(4)恋人たちのゆーふぉりあ

 

 

〜ユノ〜

 

 

「木曜日はどう?」

 

「あー、ダメだ。

実習が入ってる」

 

「何時に終わるの?」

 

「えっとね...18時」

 

「そっか~。

僕は...金曜日は、びっしり4時限入ってる」

 

「二人とも空いてるのは、水曜日の午後だけか...」

 

「講義の合間には会えるよね?

ご飯を一緒に食べようよ」

 

俺たちはシラバスを広げ、二人揃って講義のない曜日を確認しているところだった。

 

ここはチャンミンの部屋。

 

ぐるりと部屋を見回した。

 

学習机、本棚、ベッド、カラーボックス、きちんと整理整頓されている。

 

水玉模様のカーテンは子供の頃から使っているんだろうな、ピカピカに磨かれた窓ガラスに、チャンミンの性格が窺える。

 

本棚を見れば、その人が分かる、とよく言う。

 

本棚の中身と言えば...辞書や参考書、専門書『社会科学の統計法』(納得)、同じメーカーで統一したノート、絵本(『パンダ君の冒険』)、何冊もの自己啓発書...例えば、『女性部下のマネジメント法』(なぜ?)、『恋愛の科学』(彼なりに悩むところがあるのだろう)...それから...。

 

「!!!」

 

『男と男の恋愛メソッド』...まだ新しい...。

 

チャンミンはテーブルに広げたレポート用紙を、難しい顔をして睨みつけていた。

 

レポート用紙には、上段行に曜日、縦列に俺とチャンミンを記し、さらにその枡を4列に割った表が記されている。

 

俺とチャンミンの受講講義スケジュールを、それぞれ照らし合わせていたのだ。

 

俺たちは学部が異なっていたため、受ける講義も異なれば、教科棟も別々なのだ。

 

隣同士で同じ講義を受けることが出来ない。

 

階段教室の一番後ろの席を陣取り、顔を寄せ合いくすくす笑ったり、机の下でこっそり手を繋いだり...『いかにも』なことが出来ないことが残念だった。

 

(チャンミンに板書を任せ、俺は隣で漫画でも読んでいようか...なんてズルいことは考えていない)

 

救いは、朝から夕方までの4講義が埋まっている曜日は滅多にないこと。

 

午後からの日もあれば、次の講義まで4時間空く曜日もある。

 

その隙間時間を、二人して探っていたわけだ。

 

「よし。

水曜の午後でしょ」

 

と、チャンミンは蛍光ペンでその枡を塗りつぶした。

 

手書きの表と格闘するチャンミンのつむじを、眺めていた。

 

「この講義はユノのところの教科棟で受けるから、会えるね」

 

パッと頭を起こしたチャンミンの、輝いた笑顔といったら!

 

本屋で何冊かの候補の中から、『男と男の恋愛メソッド』を手に取ったチャンミンの姿まで想像できてしまった。

 

それを堂々とレジに持っていく姿まで思い浮かんだ。

 

(こういう面では、引け目のない大胆さがある)

 

チャンミンが愛おしくなってきたのだ。

 

「ユノ...!」

 

俺に押し倒されたチャンミンは、ベージュ色のカーペットの上に仰向けになってしまった。

 

手には蛍光ペンを持ったままだ。

 

俺はそれをチャンミンの指から抜き、テーブルに戻した。

 

チャンミンの「キャップ!」の言葉に、「らしいなぁ」と思った。

 

まだチャンミンがどんなキャラなのか、知らないことだらけなのにね。

 

真ん丸に見開いていたまぶたが数ミリ伏せられ、その色気に誘われた。

 

「していい?」

 

「!」

 

真ん丸に戻ってしまったチャンミンの目。

 

「...今から?」と、掠れた声で俺に問う。

 

「していい?」っていうのは、「キス」のことだ。

 

頭の中では「キス」なんてワードはいくらでも言えるけれど、いざ言葉に出すとなると照れくさい。

 

チャンミンは別の意味...もっとステップアップした言葉だと、受け取ってしまったらしいのだ。

 

「これだよ、これ!」

 

何か言おうと開きかけたチャンミンの唇を、ちょっとだけ乱暴に塞いだ。

 

「...んっ...」

 

真上へ伸ばすチャンミンの舌を、自身の口内で迎えて、頬張り吸った。

 

俺の背にチャンミンの両腕に回された。

 

「ユノったら突然なんだもの...びっくりした」

 

「ビックリしてたわりには...ほら。

そこ...」

 

チャンミンのそこを突いた。

 

「反応してるじゃん」

 

チャンミンはうつむき、ファスナーの辺りで窮屈そうに斜めに浮かんだそれを確認した。

 

「ユノだって同じだよ。

今みたいなえっちなキスされたら、こうなっちゃうって」

 

俺たちの下半身で、噴火口をふさがれたマグマのように出口を求めて滞留している。

 

俺はチャンミンのことが好きだし、荒々しいムラムラを下半身に抱えているしで、彼を前にしていると、心と身体がかっかと熱くなってしまう。

 

さっきは寸止めしてしまったのを、もう1歩進めてみたくなった。

 

チャンミンは立ち上がると、ベッド横の窓のカーテンを閉めた。

 

この後の展開が読めた俺も、立ち上がった。

 

「ごめん...鍵はついていないんだ」と、チャンミンは申し訳なさそうに言った。

 

「お前のばーさんが入ってくるぞ?

『クッキーの追加はどう?』って」

 

クッキーの皿もグラスの飲み物も空になっていた。

 

「そうだね...。

でも、気を利かせてくれるよ」

 

「え~。

分かんないぞ」

 

確かに、俺たちにおやつを持って来てくれた時も、15分後だった。

 

(キスやらハグやらが一通り終わった頃合い?)

 

「もうちょっと...しようか?」

 

「...うん」

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」