(60)時の糸

 

 

「...となると」

 

(これからの俺らは、どうなるんだ?

『付き合う』ことになるのか?

チャンミンには、『俺らはこれから恋人同士になるんだからな』って宣言してやらないと。

教えてやらないとな。

あいつは誰かと深い関係を持つこと自体が初めてだから)

 

 

トイレの便座に腰掛けたユノがくすくす笑っていると、ドアがノックされた。

 

「ユノ?

大丈夫?」

 

「大丈夫!」

 

(チャンミンには友人もいない。

ひとりぼっちなんだよな)

 

「うーん...」

 

自宅と職場の間を往復するだけのチャンミンの毎日を知っているユノは切なくなった。

 

ある休日、チャンミンを尾行したユノは、どの日であろうと半日をジムで過ごした後、食料や日用品を買い物しただけのチャンミンを確認しただけだった。

 

 

(チャンミンの心は今、俺に向かって開かれている。

彼のことを大事にしてやらんとなぁ)

 

 

一方、チャンミンは部屋とトイレのドア前を何度も行ったり来たりうろうろしていた。

 

ユノがなかなか自分を呼ばないことを心配し出してきた。

 

 

(倒れているんじゃないだろうな。

起き上がろうとしたらふらつくくらい熱も高かった!)

 

 

ドアの前で耳をそばたててみると、「うーん」とうなる声がするだけでその他の物音がしない。

 

 

(呻いているのか!?

大変だ!)

 

「ユノ!!」

 

チャンミンは鋭くドアをノックする。

 

「大丈夫か!?

開けるよ!」

 

ユノの返事を待たずにチャンミンはドアを開けた。

 

「あっ!

こら!」

 

「ユノ...」

 

便座に腰掛けたユノを前にチャンミンは、ほっと息をつく。

 

「よかった...」

 

「あのなー。

いくら男同士だからって、用足し中を覗かれたら恥ずかしいぞ?」

 

「ごめん。

『大』だったんだね」

 

「おい!」

 

「10分も出てこなかったら、心配するだろう?

倒れてたらマズイと思ったんだよ」

 

ユノの指摘に顔を赤くしたチャンミンは、ユノを睨みつける。

 

「もう済んだ?」

 

「うん」

 

 

ユノの背中とひざ下に腕を回して、チャンミンはユノを抱え上げた。

 

「下ろせ!」

 

「うるさい」

 

(トイレの往復にお姫様抱っこだなんて、恥ずかしい!)

 

「歩けるってば!」

 

「その足じゃ無理だろう?」

 

「う...」

 

ユノをベッドに寝かすと、チャンミンもユノの隣に横になった。

 

「!!」

 

(おいおい、一緒に寝るつもりか?)

 

さも当然かのように行動するチャンミンの行動に、ユノはぎょっとしつつも新鮮な気持ちになる。

 

(そうだった。

チャンミンはちょっとズレてる君、だった)

 

 

「朝までここに居ても、いい?」

 

「え...?」

 

「欲しいものや、やって欲しいことがあったら、いつでも僕を起こしてよ」

 

鼻先までかぶった布団の端から、チャンミンの丸い両目がユノをまっすぐに見つめていた。

 

「よしよし」

 

思わずユノは手を伸ばして、チャンミンの頭をくしゃくしゃにする。

 

「子供扱いするのは止めて欲しい」

 

「あははは」

 

(この子を大事にしてやろう。

チャンミンの気持ちを、しかと受け止めよう)

 

「ねえ、ユノ」

 

「何?」

 

「ユノの足のこと...教えてくれるかな?」

 

「え...?」

 

「ユノのことをいっぱい知りたいんだ。

僕に教えて?」

 

(他人に無関心なチャンミンが、俺のことを知りたいだって。

感動する...)

 

「なんで?」

 

「ユノのことが好きだからに決まってるじゃないか?」

 

「......」

 

(ストレート過ぎる。

へぇ、チャンミンの本来のキャラって、こんな風なんだ)

 

「大したことないよ。

怪我をしただけ」

 

チャンミンはじぃっと、言い渋るユノを真剣な顔で見つめている。

 

詳しい話を聞くまで絶対に目を反らさない意気が、びしびしとユノに伝わってきた。

 

(そうだよなぁ、チャンミンは何も知らないんだよなぁ。

話したって構わないよね。

適当なことを言ってあしらうわけにもいかない)

 

そう思い直したユノは打ち明け始めた。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」