(81)時の糸(ホミン)

 

【ホミンVersion】

 

 

一旦みぞおちまで落とした片手を、今度は喉元へと上昇させてゆき、途中でひっかかったそこでその手を止めた。

 

「...っん!」

 

ユノの中指の爪に弾かれた時...小指の先より小さな箇所から、みぞおちへと走った痺れ。

 

(なんだ、これ?)

 

チャンミンは初めての感覚に戸惑った。

 

ユノの口内で踊っていたチャンミンの舌が停止したことに、ユノは嬉しくなった。

 

「チャンミン...ここ、もうちょっと触ってもいい?」

 

「...どこ?」

 

普段のユノだったら、「とぼけるのはお止め」と言っていた。

 

ユノは「ここ」と言って、チャンミンの胸でつんと尖った突起をくすぐった。

 

「っん!」

 

「ここ。

触られて...どう?」

 

ユノは指の腹でくるくる転がすと、次第にそれは硬さを増してゆく。

 

縮こまったチャンミンのそれを、強弱をつけて摘まんでみせた。

 

「...そこっ...ダメっ...ダメみたい!」

 

自身の全神経がユノの二本の指に挟まれた一点に集中し、そこから走る電流が付け根の緊張を高めてゆくのだ。

 

(くすぐったいのに、ゾクゾクする!

...僕は、ここが弱いみたいだ)

 

「ここ?」

 

「っんん!

ダメだ、ダメだって。

そこばっかは!」

 

チャンミンの胸先ばかり攻めてその反応を楽しんでいるらしいユノ。

 

ユノの手を払いのけるたび、執拗にユノの手はチャンミンの弱いところにリターンしてくるのだ。

 

小さな1点をなぶられただけで呼吸を乱すチャンミンの姿に、ユノはどこか新鮮な気持ちになった。

 

チャンミンの方も、自身の甘く切なげな声に、「僕って...可愛い声を出すんだな」と新鮮な気持ちを抱きつつ、その喘ぎ声に煽られてゆく自分の驚いていた。

 

「ぷっ...声が可愛い...」

 

きゅっとつまむ指に力をこめる度、チャンミンの全身が痙攣する。

 

「待って!

そこ、そこばっかは!」

 

爪でひっかいてみると、喉をみせてのけぞった。

 

(...チャンミン...感じすぎだろ。

ちょっとしか触っていないのに、この反応。

YKさんにいじられてきたのかな...彼女、情熱的なキャラっぽいから。

...面白くない)

 

そして、意のままにもだえるチャンミンの姿に、ユノの欲の炎が焔が立ち上がり、今度はそこに吸い付きたくなった。

 

「すごいねチャンミン...。

カチカチになってる」

 

そう言ってユノは、おそらく大赤面しているだろうチャンミンにキスをする。

 

「そういうことっ...言うな!」

 

恥ずかしくて仕方がないチャンミンは、顔を背けてユノからのキスから逃れた。

 

「本当のこと言ってるだけ。

へぇ...ここが弱いんだ。

...舐めてもいい?」

 

「だから、そういうこと言うな!」

 

顔を背けたままのチャンミンの頬にチュッとキスをすると、ユノはその唇を耳の下から喉、首筋へと落としていった。

 

ユノはわずかに開けた唇から舌をのぞかせ、舌先でつつつ...っと、チャンミンの肌を味わった。

 

温かく柔らかいユノの舌は、途中で喉仏へ、鎖骨へと寄り道をしながら、チャンミンの敏感な1点を目指している。

 

いよいよそこに到達したユノは、すぐには口にふくまない。

 

尖らせた舌の先端で、つんつんと弾くだけ。

 

「...あっ、ダメ...!

ダメだよ!」

 

(お~、感度良好。

チャンミン、可愛いなぁ)

 

(マズいマズい、マズいって。

なんだよ、この声は。

自分の声じゃないみたいだ!)

 

チャンミンの反応を一通り楽しんだ後、ユノはようやくそこを食む。

 

「はっ...ああっ...!」

 

指でいたぶられたのとは反対側を攻められて、予想外の刺激にチャンミンがあげた声は大きかった。

 

(ここばっか攻めても、可哀想だなぁ)

 

ユノは胸先から唇を離し、屈んでいた身を起こした。

 

そして、チャンミンの背に腕を回して、力いっぱい抱きしめた。

 

チャンミンもユノも感じ取っていた。

 

やわらく押しつぶされていた前が、むくむくと堅さと長さを増していって、跳ね返さんばかりになっていることを。

 

興奮の度合いを物理的に肌で...それも、最も敏感な箇所で...如実に表れて、意志の力ではごまかせない箇所で...感じ取ったことで、いよいよスイッチが入った。

 

「ねえ、ユノ。

ユノの...触ってもいい?」

 

「は!?」

 

「それ...触ってもいい?」

 

今度はユノが慌てる番だった。

 

チャンミンはユノの背中から前へと、その手をじりじりと移動させている。

 

その手は緊張と恥ずかしさで震えていた。

 

「触って」と答える前に、ユノはチャンミンの手を自身のそこに誘導した。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」