(57)時の糸

 

 

(いちいち言葉にするな!)

 

チャンミンの切羽詰まった表情に、ユノはうんうんと頷いた。

 

チャンミンは気持ちを落ち着かせようと、ふぅっと息を吐いた。

 

斜めに傾けた頬をユノに寄せる。

 

(緊張する)

 

熱で潤んだユノの瞳が、かすかに揺れた。

 

額同士をくっつけると、互いの鼻先が触れた。

 

2人の額は、熱く火照っていた。

 

(ドキドキする!)

 

ユノはぎゅっと目をつむった。

 

唇同士が触れるだけの、軽いキス。

 

次は、互いの唇の柔らかさを確かめるキス。

 

頬の傾きを変えて、唇の形をたどるキス。

 

恐る恐るだったチャンミンにも勢いがついてきた。

 

唇も顔も閉じ込めるかのように、ユノの両頬を手で包み込んだ。

 

(チャンミンのキス...不器用だけど...いい感じ)

 

わずかに開けた唇の隙間を通して、二人の舌が触れ合った。

 

「!!」

 

とっさにチャンミンは舌をひっこめたが、ユノの熱い手が、チャンミンのうなじにかかって、ぐいっと引き寄せた。

 

「!!」

 

ユノの熱い舌がそっと忍び込んできて、躊躇していたチャンミンもそっと伸ばす。

 

(柔らかい...。

そして、気持ちいい...)

 

いったん唇を離し、顔の傾きを逆にして口づける。

 

さっきより深く。

 

ユノの舌がチャンミンのそれに絡んだとき、チャンミンは自身の中に火がついたのがはっきりと分かった。

 

チャンミンもユノに応えて、彼の中に舌を忍ばせる。

 

知らず知らずのうちに、ユノの頬を挟む手に力がこもった時、

 

(マズイ!

これ以上はマズイ!)

 

下半身の疼きに気付いたチャンミンは、内心焦りだした。

 

頬を包んだ手を、胸に、腰にと滑らしていきたくなった。

 

(...するわけには、いかない...)

 

と、首に巻き付けられたユノの腕がゆるみ、同時に2人の唇が離れた。

 

「ふう...」

 

チャンミンは尻もちをつくように座り込んだ。

 

(ドキドキする。

この感覚は、一体なんなんだ!)

 

ユノに負けないくらい、全身が熱かった。

 

胸に当てた手の平の下で、鼓動が早い。

 

「一緒に寝るか?」

 

ユノはポンポンと、マットレスを叩いた。

 

「えっ!?」

 

思いがけず大きな声が出してしまったことに、チャンミンは驚く。

 

「それとも、うちに帰って寝るのか?」

 

「いやっ、それは...」

 

「寝るだけだろうが。

まさか...チャンミン!

俺とどうこうしようって、考えてたのか?」

 

(どうこうするつもりはなくても、抑えられるかどうか...自信がない)

 

「そばにいて、朝まで」

 

ユノの言葉に一瞬固まったチャンミンだったが、素直に「うん」と頷いた。

 

顔を赤くしたチャンミンは、

 

「失礼します」と言うと、そろそろとユノの隣に横たわった。

 

「!!」

 

(おいおいおいおい!

冗談で言ったのに、本気にしたのか!?)

 

ギョッとしたユノは、触れ合わんばかりに接近したチャンミンを横目で見る。

 

(忘れてた。

チャンミンには冗談が通じないんだった!)

 

「......」

「......」

 

(熱が出てしんどいどころじゃなくなった。

もっと熱が出そう!)

 

(ユノのお世話をする僕が、ユノのベッドに寝てどうするんだ!)

 

いろいろあった1日だった。

 

 

(病院へ行った。

 

ユノとカイ君が一緒にいるところを見て、不快になった。

 

ポンプ室でユノと閉じ込められた。

 

震えるユノを抱きしめた。

 

家に帰って、自分の気持ちを振り返ってみた。

 

その時、自分の気持ちの答えが見つかった。

 

ユノの顔が見たくなって、居ても立っても居られなくなって彼の家を訪ねた。

 

ユノの足の秘密を知った。

 

初めて涙というものを流した。

 

それから...それから...)

 

 

「ユノ...」

 

「ううーん...?」

 

丸まったユノの背中に向けて、チャンミンは言葉を紡ぐ。

 

「僕がここに来たのは、ユノに話があったからなんだ。

その話っていうのは...」

 

チャンミンは深呼吸して、続きの言葉を紡ぐ。

 

「伝えたいことがあって、ここに来たんだ。

あの...。

僕は...」

 

「......」

 

「僕はユノが好きです。

好き、です」

 

「......」

 

「ユノ?

聞こえた?

僕はユノのことが、好きです」

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」