【BL短編】次はどこいく?(後編)

 

 

~チャンミン~

 

 

天井のファンが回る涼しい部屋のベッドの上で、現地のTV番組を見ながらビールを飲んだ。

 

エアコンで冷えすぎた身体を温めようと、バルコニーに出る。

 

湿った生温かい空気に、プランターから漂う南国の花の香りにむせかえりそうだった。

 

手すりから身を乗り出すと、ライトアップされたプールが眼下に見える。

 

「泳いだら、怒られるかな?」

 

「泳いできたら?

ピーって笛を鳴らされて、ホテルの人に見つかったら俺だけ逃げるから」

 

ユノのニヤニヤ笑いに、「薄情者!」と言って僕は膨れるのだ。

 

ユノの小さな鼻が日焼けのせいで光っている。

 

旅はまだ中盤。

 

こんなに幸せで、バチが当たりそうだと思った。

 

 

 

 

目覚めたら、すぐ目の前にユノの寝顔がある。

 

まつ毛が長くてびっくりした。

 

おでこから鼻先まで、鼻筋を人差し指でなぞったら、パチッと目が開いて、その目がにっこりと笑った形になった。

 

「おはよ」のひとことが照れ臭かった。

 

ユノはふわあぁっと大あくびをすると、僕の頬っぺたにキスをしてくれる。

 

日焼けあとが痒いのか、ぼりぼりと背中をかきながらバスルームへ向かうユノの後ろ姿。

 

短い髪なのに、あっちこっちに寝ぐせができていて、僕はくすりと笑ったのだった。

 

僕は朝食ビュッフェ会場へ、スリッパを履いたまま行ってしまい、ユノに脇を肘でつつかれて教えてもらった。

 

泊数と着替えの数を見誤ったユノは、着られる服がなくなって、マーケットで調達することにした。

 

配色センスが独特で、変な柄のシャツを堂々と着ているから可笑しいんだ。

 

後頭部の髪がはねたままだったけど、可愛くて、面白かったから指摘しなかった。

 

どうせこの後、プールで泳いで濡れるだろうからね。

 

起床してご飯を食べて、泳いだりプールサイドで読書して、午後は部屋で昼寝して、涼しくなったらマーケットをひやかし歩く。

 

1着だけ持ってきたパリッとした襟付きシャツは、2日目の夜、ホテルのレストランで食事をとった時に1度着ただけ。

 

あとは、水着でいるか、Tシャツ短パンで過ごした。

 

僕らは、くつろいでリラックスした姿をお互いにさらしていた。

 

 

 

 

帰国前夜。

 

荷造り作業がおっくうで、寂しくて仕方がない。

 

「帰りたくないですー」

 

「帰るのやめようか?」

 

「明後日から仕事だから、無理です―」

 

「辞めちゃえば?」

 

「出来るわけないでしょ?」

 

とっくに荷造りを終えたユノはベッドに腰掛けて、僕の荷造り具合を面白そうに眺めている(ユノはバッグに持ち物を放り込んで、ファスナーを締めるだけ。僕はシワがつかないよう畳んだり、ポーチに入れたりと段取りで時間がかかってしまうんだ)

 

「ユノとまた旅行に行きたいな。

稼がないとね~」

 

「次の旅行代は俺が出すよ」

 

「そんな...悪いよ」

 

「だって、今の旅行はチャンミンの奢りだろ?

次は俺の番。

そうだ!

今回はお土産を好きなだけ買ってあげるよ」

 

「ホントに!?

じゃあ、ドライフルーツがいいです。

マンゴスチン、買ってください!」

 

「マンゴスチン?

なんだ、それ?

オレンジ色の?」

 

「それは、マンゴー。

マンゴスチンは、白くてプルっとしてる果物。

ユノ、ビュッフェで山盛りにしてたでしょ?

あれがマンゴスチン」

 

「ふうん。

いくらでも買ってあげる。

甘いぞ~?」

 

「いいの?」

 

「うん。

スーツケースに入りきらなかったら、もうひとつスーツケースを買ってマンゴスチンをぎっしり詰めて帰ろう」

 

その光景を思い浮かべたのか、ユノは鼻にしわをよせて、くくくっと笑った。

 

そんなユノを見ていたらウズウズしてしまい、おでこに頬っぺたに鼻に、そして唇にキスの雨を降らせた。

 

「もお!

じゃれつくなって!」

 

照れ隠しとくすぐったいのとで、ユノは大暴れする。

 

力ではどうしてもユノに負けてしまう僕は、彼の肩や二の腕をかぷっと噛んでやった。

 

「お!

