(1)チャンミンせんせとイチゴ飴

 

カランコロンと浴衣女子たちの下駄の音。

 

一帯はガヤガヤざわざわ騒がしく、浮かれた空気で満ち満ちている。

 

日が暮れても蒸した空気は相変わらずで、肌がベタベタする。

 

彼は耳たぶを蚊に刺されムズムズ痒くて、つまんだり引っかいたりしていた。

 

(あ~、かったるいなぁ)

 

頭数を合わせるために呼び出された花火大会の夜店。

 

客寄せの呼びかけや、醤油やソースが焦げる匂い、発電機のエンジン音、子供を叱りつける親の声。

 

「わっ!」

 

ぽん菓子の爆発音に、彼はまともに驚いてしまい恥ずかしさで周囲を見回す。

 

ぶつからずにすれ違うのもやっとの通りでは、誰も彼のことなど気にはしていない。

 

皆、目を離した途端行方不明になること確定の子供たち、夏休み中にくっ付いた彼氏彼女の顔しか見ていないのだ。

 

(心から花火を楽しむ者などいるのだろうか?)

 

キャッキャとはしゃぐ女子と、彼女たちの背に手をまわし、人混みの中スマートにエスコートしている(つもりの)男友達。

 

女子たちは水飴でコーティングされた串刺しのイチゴやレインボーカラーのシロップかけのかき氷、それから揃ってラムネの瓶を手にしている。

 

(あれは食うためのものではない。

持っている自分を可愛く見せるための小道具なのだ)

 

と、彼は意地悪に思う。

 

男友達はビールのプラカップやねじ巻き状の揚げポテト、割り箸に刺した醤油漬けきゅうり、焼きイカと、極めて俗物的だ。

 

30分後に花火が打ち上げられる予定だからと、鑑賞スポットまで移動している途中だった。

 

(花火に見惚れながらも、互いの指はもぞもぞと近づいて、パッと光が弾け彼女の頬が明るく映し出される...そんでもって、ドーンと轟音をバックにチューをするんだろ?)

 

(俺なんていなくていいじゃん。

今、バックレても分かんないよな)

 

彼は頭数合わせの為しぶしぶ参上したのにも関わらず、肝心の女子が1人欠席したことで、必然的にあぶれてしまった。

 

彼の名はユノ。

 

20歳の元気いっぱい、明るく素直な大学生だ。

 

ユノは心の芯から退屈していた。

 

早く帰宅して、恋人の声を聞きたくてたまらなかった。

 

花火大会とは、デート場所の花形だ。

 

その花形な場所へ、ユノは恋人に内緒で訪れていた。

 

「女子もいるけど、2人きりじゃないからOK」だと判断してしまうユノの甘さ。

 

確かにスケジュールは空いているし、誘われて断る理由もないけれど、グループデートということで一瞬間、返答につまった。

 

その一瞬の躊躇をつかれたユノは、

 

「頼む!

ユノはそこにいてくれるだけでいい!」

と友人に泣きつかれ、嫌々頷いたのだった。

 

つい先日、晴れて交際できるようになった恋人がいるというのに、早速、喧嘩の種をこしらえてしまったユノだった。

 

 

ユノには恋人がいた。

 

恋人とは自動車学校の指導員で12歳年上...まあまあな年の差だ。

 

さらに言うと、男性だった。

 

ユノはノンケ。

 

ユノのひとめ惚れから始まった恋。

 

 

ノンケがゲイに恋をした。

 

ドラマティックである。

 

さて、この夜はせっかくの花火大会だったが、あいにく彼氏は仕事だったため、スケジュールは空いていた。

 

自動車学校の補習代を稼ぐ必要がなくなり、アルバイトも週4日でよくなっていたのだ。

(なぜ補習代を稼いでいたかの事情は『チャンミンせんせ!』を読んでください)

 

スケジュールが空いてたから、渋々承諾した...ユノにしてみたら、それ以上もそれ以下もない単純なことだった。

 

恋人のために捧げる時間は増えたのに、社会人と学生とではフリーな持ち時間に大きな差がある。

 

ユノは恋人に会いたい気持ちを抑えて、彼宅へ突撃することを控えていた。

 

(毎日会いたいくらいだ)

 

恋人の休日に、彼から手料理を振舞われたことが一度あったくらい。

 

(俺の彼氏は、とっつぁんぼうや風だけど、年齢はれっきとした『大人』だ。

大人の色気ぷんぷんの30代。

俺は大人の彼氏に相応しい男にならねばならぬ!)

 

2人が付き合い出してまだ2週間だ。

 

健康な肉体を持つ青年2人が恋人同士になって、何もないとは信じられないかもしれないが、2人は唇同士のキスはおろか、2秒以上のハグひとつもしていないのである。

 

 

(つづく)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」