(69)時の糸

 

 

〜チャンミン〜

 

 

飲み物を運ぶユノを手伝いに来たのに、こんなところで時間をつぶしてしまった。

 

踵を返す僕に、「待って...」と彼女は引き留めたけど、僕は無視して早歩きで先を急いだ。

 

「知らない」を貫いたのに、確かに「知らない」のに、とても後味が悪かった。

 

あの女の人に対して、不親切でぶっきらぼう過ぎたと自分の行いに反省をしていた。

 

それからもう一つ。

 

実は僕が忘れてしまっただけで、ホンモノの昔の知り合いだったかもしれない可能性を、ちらっと考えてしまったからだ。

 

早くユノの顔が見たい。

 

安心したい。

 

 

エントランスからドームへ行くには、事務所の前を通らないといけない。

 

早歩きが小走りとなったとき、

 

「あれ...?」

 

事務所から人声がした。

 

戸は開け放たれていて、事務所の斜め奥に巨大なソファを置いた休憩コーナーがある。

 

ぼそぼそとした話し声はそこから聞こえてきて、ゴムの木が邪魔で誰がいるのかまでは分からない。

 

興味を失った僕は事務所に立ち入らないで、通り過ぎようとした。

 

「ありがとな、カイ君」

 

「!」

 

ユノの声。

 

つんのめるように足を止めた僕は、気付けばゴムの木の向こうに駆けつけていた。

 

「チャンミンさん...」

 

2対の目が僕に注目していて、その片方の人物に僕の胸に不快感が広がった。

 

ユノはソファに足を伸ばして座っていて、二人の手の間にグラスがあった。

 

「何してる...?」

 

かすれた固い声になってしまった。

 

ユノは僕の登場に驚く風でもなく、僕をもっとムッとさせたのは、僕の問いに応えなかったこと。

 

青ざめたユノの顔色のことも、立ち尽くす僕を余裕ある表情で見るカイ君のことも、僕の視界に入らなかった。

 

だらんと落とした両手はこぶしを握っていた。

 

この感覚は...休日の街角でこの2人を見かけた時や、ガーデンチェアに並んで座る2人と鉢合わせになった時と、同じだと思った。

 

ぎゅうっと胸が締め付けられて、呼吸が浅くなる、とても嫌な感覚だ。

 

身体も熱い。

 

「ユノさんに休んでもらっていただけですよ。

チャンミンさん...。

顔が怖いですよ」

 

カイ君の落ち着いた声に、僕は我に返る。

 

「っ...」

 

そうか、今の僕は怖い顔をしてるのか...。

 

ぷいと顔を背けた。

 

「水じゃなくて、温かいものの方がいいですか?」

 

ユノは震えているのか、口をつけたグラスがカチカチと音をたてていた。

 

水攻めになったポンプ室での凍えたユノの姿が瞬間、思い浮かんだ。

 

僕の確かな記憶だ。

 

「どこか悪いのか?」

 

自分の不快感のことより、具合の悪そうなユノのことが気になってきた。

 

自分のことでいっぱいいっぱいな自分が、恥ずかしくなった。

 

「...大丈夫、ちょっとビックリしただけだから...」

 

ユノの声は囁くように小さくて、確かに具合が悪そうだった。

 

ソファの足元に膝まずいて、ユノを覗き見た。

 

「大丈夫、か?」

 

「二人のメンズにかしずかれて、これは夢かね?」

 

「え?」

「あはははっ!」

 

きょとんとする僕と、弾けるように笑ったカイ君と、反応は正反対だった。

 

僕の背後で空気が動いて、振り向くとさっきの女性がいた。

 

まさか、僕を追いかけて来たのか?

 

心中で顔をしかめた。

 

「姉ちゃん!」

 

「!?」

 

カイ君は立ち上がると、ゴムの木の前に立つ女性に向かって言った。

 

「遅いよ。

パーティーはもうすぐ終わりそうだよ」

 

姉ちゃん...?

 

「そうだ!

紹介しないとね」

 

カイ君はユノと僕を交互に見ると、片手でその女性を指し示した。

 

「この人は僕の姉、YKです」

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」