人差し指で僕の唇を塞いだ。

 

僕の頭を膝にのせて、手ぐしで髪をすいてくれる。

 

...ああ、そうだった。

僕はこうされるのが大好きだった。

 

「なぁ」

​僕はとにかく酔っぱらっていて、半分眠っている状態で目をつむったまま、ユンホさんの声を聞いていた。

​「お前はもっと、人と会うべきだ、いろんな人とね。

いろんなところへ出かけるべきだ。

​美味いものを食べて、飲んで。

​腹を抱えて笑う日が来て欲しいと、願っている。

​お前はハンサムで、とても優しい奴だ。

お前のことを好きになる奴は沢山いるはずだ。

​俺のことを想ってくれるのは嬉しい。

でも。

​今のままじゃ駄目だ。

いつまでも、悲しみの海の底にいるんじゃない」

ユンホさんの低い声...子守唄のようで、僕を眠りに誘う。

僕の頬に触れる、ユンホさんのニットの袖。

僕がプレゼントした、バター色の美しいセーター。

それがよく似合っていたユンホさん。

「俺は、ずっとお前のことを忘れない。

​お前は、俺のことを忘れるんだぞ?

 

...でも、全部忘れられたら寂しいなぁ。

よし、こうしよう!

1年に1度だけでいい。

ちょっとだけ思い出すだけでいいからな」

ユンホさんは、僕の髪をやさしくなでる。

「​お前をいつまでも引き止めてしまって、ごめん。

ごめんな」

明け方、猛烈な喉の渇きを覚えて目を覚ました僕は、蛇口から流れる水を手ですくって飲んだ。

何度も手ですくって飲んだ。

​濡れた口元を手の甲で拭いながら、リビングを振り返る。

​スーツはしわだらけで、部屋の空気はよどんでいる。

​カーテンをひき、窓を開けて、新鮮な空気を取り込んだ。

​窓の外の明け方の白んだ空に、淡い三日月が見える。

​​僕は異変に気づいて、ハッとする。

​セーターが消えていた。

​カーテンレールには、ハンガーだけが残されていた。

​あのニットがなくなっていた。

​​そっか...。

 

ユンホさんが、持っていったに違いない。

​しんとした心で、僕は確信していた。

​もう、ユンホさんは僕の前に現れることは、ないだろう、と。

僕はもう、ユンホさんに会えなくなった、と。

「しっかりしろ!」

僕は声に出す。

​ぴしゃぴしゃと、頬を叩いた。

​​『お前は生きているんだ』

​夢うつつの中、昨夜、ユンホさんが最後に言った言葉を思い出す。

​『お前は、俺がいなくても大丈夫だから』

​僕はぐっと涙をこらえて、もう一度口に出す。

​「しっかりしろ、シムチャンミン!」

​僕は大きく深呼吸をして、しわくちゃのスーツを脱ぎ、熱いシャワーを浴びるためバスルームへ向かった。

​ほとばしるシャワーと真っ白な湯気の中、むせび泣いていた。

​泣くんじゃない。

熱いお湯が頬を叩く。

 

泣くんじゃない。

しっかりするんだ。

僕はぐっと唇をかんで、心の中で話しかける。

​ユンホさん、ありがとう。

​​今までありがとう。

側にいてくれてありがとう。

 

僕は頑張りますよ。

​​見ていてくださいね。

大丈夫です。

 

ユンホさん。

 

​僕は貴方のことが大好きでした。

​死ぬほど貴方を愛していました。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」