これならどうだ!」

 

ユノに羽交い絞めにされた途端、僕は抵抗するのを止めた。

 

この後の流れはご承知の通り。

 

僕らは唇を合わせたまま、身にまとったものを全部脱いで、それらをぽーいってベッドの向こうに放り投げた。

 

日焼けで火照った熱い肌同士が、隙間なくぴったりと重ね合う。

 

先ほど互いに塗り合いっこした、カラミンローションの匂いがする。

 

水っぽい音、肌を打つ音。

 

ユノの呻き、僕の喘ぎ、「好き」の連呼。

 

室内が薄暗いのは、外が眩しすぎるから。

 

冷房が効きすぎて寒いくらいなのに、僕らだけは火の玉のように熱いのだ。

 

絶頂の瞬間、シーツを握りしめた僕の手の甲に、ユノの節くれだった大きな手が重なった。

 

僕たちの旅が、もうすぐ終わる。

 

1週間前の空港での出来事が、うんと遠い。

 

小さなスーツケースに、ドライフルーツが詰まっている。

 

マンゴスチンが大嫌いになるくらい、沢山食べてやるから。

 

 


 

 

~ユノ~

 

 

『荷ほどきは終わりましたか?』

 

受話器から聞こえるチャンミンの声。

 

数時間前に別れたばかりなのに、俺は寂しさのあまり泣きそうになる。

 

「だいたい」

 

洗濯機の中で、南国の香りが染みついた夏服が洗われている。

 

明日から現実世界に引き戻される。

 

今日が終わるまでは、旅気分でいさせてくれ。

 

『楽しかったね』

 

「うん。

これまで生きてきたうちで、一番楽しかった」

 

『大袈裟ですねぇ』

 

チャンミンがふふんと、笑った。

 

 


 

 

~チャンミン~

 

 

いい加減、マンゴスチンに飽きてきた。

 

嫌いになりそうだった。

 

誰かに分けてあげればいいのに、欲張りな僕は一人で食べるつもりだった。

 

人にあげたら、ユノとの思い出が減ってしまうから。

 

思い出が逃げないよう、スーツケースも腕が入る分だけしか開けなかった。

 

残りわずかとなった時、取り出しにくくなって初めてスーツケースのファスナーを全開させた。

 

「?」

 

ビニール袋に気付いた。

 

味もそっけもない白いビニール袋だった。

 

「これって...」

 

旅先のマーケットで、ユノが着ていた悪趣味なTシャツが入っていた。

 

南国ではマッチしていたのに、白々とした蛍光灯の日常の景色で見ると、奇抜な色使いは派手派手しい。

 

手にしたこれから、エキゾチックな風が吹いてきた。

 

あの時の空気、音、匂い。

 

汗ばんでベタベタなのに、ずっと手を繋いでいた。

 

ありありと思い出せる。

 

胸に抱きしめると、ユノの香りに包まれた。

 

鼻を埋めて、胸いっぱいに吸い込んだ。

 

犬みたいにくんくん嗅いだ。

 

鼻の奥がつんとして、胸がぎゅうっと苦しくなった。

 

「...あれ?」

 

折りたたまれた紙切れはホテルの便せんで、ユノの文字が並んでいる。

 

飛び上がるほど嬉しい言葉が綴られていた。

 

 

『次はどこいく?』

 

 

涙が出そう。

 

もう泣いちゃってるけどね。

 

ユノに電話をかけなくては。

 

次は寒い国に行こうって。

 

それから、僕もユノが大好きだよ、って。

 

3回発信音が鳴った後、

 

『お!

やっとで見つけた?』って。

 

「あれ...洗濯してませんよね?」

 

『うん。

洗ったら匂いが消えちゃうだろう?』

 

「ナイスです」

 

『チャンミンの好物を仕込んでおいたんだ。

そろそろ、チャンミンが寂しくなる頃合いだっただろ?

くんくんしてもらおうと思ってさ』

 

「うん

...次はパンツが欲しいです」

 

『...本気で言ってるの?』

 

「うん...本気」

 

『よし!

今から会いにいく』

 

「ホントに!?」

 

『ああ。

明日、休みを貰えたんだ。

会いに行ってやるから、そん時にたっぷり匂いを嗅いでくれ』

 

「やった!」

 

僕は跳ね起きて、エプロンを付けてキッチンに立つ。

 

「寒い国と言ったらどこがいいかなぁ」と、いくつもの国を頭に思い浮かべながら、お鍋の中身をかき混ぜていた。

 

 

 

(おしまい)

 

BL的短編集

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」