(32)チャンミンせんせとイチゴ飴

 

ユノの愛撫はどこまでも優しい。

 

物足りないくらいのタッチであるにもかかわらず、指が触れたその一点から下半身をおかしくさせるしびれが走る。

 

「女の子相手でもこうだったのだろうか?」

 

チャンミンの思考はそこに及んでしまう。

 

喘いでしまいそうになるのを耐えながら、嫉妬の念が我を忘れるのを邪魔していた。

 

チャンミンが知っている行為とは、相手の身体を撫でまわす間もなく、一刻も早く繋がろうとする性急なものばかりだった。

 

例えば、首筋を噛みつかれ、卑猥な言葉を投げかけられ、下着をはぎ取られ、押し倒されてすぐに指の数を1本2本と増やされている。

 

ところが、ユノの唇も指も優しい。

 

まるで女性のように扱われていると、チャンミンは思った。

 

不思議なことにそれを不快に思わなかった。

 

それどころか、次はどんな風にされるのだろうと期待してしまうのだ。

 

(ユノ...触り方がいやらしい)

 

ユノは相も変わらず...多くの男性がそうであるように、チャンミンの胸先を味わっていた。

 

(せんせ...すご)

 

膨らみのない胸であっても乳首は存在していて、刺激してやると固く尖ることに感動していた。

 

チャンミンの身体は確かに反応しているのに、かすかな喘ぎ声程度ではユノは物足りなくなった。

 

(胸は気持ちよくないのかな...。

男ってそういうもん?)

 

見当違いなところを攻めていたのかもしれないと、不安になったユノはチャンミンの表情をうかがってみた。

 

「せんせ?」

 

チャンミンは手首を噛んでいた。

 

ユノはチャンミンの手首を退けると、耳元で囁いた。

 

「声、我慢しないでください。

せんせの声、聴きたいっす」

 

「声なんて...出てなん...し」

 

チャンミンはぷいっと顔を背けてしまった。

 

「出てますって」

 

ユノは乳首を甘噛みしてみた。

 

「あっ...は...!」

 

ピリッとした痛みが快感となって、チャンミンの中心を刺激する。

 

さっきより激しく...マットレスが揺れるほど、チャンミンの身体が跳ねた。

 

「せんせって...“ここ”が好きなんすね?」

 

「そういうこと、言わないで...」

 

チャンミンは顔を覆ってしまった。

 

両耳は真っ赤だ。

 

「ホントのこと言ってるんすよ。

せんせのここ...すごいことになってる」

 

「...ここって?」

 

「ここっす」

 

と、ユノはチャンミンの固く尖った先端を、指の腹で転がした。

 

「...っふっ!」

 

チャンミンは手の甲を噛んだ。

 

「せんせって...もしかして、すごい感じやすいんすね」

 

ユノの声はどこか楽し気だ。

 

「そんなこと...っ」

 

「だってさぁ...すごい勃ってる。

 

チャンミンは「そういうことは口にしないでくれ~!」と内心悲鳴をあげていながらも、だんだん胸だけでは物足りなくなってきた。

 

「そんなに噛んだら痛いでしょ?

ほら...歯形がついてる」

 

ユノはチャンミンの手を取り、赤い点々が付いてしまった手の甲にキスをした。

 

手の甲に押し当てられた唇はぽってりと柔らかく、熱を帯びていた。

 

(どき)

 

優しく扱われているうちに、チャンミンはふわふわ酔った気分になっていく。

 

俯瞰で見るユノの直線的な眉と伏せた目、通った鼻筋に、チャンミンは見惚れてしまう。

 

ユノはぽぉっと呆けたチャンミンに気づくと、ふっと優しい微笑みを見せた。

 

(いつもと違うせんせ。

すごく、可愛い)

 

難しい顔をして助手席に座っていた姿とのギャップに、くらくらしてしまう。

 

ひととおり乳首を味わったユノは、次にチャンミンの耳たぶをしゃぶった。

 

(今のところ順調だ。

OK。

ちゃんと勃っている)

 

ユノはチャンミンの首筋を吸いながらさりげなく、確認のため自身の下半身に触れてみた。

 

(せんせは気づいているはずだ)

 

ユノの先がチャンミンの脚の付け根に押し付けられている。

 

ユノが抱こうとしている恋人の身体は、自分並みに大きく、体温が高く 柔らかさに乏しく、ちくちく触れるのはすね毛か...そして何よりも、アレがついている。

 

ユノの太ももや腰骨にくっきりと、反応したそれが押し当てられている。

 

(せんせ...やっぱし男なんだな)

 

チャンミンのものを触るか否か、ユノは迷いだした。

 

20年の人生のうち、自分以外のものに触れる機会など皆無。

 

(憧れのせんせのブツに触るなんて...!

なんだか、怖いなぁ。

でも、ここは触るべきなんだろう)

 

チャンミンの股間に向かいかけたユノの手は一度背筋へ戻り、そのくぼみをたどって腰へと下りてゆき、割れ目に到達した。

 

ユノはチャンミンの腰回りを覆うタオルをはぎ取るかどうかを迷い出した。

 

すると...。

 

「はうっ!」

 

主導権を握っていたはずのユノが、声をあげる番だった。

 

「せんせ、何する...ん!」

 

(俺のものがせんせの手の中に...!)

 

バスタオルの合わせから顔をのぞかせていたユノのものを、チャンミンが握ったのだ。

 

チャンミンの手の中に、熱く固く太いものがある。

 

(ドキドキ...)

 

チャンミンは枕元に置かれたリモコンを手探りで取ると、照明を消した。

 

室内の唯一の明かりは、隣室の居間から差し込む光だけで、互いのシルエットがやっと分かる程度。

 

聴覚が鋭くなり、互いの吐息がずっと大きく聞こえる。

 

「せんせ...暗くて見えない」

 

「恥ずかしいから...」

 

チャンミンは、バスタオルから顔を出している自身のものに気づいた途端、しり込みする気持ちが芽生えてしまった。

 

(Tシャツを着ておけばよかった)

 

男の証を目にした時のユノの反応が怖くなったのだ。

 

チャンミンの身体は仰向けにひっくり返された。

 

「あっ...!」

 

「せんせの顔が見たい。

真っ暗はなんか、不安っす」

 

「ユノさんは、暗いところが苦手なんですか?」

 

チャンミンの問いを無視して、ユノはの手はいよいよ、チャンミンの腰に巻かれたバスタオルにかかった。

 

チャンミンはそれより先に、ユノのバスタオルを取り去った。

 

2人は一糸まとわぬ姿になった。

 

(つづく)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」