【58】NO?

 

 

~チャンミン~

 

 

民ちゃんの出番が終わった後も、僕はしばらく惚けた状態で席にとどまっていた。

 

気付くとショーイングは終了して、席を立つ者たちが僕の前後を通り過ぎていた。

 

腕時計を確認すると、Sが迎えに来てくれる時間まであと30分ほどあった。

 

民ちゃんに会いたくて携帯電話を取り出しかけたが、ポケットに戻した。

 

喉の渇きを覚えてロビーに出ると、人混みでごったがえしていてベンチは満席だった。

 

非現実的な恰好の者がちらほら見えるから、出場した選手やモデルたちもロビーで結果発表を待っているみたいだ。

 

この中に民ちゃんがいるかもしれない。

 

自販機で買った飲み物を飲みながら、人並みの中から民ちゃんの姿を探した。

 

ふと、民ちゃんと初めて会った日のことを思い出した。

 

あの日は駅の改札口で、今みたいにきょろきょろと民ちゃんを探しながら待っていたんだった。

 

当時と今とでは、抱えている心境が全く違う。

 

「いないか...」

 

諦めた僕は、飲み終えた缶をロビー端のゴミ箱へ捨てようとした。

 

あれは...?

 

柱の陰から見えたのは、上背のあるがっちりとした肢体に長髪の男。

 

淡いトーンでまとめたスマートな装いが周囲から浮いている。

 

「ユン...?」

 

どうしてここに?

 

会いたくない人物を見かけて別のゴミ箱を探そうと踵を返そうとした瞬間、ユンの背に隠れていた人物がちらりと見えて僕は立ち止まった。

 

「民ちゃん...?」

 

小さな頭、白い顔、黒髪に青いライン、シルバーの衣裳、まっすぐな脚、そしてあの笑顔。

 

僕の口の中が一瞬にしてからからになった。

 

「あの」ユンと「あの」民ちゃんが対面していることだけでもあり得ないのに、加えて二人の間に流れる親しそうな空気に僕の体温がすっと下がった。

 

ユンのことだから、綺麗な子を見かけてナンパのように声をかけているのでは、と思ったが、民ちゃんのふにゃふにゃになった表情が初対面同士のものには全然見えなかったからだ。

 

なぜ?

 

知り合いか?

 

ユンと民ちゃんとの接点が、これまでどこかであったのか?

 

下がった体温が急上昇して、かっかと熱くなった。

 

僕はつかつかと二人の元に接近する。

 

見逃せなかった。

 

 

 

 

民ちゃんの顔が、メイクの上からでも分かるくらい赤くなっていたのが気に入らなかった。

 

僕はユンの前に回り込み、民ちゃんの二の腕をつかんだ。

 

「民ちゃん!」

 

急に腕をつかまれて「わっ!」と驚いた後、僕だと分かった民ちゃんの顔がぱあっと輝いた。

 

「わぁ!

チャンミンさん!」

 

僕の登場を嬉しがる民ちゃんの様子に、今の僕は喜ぶ余裕がない。

 

会話の途中に乱入する真似は非常識だったかもしれないが、止められなかったんだ。

 

「チャンミンさん、来てくださったんですね!

あれ?

お仕事は?」

 

目を丸くしつつも、呑気そうな民ちゃんに腹がたった。

 

「どうも」

 

僕はユンに形ばかりの会釈をした。

 

「どうも」

 

ユンの方も、意味ありげに笑って会釈をした。

 

「あ...れ?

お知り合いだったんですか?」

 

民ちゃんが僕に尋ねるのではなく、ユンの方を見たのが気に入らなかった。

 

不当に扱われていると感じた。

 

「仕事上で付き合いがあるんだ。

チャンミンさん?」

 

「はぁ」

 

僕は苦々し気に頷く。

 

「あらら、そうだったんですか...。

世間は狭いですねぇ」

 

僕とユンを頷きながら交互に見る民ちゃん。

 

今さらながら、間近で見る民ちゃんが綺麗で、僕の知っている民ちゃんじゃなくて、苛立ちと寂しさが入り混じった気持ちで胸が苦しい。

 

「で?」

 

ユンの方へ視線を向けた後、問うように民ちゃんを見た。

 

自分でも驚くほど、鋭く固い口調だったと思う。

 

「おー!

そうでした」

 

民ちゃんは胸の辺りでパチンと手を叩いて、信じられないことを言った。

 

「ユンさんは、私がお勤めしている会社の社長さんなんです」

 

「え...?」

 

僕の思考が凍り付いてしまった。

 

ユンの会社に勤めているって!?

 

民ちゃんが言ってた「アシスタントの仕事」って、このことか!?

 

ユンが話していた「新しいアシスタントが『使える子』」とは、民ちゃんのことだったのか!?

 

ちょっと待ってくれよ!?

 

「チャンミン...さん?」

 

僕が黙りこくってしまったから、不安そうな民ちゃんが僕のシャツの端をひっぱっている。

 

「おやおや」と余裕の表情のユンに構わず、民ちゃんを睨みつけた。

 

僕は民ちゃんの手首をつかんだ。

 

「民ちゃん、行こう!」

 

「えっ?

えっ?」

 

訳がわからず目を白黒させる民ちゃんを無視して、跡がつくくらいぎゅっと手首を握った。

 

「行きたいんだろう?

僕が見張っててあげるから」

 

「行くって?」

 

僕は民ちゃんの耳元で「トイレ!」と囁いた。

 

「えっと...別に今はそれほど...」

 

「僕がいるうちに、行こう!」

 

「え...でも...」

 

民ちゃんがちらちらとユンをうかがっているのに苛立った。

 

「民ちゃん!!」

 

「う、うん...」

 

「ごゆっくり」

 

口の端をゆがめて笑うユンの、美しく精悍な顔が気に入らなかった。

 

僕はユンに会釈をすると、民ちゃんを引きずるようにずんずんと引っ張って行った。

 

全てが気に入らなくて、苛立って、民ちゃんのお尻を叩いて説教したくて...。

 

とにかく、ユンの近くから民ちゃんを引き離したかった。

 

後で振り返ると、つくづく子供じみた恥ずかしい行為だったけれど、その時の僕はパニック状態だったんだ。

 

民ちゃんがユンの側で働いているなんて...聞いてないよ。

 

 

(つづく)

 

彼女とのHeaven's Day