【6】大好きだった-Don’t Wanna Cry-

 

 

~ユンホ~

 

 

「...ごめん」

 

チャンミンと繋いだ手が、汗ばんでいる。

 

「謝らないでください」

 

チャンミンは手を離すと、俺の両肩に手を置いて覗き込んだ。

 

チャンミンの顔は闇夜に包まれてしまって、表情はうかがえなかった。

 

「ごめん!」

 

涙が出そうなのをこらえる。

 

泣いたらいけない、涙はずるいから。

 

「ユノ...」

 

「ごめん。

いつかは言わなくちゃいけないと思ってた」

 

「ユノ...」

 

「ごめん。

チャンミンはずっと、俺のそばにいてくれて...」

 

駄目だ。

 

涙を止められない。

 

「チャンミンは...っ...。

いっぱい...いっぱい...。

俺を支えてくれたのに...」

 

涙が次々とこぼれて、鼻水も出てきて、しゃくりあげてうまくしゃべれない。

 

「ずっと...ずっと...。

チャンミンだけを好きでいたかったのに...。

本当に...ごめん!」

 

「違います!」

 

チャンミンは大きな声を出すと、腕を伸ばして俺を引き寄せた。

 

「違うんです。

悪いのは、僕の方なんです」

 

チャンミンは俺の首筋に頬を埋めると、吐き出すように言った。

 

「僕が貴方を引き留めていたんです」

 

 

 

 

 

 

あの日。

 

あの冬の日。

 

5年前。

 

冷たいみぞれ雪が降る夜。

 

こんな天気に、こんな時間に、カラスみたいな恰好の男を、公園で降ろしたタクシーの運転手さんはどう思っただろう。

 

池には薄氷が張っていた。

 

黒いコートも黒い靴も脱いだ。

 

黒いネクタイもむしり取った。

 

氷のように冷たい鉄柵をつかんで、上半身を乗り出した。

 

身体を痛めつけてやる、凍り付かせてやる。

 

空からぼたぼたと落ちる氷水が、黒いスーツをどんどん濡らしていった。

 

チャンミンのいない人生なんて、想像がつかなかった。

 

自分の人生プランに、こんなイベントが起こるはずがなかった。

 

断じて受け入れたくない!

 

チャンミン。

 

チャンミン。

 

チャンミン!

 

どうして俺を置いていってしまったんだ?

 

続きを楽しみにしていたドラマも、まだ途中だぞ。

 

誕生日プレゼントは、もう用意してあるんだぞ。

 

一緒に暮らそうって、部屋を探してた時だったんだぞ。

 

どうして冷たくなってしまった?

 

そんな怖い顔していないで、笑えよ。

 

目を開けて「じろじろ見ないでください」って笑ってくれ。

 

笑えったら!

 

チャンミンのいない人生なんて、あり得ない。

 

チャンミンの元に行きたい。

 

靴下履きの足を柵にかけた時、ぐいと腕を引っ張られた。

 

「何をやっているんですか!」

 

チャンミンが現れた。

 

チャンミンだ!

 

引き寄せられたチャンミンの胸が、頼もしくて温かくて。

 

「貴方は、僕がいないと駄目ですね」

 

俺が大好きだった、紺色のダッフルコートを着ていた。

 

「おうちへ帰りましょう」

 

そう言ってチャンミンは手を差し出した。

 

手を握るだけじゃ足りなくて、チャンミンの首に腕を回して、思いっきり抱きしめた。

 

首筋に鼻をくっつけて、チャンミンの匂いを吸い込んだ。

 

よかった、温かい。

 

よかった、チャンミン生きていた。

 

よかった、チャンミンが戻ってきた。

 

それとも...。

 

俺は、あの世に行けたのかな。

 

あの世のチャミンに会えたのかな。

 

あの世で、チャンミンと手を繋いでいるのかな。

 

どちらなのか分からなかった。

 

どちらでも嬉しかった。

 

幸せだった。

 

