義弟(7)

 

 

~ユノ33歳~

 

 

3か月も過ぎれば、気心が知れてきたのか、それとも、不貞腐れているのも面倒になってきたのか、チャンミンの口数が増えてきた。

 

俺を睨みつけることも、ほとんどなくなった。

 

俺のことが嫌でたまらないのなら、毎週律義にアトリエに通わないはずだ。

 

もっとも、要らないと首を振るチャンミンの手に無理やり握らせたバイト料が、かなりの金額だったこともあるのかな。

 

 


 

 

ヌードを描くつもりは全くなかった。

 

8号から10号サイズの、事務所に飾れる程度の小作品のつもりだった。

 

だが初デッサンの日、チャンミンが大胆にも脱いでしまい、俺の指示する前にはもうソファに横たわっていた。

 

己がとった行動に俺がどう反応するかを、面白がる...挑戦的な...目で、俺を見上げていた。

 

子供と大人の端境期らしい、どこか不格好な骨格を鉛筆でたどり、凹凸が作る影と光を指の腹や練り消しで作った。

 

描き散らかした十数枚のデッサン画の中から、「これだ」というポーズが見つかった。

 

たっぷりとドレープをきかせた黒のビロード布に、チャンミンは半身を起こして横たわっている。

 

長すぎる前髪が、チャンミンの片目を覆ってしまっていたため、ソファの彼の元に歩み寄る。

 

前髪を耳にかけてやったとき、チャンミンの長いまつ毛で縁どられた上瞼が震えた。

 

まぶしいものでも見るようにチャンミンの目が細められ、それが不意打ち過ぎて、俺の手が止まる。

 

たまに見せるチャンミンの表情に、俺の肌が粟立った。

 

この感じは...なんとなくその正体が分かりかけていた。

 

その度に俺はぎゅっと目をつむって、そう認識しそうになるのをシャットアウトする。

 

いけないことだからだ。

 

 

 

 

チャンミンを男として描くつもりはなかった。

 

女としても描くつもりはなかった。

 

テーマは決まった。

 

俺が初めてチャンミンを目にした時、感じたイメージ。

 

妻Bの弟で、15歳の少年に対して抱くものにしては、破廉恥なイメージ。

 

チャンミンの両親には絶対に見せられない類のものに、仕上がりそうだった。

 

男娼、という言葉が頭に浮かんだのだ。

 

ゴヤの作品に、『裸のマハ』というのがある。

 

その像がずっと、チャンミンを見てからずっと、俺の頭からこびりついて離れてくれない。

 

いっそのこと、イメージ通りに実現させてしまえばいいじゃないかと、俺は開き直ったのだ。

 

一糸まとわぬ少年を、ビロードの布を拡げた上に寝かせる。

 

両腕を頭の後ろで組ませる。

 

初日にチャンミンが、俺の前で見せた...『裸のマハ』と同じ...ポーズをほぼそのまま採用することにした。

 

太ももまでの網ストッキングを履かせ、男の部分は片手で隠す。

 

チャンミンを妖しく彩ることに、俺は夢中になっていた。

 

Bには、黙っていた。

 

Bの方も、夫が自身の弟をモデルに作品に描いてことは知っているが、詮索しなかった。

 

 


 

 

「...そのブレスレット...?」

 

「ああ」

 

チャンミンの言葉に、俺は手首に巻いたプラチナ製のそれに触れる。

 

「誕生日だったんだ」

 

「...そうですか」

 

Bから贈られたものだった。

 

肘まで袖をまくし上げた時、ブレスレットを付けたままなことを思いだした。

 

忘れていたのは、チャンミンと共に描かれる小道具の選定で、頭がいっぱいだったから。

 

しゃらしゃら音をたてるのがうっとうしく、外してしまう。

 

チャンミンに履かせた網ストッキングのねじれを直してやる。

 

ガーターベルトを着けたら過剰になるな...何かもっと、いい小道具はないものか。

 

「うーん...」

 

俺は立ち上がり、数歩下がって目を細めた。

 

「姉さんから、ですか?」

 

チャンミンからの問いかけに「ああ」、とそっけなく答えた。

 

Bの話を出すことを躊躇してしまったのは、これが最初だった。

 

なぜだろう?

 

俺はもう一度、ひざまずいて限界まで網ストッキングを引き上げた。

 

黒の網目格子から、浅黒いなめらかな肌がのぞいている。

 

チャンミンは背もたれに垂れていた片腕を下ろし、その手で包み込むように股間を隠した。

 

いつもなら堂々とさらけ出しているくせに、俺の顔が30センチの距離に接近して、さすがに気恥ずかしくなったのか。

 

俺の方こそ...。

 

そのか細い指を目にして、身体の奥底から沸き起こった熱いもの。

 

俺はチャンミンから目を反らし、その嵐が去るのを呼吸を整えながら待った。

 

俺がおかしくなってしまう前兆が、この時すでに現れていたのかもしれない。

 

 

 

 

翌週、いつものようにポーズをとるチャンミンの足元に俺はひざまずいた。

 

「チャンミン。

頭を下げて」

 

ビロード張りの小箱から取り出したものを、チャンミンの長い首にかけた。

 

呼吸に合わせて上下する胸の谷間を、真珠の粒が彩る。

 

平らな胸に真珠のネックレス。

 

人造真珠じゃ駄目だった。

 

Bが俺に贈ってくれたブレスレット...おそらく、高級ブランドもの...以上のものだ。

 

先週、チャンミンを帰した後、宝飾店まで車を走らせた。

 

ブレスレットはもう外していた。

 

チャンミンの前では付けまい、と決めたのだ。

 

なぜか?

 

あれを付けていたら、フェアじゃない気がしたのだ。

 

フェアって、どういう意味だ?

 

うまく説明ができない。

 

エアコンだけでは肌寒いため、ソファの側に灯油ストーブを置いていた。

 

裸のチャンミンに風邪をひかせたらいけない。

 

それでも十分ではなくて、チャンミンのくすんだピンク色のものが、小さく尖っていた。

 

たまらない。

 

口に含んで、温めほぐしてやりたいと思う俺はどうかしている。

 

 


 

 

~チャンミン15歳~

 

 

自室に置いた鏡の前で、僕は全裸になって立っていた。

 

鏡に映る自分を、ためつすがめつ眺めていた。

 

不格好だ、と思った。

 

以前の僕なら、無駄なものがなくて、中性的で、悪くないと満足だった。

 

けれども、義兄さんのアトリエで裸婦画を見て以来、自分の身体つきを恥ずかしく思うようになった。

 

義兄さんの前では、堂々としていた。

 

年をとった義兄さんが失った若さを、今の僕は持っているんだぞ、と。

 

僕の整った顔にふさわしい、余分のない身体なんだぞ、と。

 

でも、そうじゃないことを知ってしまった。

 

鏡の前で胸から腹に向けて撫でおろしてみた。

 

手の平に触れる肌はすべすべしているけれど、指をはね返す弾力がない。

 

腕も脚も長いばかりで、動物の脚みたいだ。

 

その手をもっと下に滑らせて、指先がふさふさとしたものに行き当たる。

 

柔らかくしぼんだものを、そっと握ってみる。

 

義兄さんはきっと...服の上から想像するしかできないけれど...きれいに筋肉がついたカッコい身体をしているに違いない。

 

顔は天使で、身体はデッサンで使う彫像みたいなんだ、きっと。

 

僕とは違う。

 

手の中のものが膨らんできたことにぞっとして、鏡の前から身をひるがえしベッドにダイブした。

 

僕はどうなってしまうのだろう?

 

 

(つづく)

 

 

義弟(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」