抱けなかった罪(7)

 

 

チャンミンの爆弾発言に、絶句した。

 

「チャンミン...とうとう頭がいかれたのか?」

 

息が詰まった後、俺は茶化した言葉を口に出すのがやっとだった。

 

「......」

 

チャンミンは本気だった。

 

なぜなら、ひそめた眉の下のチャンミンの瞳が、怖いくらいに光っていたからだ。

 

「お前...自分が何を言ってるのかわかっているのか?」

 

「わかってます!」

 

「前にお前に言ったよな。

好きな奴としろって。

せっかく『その時』がきたんだろ?」

 

「だからだよ!」

 

「Sのこと、好きなんだろ?」

 

頷くチャンミン。

 

「じゃあ、どうして?」

 

「怖いんです...」

 

「好きな相手なら、怖いことなんかあるもんか」

 

「僕が初めてだって知ったら、S君は絶対に引く...」

 

「ずるずるにゆるい奴よりは、全然マシじゃないか?」

 

「それじゃあ、ユノだったらどうですか?

本番前に、彼女が未経験だって知ったらどうですか?

ありがたります?

それとも、重いって思います?」

 

「...」

 

チャンミンの言う通りかもしれない。

 

初めて俺に身を任せてくれたんだと感激できたのは、まだ経験が浅い頃のことだ。

 

今じゃ、性急にコトを済ませたい俺にとって、処女とは邪魔な条件だった。

 

「ほら、そうでしょ?」

 

「うーん」

 

「ユノには、たいしたことないでしょ?

どんな子とでも出来るでしょ?

経験人数に、一人くらい男が加わっても平気でしょ?」

 

「あのなぁ」

 

チャンミンの言葉に傷いた。

 

「ユノの見境のない下半身、なんとかしてください」と、何度もチャンミンにいさめられてきた俺なのに、今の彼の言葉は聞き流せなかった。

 

4年間ずっと、好きで好きで。

 

触れそうになる手を、何度握り締めたことか。

 

俺にモノにされてきた彼女たちには残酷だが、相手がチャンミンの場合は「どうってことない」わけにはいかない。

 

チャンミンが男であることも、躊躇する理由のひとつではある。

 

ひとつではあるが、それは些末なこと。

 

「ユノは、僕が相手じゃ嫌だろうけど...?」

 

「...嫌じゃないよ」

 

「ユノはストレートだし、僕は男だし。

...やっぱり...気持ちが悪いですよね」

 

「チャンミンのこと、気持ちが悪いなんて思ったことはないよ」

 

心からそう思っていた。

 

出会った日からずっと。

 

「ホントに?」

 

「ああ。

チャンミンはチャンミンだ。

気持ち悪いなんて、思ったことは一切ない」

 

「よかった」

 

固かったチャンミンの表情が少し緩んだ。

 

微笑を浮かべたチャンミンが、可愛かった。

 

俺たちは歩き出した。

 

「『俺』で、いいのか?」

 

「ユノだから、お願いしてるんだよ」

 

「どうして、『俺』なんだ?」

 

「ユノを...信用しているからだよ」

 

「やっぱり、Sとした方が...?」

 

「S君の名前をここで出さないでください」

 

「相手が『俺』じゃ、変じゃないか?」

 

「ユノとがいいんです」

 

「なんで『俺』がいいんだ?」

 

「ユノ、しつこいですよ」

 

俺は、チャンミンの口から何を言わせようとしているんだろう。

 

「ユノのことが好きだから」の言葉が欲しいのか?

 

「好きだ」と言い出せない俺の代わりに、チャンミンに言わせようとしているのか?

 

「僕...ユノのこと大好きだよ」

 

「え?」

 

踏み出した脚がぴたりと止まった。

 

立ち止まった俺に気付かないチャンミンは歩き続ける。

 

「モテ男のユノがさ、ホモの味方になってくれて...」

 

「自分のことを、そんな風に言うのはよせよ」

 

隣に俺がいないことに気付いて、チャンミンはふり返った。

 

「チャンミンはいい男だよ。

もっと自信をもてったら」

「ホント?」

「うーん、強いて言えば、もっと筋肉つけてぴったぴたな服着てさ、いかにも...って!」

 

飛びついたチャンミンの両手に頬を挟まれた

 

背が高いチャンミン...俺と同じくらい...の顔が真正面にあった。

 

「ユノ...ありがと。

真剣に僕を叱ってくれるユノが、好きですよ」

 

「......」

 

俺は口がきけず、チャンミンを凝視するばかりだった。

 

口の中がカラカラだった。

 

その「好き」には、恋愛感情は混ざっているのか?

