会社員-愛欲の旅31-

 

 

チャンミンの頭の重みを意識し過ぎて、身動ぎできずにいた。

 

生肌同士がくっついている。

 

無言だから余計に緊張した。

 

照れくさいのだ。

 

両手は湯に沈め、ゆらゆらと泳がせていた。

 

熱めの湯を梳く時の、指と指の間にくぐる感触に意識を集中。

 

「......」

 

「......」

 

(頼むチャンミン!

いつものように場の空気を無視した会話を始めてくれ!

俺はいくらでもお相手をしてやるから!)

 

俺が先ほどから迷っていたのは、「肩を抱くべきかどうか?」という初歩的なことだ。

 

チャンミンは100%、肩を抱かれることを期待している。

 

俺の肩へ「頭こてん」してから、チャンミンは静止したままで、その首はガチガチに力が入っているからだ。

 

それから、チャンミンはBL漫画愛好家で、男同士のアレコレの詳細に詳しいはず。

 

温泉に浸かる男二人、周囲には誰もいない、上気した肌、衣服で隠されていた身体は逞しくて...的な状況下で、俺はどうすべきなのか?

 

チャンミンの期待に応えてやりたい!

 

でも、ここは貸し切り風呂じゃない。

 

いつ他の客たちがやってくるかヒヤヒヤだ。

(同じ社の者だったら最悪だ)

 

だから俺の両手は、無意味に湯をかいているのだ。

 

チャンミンのキャラクター的に、色っぽい雰囲気が似合わない。

 

俺が知っている限り、チャンミンの話し言葉も思考回路も普通じゃないと言わざるを得ない。

 

エロと結びつきにくい。

 

しかし子供っぽいのとは違うから、やる時はやる男に違いない。

 

...つまり、エロスイッチが入った時の話。

 

キスは何度か交わした。

 

SAのトイレでのキスは、烈しくエロかった。

 

仮に今、チャンミンの肩を抱いたとしよう。

 

肩を抱かれたチャンミンは、「ユンホしゃん...」とか言って、俺の胸にしがみつく。

 

俺はチャンミンの顎をつまんで仰向かせ、ぶちゅっとキス。

 

そのキスは熱を帯び、べろべろなものにとなっていく。

 

チャンミンは胸に2個ある小さなポッチをいじられることが大好きだから(『情熱の残業編』より)、ここばかり執拗にいぢめる。

 

浴場にチャンミンの「あんあん」声が響く。

 

俺の手は、チャンミンのアソコ周辺をまさぐる。

 

足の付け根の辺りに俺が探していたもの、取り去るべきものが、指に触れた。

 

(これだ!)

 

 

 

...以上が、俺の妄想シーンだ。

 

(現実では、チャンミンを引き寄せ唇を奪っていないし、股間をまさぐってもいない)

 

「僕の好きな小説でね、主人公が好きな人と温泉にはいるシーンがあるんです」

 

ふいにチャンミンは話し出した。

 

「へえ、どんな?」

 

「二人はね、交際しているんです。修学旅行です。示し合わせて真夜中に温泉に入りにきたんです。お互い裸を見せあうのは、これが初めて。ドッキドキです。『キャッ、逞しいお胸。抱かれたいわ』『色が白いな。華奢なんだな。細い腰だな』とか、裸身をチラ見するんです。逞しっ子が『そんな端っこにいないで、こっちに来いよ』と華奢っ子を手招きするんです。『でも...恥ずかしい』って、もじもじする華奢っ子は手を引っ張られて、逞しっ子の足の間にすっぽりおさまっちゃうんです。それくらい華奢っ子は小さいんです。バックハグ。『お前の肌、すべすべだな』って、逞しっ子は華奢っ子の耳元で囁きます。そして、ぺろって華奢っ子の首筋を舐めるんです。ぺろぺろ。華奢っ子の身体は震えます。そして、「あん」って声が出ちゃうんです。『今の声、なんだよ?』って、逞しっ子の手は華奢っ子の胸のポッチにまわります。(ポッチ、って分かりますよね?過去に捕まって連行されたことがありましたよね?それは困ります)華奢っ子のポッチはきゅーって引っ張られたり、くりくりって転がされたり、先っぽをコソコソされたり。いじられるんです。華奢っ子は可愛い声をいっぱい出すんです。華奢っ子の声の可愛らしさとエロさに煽られて、逞しっ子さんのムスコさんはむくむく成長してゆきます。華奢っ子はドキドキです。だって、逞しっ子のムスコさんがお尻に当たってるんです。位置をずらしたら、ホールインワンしそうです!『ポッチが勃ってるぞ?』『そんなこと...な、なぁぁぁぁぁ、あん』『ちゃんと喋れていないぞ?』逞しっ子はポッチをぐりっと捻ります。『だって...そこばっかり...いやっいや、そこばっか、だめぇぇ』逞しっ子の手はいよいよ華奢っ子の前にまわり、自分のモノより2周り小さいモノをむぎゅっと掴むんです。『だめ、恥ずかしいっ!』華奢っ子は暴れたけれど、逞しっ子は逞しっ子ですからね。当然、逃れられないわけですよ。『俺のがどんな風になってるか...気付いているだろ?』『う、うん...』

...みたいな流れです」

 

「...凄いな」

 

認める。

 

チャンミンの話を聞いていて、ちょっとだけ、俺のムスコが反応してしまったことを。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」