(64)時の糸

 

 

~チャンミン~

 

 

あの夜。

 

帰宅した僕は真っ先にシャワーを浴びた。

 

ユノの部屋を出て、火照った身体を覚ましたくて、タクシーは止めて氷点下の寒空の下、歩いて帰ることにしたのだ。

 

もんもんと頭の中で渦巻く想いを吹っ切りたくて、早歩きだったのが小走りになり、駆け足になり、マンション下に着くころには汗だくで息も切れそうだった。

 

脱いだコートを腕にひっかけ、エレベータで階数ランプを見上げている間、僕の鼓動は壊れそうに早い。

 

その理由は、走ったせいなのか、身体の奥底から湧き上がる妙な感情のせいなのか、わからなかった。

 

そんな訳のわからない心の嵐を吹っ切りたくて、冷水のシャワーを頭からかぶる。

 

下腹の底の、重ったるい感覚。

 

この感覚は、単なる生理現象で片付けられない。

 

『そういう気満々だろ?』とユノに言われて、理性を失くした自分の行為が恥ずかしくなった。

 

ユノと間近で接すると、ユノにもっと近づきたいという衝動に襲われるんだ。

 

『そういうこと』が、どういうことなのかは、知識として知っている。

 

うろ覚えの僕の過去をどれだけ頭を振り絞ってみても、全く身に覚えがないのだ。

 

だから、男性に対して『そういう感情』を抱くのはこれが初めてなんだろう。

 

顎がガチガチと震うまで全身を冷やしたのち、今度は火傷しそうなくらい熱いシャワーに切り替えた。

 

自身の肉体をいじめて、もんもんとした感覚を追い出したくて。

 

今までの僕は、こんな風じゃなかったのに。

 

体調の悪いユノに無理やりキスをしたり。

 

押し倒したり。

 

...一体何やってんだよ。

 

恥ずかしい限りだけど、あの時は沸き起こった欲求に突き動かされていて、気付いてたらそうしてた。

 

白く曇った鏡を片手で拭って、雫をしたたらせ、上気した自分の顔を映してみる。

 

以前、ユノが浴室に乱入してきた時も、こんな風に鏡に映った自分を子細に眺めていた。

 

普段から自分の顔をこうやって検分するように見ることはないし、自分の身体つきがどんなだかにも興味はない。

 

休日のルーティンにジム通いを組み込んでいるのは、身軽に健康でいたいだけのこと。

 

一瞬、視界が揺れたかと思うと、がくんと膝の力が抜けた。

 

反射的に洗面ボウルをつかんだ手によって、崩れ落ちるのを免れた。

 

鏡の中の自分と目を合わせるのは、やっぱり危険だ。

 

鏡に映るこの顔が、自分のものなんだという実感が希薄なことを、思い知るからだ。

 

こめかみがずきずきとうずいてきた。

 

頭痛の前兆。

 

俯いていた頭を起こすと、足先から膝、太もも、下腹部へと順に視界に入る。

 

僕の目に映る身体にさえも、違和感がある。

 

ドキドキするとか、嬉しいとか、いい匂いだなとか、柔らかいなとか...五感は確かに自分のものなのに、それを感じる僕の身体が、自分のものじゃない気がする。

 

僕はやっぱり、おかしい。

 

こんな風じゃなかったのに。

 

一人でいると、不安と困惑に襲われる。

 

ユノのベッドにもぐりこんで、背中に彼の体温を感じたかった。

 

 


 

 

この日は通常より2時間早く終業し、落ち葉焚きが開始された。

 

スタッフたちの家族や友人たちも参加し、アルコールもOKで、くだけたムードで皆が笑顔だった。

 

同僚のMは、目下アタック中だという男性を招待していた(外国語教室の講師なのだそう)

 

ユノは、SとSの夫Uを友人として呼んでいた。

 

Sにしてみたら、ユノの担当であるチャンミンを観察する目的もあり、半分は仕事を兼ねている。

 

UはSの元被験者で、小柄で線の細い、眼鏡をかけた大人しそうな男性だ。

 

キビキビとしたSとは対照的だが、目配せだけで通じ合う信頼関係が二人の間で築かれているようだ。

 

SはUの観察者を3年務めた。

 

エプロン姿のユノは、エントランスまでSたちを出迎え、落ち葉焚き会場のドームまで案内した。

 

「差し入れです」

 

Uはアルコールのボトルを掲げてみせた。

 

ユノに案内されて、Sは目がくらみそうに高いドームの天井を見上げ、感嘆の声を漏らす。

 

「ねぇ、ユノ、大丈夫なの?」

 

「大丈夫?って何が?」

 

「焚火、っていったら、火だよ?

あの子...平気なの?」

 

Sの質問に、ユノは肩をすくめる。

 

「さあ、分かんない。

もしかしたら、フラッシュバックして意識失うかもしれないから、それに備えてSを呼んだわけさ。

チャンミンに『参加したら駄目』なんて言えないよ。

まさか、こんなイベントがあるとは思わなかった」

 

「強い刺激も、かえっていいかもしれないわね。

反応が一気に進めば、お目付け役もいらなくなるから。

...ユノ、複雑でしょ?」

 

「うん」

 

(嬉しい反面、寂しいってのは確かだ。

チャンミンの担当を外れたら、もう近くにはいられない)

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」