 

「...好きって...男としてか?」

 

ずっと聞きたくてたまらなかったことの、ほんの一片を口に出すのが精いっぱいだった。

 

チャンミンは俺の頬から手を放すと、数秒考えこんだのち、

 

「ユノは男じゃないですか、当然ですよ。

でも、好きなのは確かだよ」

 

と言って、肩をすくめた。

 

「よし!

さっさと、ユノんちへ行きましょう!

僕らにはこれからやることがある!」

 

チャンミンは、俺の手首をつかむとずんずんと歩き出した。

 

俺は何を期待していたんだ?

 

でも、完全に否定されなかったことが嬉しかった。

 

これまで俺は、チャンミンのちょっとズレたところに魅力を感じていた。

 

初彼との初夜のために、男友達に「初めて」を奪ってくれと頼むチャンミンのズレっぷりに呆れた。

 

そんなチャンミンのことが、俺はより好きになっていた。

 

「ユノ、うんと優しくやってね」

 

「あ、ああ」

 

それにしても...。

 

参ったな。

 

この展開は、一体なんだよ。

 


 

チャンミンが浴室から出てくるまでの間、俺はカーテンを閉め、シーツを伸ばし、くずかごの中身を空けてと、そわそわしていた。

 

なに緊張してるんだ。

 

こんな展開、慣れているはずだろ?

 

慣れてるけど、男相手は初めてだ。

 

挿れる場所が違うだけで、後は女の子とのセックスと同じはず。

 

それから...男の裸を見てちゃんと勃つかどうか自信がなかった。

 

だめだ、アルコールの力が必要だ。

 

落ち着かない気持ちを鎮めるため、買ってきたばかりのワインを開ける。

 

ふわっと温かい湿気とシャンプーの香りが漂ってきて、俺は振り向いた。

 

「ユノ、お先」

 

「チャンミン...」

 

浴室から出たチャンミンを見て、僕はまた息が詰まる。

 

「服を着てきてどうするんだよ?」

 

「駄目でした?」

 

「駄目じゃないけど」

 

これまでチャンミンは、俺んちでシャワーを浴びていくことも、泊まっていくことも何度もあったから、湯上りのチャンミンを見るのは初めてではない。

 

意識し出すと、どうしてこうもチャンミンが色っぽく見えるんだろう。

 

濡れ髪に上気して赤くなったチャンミンを、俺は上から下まで舐めるように見てしまった。

 

「上は脱ぎましょうか?」

 

「いいよ、着たままで」

 

ボタンを外しかけるチャンミンの手を制した。

 

「俺もシャワー浴びてくるから、待ってて」

 

狭いユニットバスで壁に手足をぶつけながら、手早く服を脱ぎ、勢いよく出したシャワーの下に立った。

 

俺も迷った末、着てきた服をそのまま身に着けて浴室を出た。

 

チャンミンはベッドにもたれて床に座っている。

 

俺はチャンミンに、ぎりぎり触れるか触れないかの距離に腰を下ろす。

 

「......」

 

参ったな...。

 

めちゃくちゃ緊張するじゃないか。

 

いつものペースを思い出せ。

 

俺はチャンミンの耳の下からうなじへと手を差し込んで、彼の顔をこちらに向かせた。

 

いつもは真一文字に引き結ばれている唇が、うっすらと開いていて俺を誘う。

 

「ホントにいいのか?」

 

コクリとチャンミンが頷いたのを合図に、俺は頬を傾けてチャンミンの唇にそっとキスした。

 

男とキスをするの初めてだった。

 

チャンミンの唇は柔らかく、温かく、押し当てた後、やわく食んだ。

 

喉の奥から、「あぁ...」と漏らしたチャンミンの吐息が甘くて、ぐっと股間の高まりを意識した。

 

ヤバい...。

 

まだ、キスの段階で...。

 

チャンミンはじっとしている。

 

チャンミンも緊張しているんだろうか。

 

唇を合わせながら薄目を開けると、チャンミンの閉じたまぶたとまつ毛が間近で見えた。

 

俺の心臓はもう、爆発しそうだった。

 

 

(つづく)

 

抱けなかった罪(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」