...けれども、心の底では分かっていた。

 

どちらもあり得ないのだと。

 

これは夢なのだ。

 

チャンミンを恋焦がれる狂った精神が、チャンミンの亡霊を見せているのだと。

 

ところが、夢じゃなかった。

 

びっくりした。

 

最後に別れたあの図書館前に、チャンミンは待っていた。

 

行けば必ず、チャンミンは待っていた。

 

そして、手を繋いで家に帰る。

 

チャンミンと思い出話をたくさんして、チャンミンの腕の中で眠りにつく。

 

そして、たった独りで朝を迎える。

 

俺の初めては、全部チャンミンと経験した。

 

2人で数えきれないほどの初めてを味わって、一緒に笑って泣いた。

 

思い出話ばかりしていたら、過去の世界にとどまり続けるばかりで、先に進めないって?

 

いや。

 

そんなこと、なかった。

 

思い出話をすることで、昇華された。

 

チャンミンとの思い出を、少しずつ過去のことにしてゆけた。

 

夢じゃなく、確かにチャンミンは存在した。

 

冷え切って固くなってしまった手じゃなかった。

 

温かな手で俺に触れていた。

 

俺の心がしゃんとするまで、チャンミンは手を繋いでいてくれたんだ。

 

 

 


 

 

〜C〜

 

 

貴方を一人にできなくて、僕はいつまでも貴方のそばに居続けました。

 

どんどん痩せていくから心配で。

 

僕のせいで、貴方をこんな風に苦しめてしまって。

 

打ちのめされた貴方が元気になるまでは、見守ろうって決めたんです。

 

そのうち、欲がでてきたんです。

 

僕はずっとずっと、貴方の側にいたくなったんです。

 

離れがたかったのは、僕の方なんですよ。

 

でも、僕の役目は終わったようですね。

 

 

 


 

 

~ユンホ~

 

 

「貴方は、素敵な人です」

 

チャンミンは俺を抱きしめて、俺の頭を撫でながら言った。

 

「だから、貴方が好きになる人も、素敵な人です。

彼は...

悔しいですけど、

僕よりずっといい男です」

 

顔を上げようとする俺を押さえるように、チャンミンの腕に力がこもった。

 

「彼なら大丈夫です。

彼なら安心して、貴方を任せられます」

 

チャンミンの大きくついた一呼吸に合わせて、彼の胸も上下に動いた。

 

「ほらぁ、泣かないで」

 

チャンミンの親指で涙を拭われた。

 

「チャンミンこそ...泣くなって」

 

俺を抱きしめる腕をゆるめると、チャンミンは顔を近づけた。

 

「僕の最期のお願いをきいてくれませんか?」

 

こくこくと頷いた。

 

「...キスしてもいいですか?」

 

大きく頷いた。

 

そっと唇が触れるだけの優しいキス。

 

少しだけ口を開けたら、チャンミンの温かい舌が俺の舌にちょんと触れた。

 

俺の涙と、チャンミンの涙が混じってしょっぱい味がした。

 

「このキスが、僕の生きる糧になります...。

って、生きるって言い方も変ですけどね」

 

ふふふっとチャンミンが笑った。

 

 

 

 

チャンミン。

 

手を繋いでいてくれてありがとう。

 

俺が前に進めるようになるまで、5年間、側にいてくれてありがとう。

 

みぞれ雪の夜、俺を助けてくれてありがとう。

 

生きる道を、俺に残してくれてありがとう。

 

大好きだった。

 

めちゃくちゃ、大好きだった。

 

 

 


 

 

 

 〜C〜

 

 

ユノ。

 

僕の大事な人。

 

僕は貴方のことは忘れません。

 

でも、貴方は僕のことを忘れてくださいね。

 

僕の手じゃなく、彼の手を繋いでください。

 

全部忘れられたら、やっぱり寂しいので、1年に1度は僕のことを思い出して下さいね。

 

大好きでした。

 

ずっとずっと貴方が大好きでした。

 

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」