(最終話)恋人たちのゆーふぉりあ

 

~チャンミン~

 

 

再挿入を果たせたのか果たせなかったのか?

 

答えは、『果たせた』だ。

 

焼け付く入口の激痛にまぶたの裏で火花が散った。

 

僕はユノみたいに、「はて...僕らは一体全体、何をしているんだ?」なんて我に返らない。

 

僕は感情と直感の赴くままに行動しているから。

 

でも常にそうではなくて、逆転することも多く、ユノの方が大胆な言動をする時も多い。

 

僕らはセットになると、ちょうどよくバランスが取れているから、もともと相性はとてもいいのだと思う。

 

だから身体の相性だっていいに決まってる。

 

初えっちの話に戻すと、『どうだったか?』

 

正直に答えると、『気持ちよくなかった』

 

感じているフリをする余裕はなかったし、引き寄せた枕でじわりと浮かんだ涙を拭った。

 

いつばーちゃんがドアをノックするかと気が気じゃなかったせいもある。

 

「きっつ...全部...入らない」

 

ユノも僕のアソコを気遣い、じわりと時間をかけて埋めてくれたんだけどね。

 

「いっつ...!」

 

「...半分が...やっとだ...」

 

数回抜きさししただけでユノはイッてしまった。

 

締め付けが想像以上にきつかったんだとか。

 

終った時、「どうだった?」とユノに尋ねられ、僕は「あんまり」と正直に答えた。

 

ユノは「俺も」とつぶやいた。

 

もし「よかったよ」と答えたとしよう。

 

鋭いユノは僕の嘘を見抜くだろうし、その嘘の真偽を問いただすことはせず、僕の嘘を信じたフリをしてくれる。

 

そんなのは...イヤだ。

 

僕らは全裸のまま、ベッドに仰向けに横たわった。

 

「来週、リベンジしよう!」

 

「ああ。

チャンミンのケツが治ってからな」

 

 

イマイチな初えっちだったからといって、僕らはしょげたりしない。

 

第2回戦はユノの部屋。

 

さらなる知識を携えての再々チャレンジだ。

 

回数をこなすうちに、アソコの良さを知っていった。

 

挿入後すぐにイッてしまったユノも、その持続時間が伸びていって、ついに僕ら同時にフィニッシュできるまで進歩した。

 

僕とよりも女の子とヤった時の方がイイのではないかと、ちらっと比べそうになることもあった。

 

わざわざ口に出さなくても、ユノは表情から僕の思いを読み、「チャンミンのが最高」と言ってくれる。

 

それでも、僕の機嫌が悪い時は「Aちゃんとの方がいいんだな!」と枕を投げつける。

 

「ほぉ...。

チャンミンだって、俺と付き合わなければ、Dちゃんとヤッてたかもよ?」

 

「するか!

...わっ!」

 

タックルされ床に仰向けになった僕の上に、ユノは素早くのしかかる。

 

「離せっ!」

 

振り回す腕はねじり上げられ、ユノの股間を狙った膝もかわされた。

 

僕が大人しくなると、ユノは「チャンミ~ン」と、僕の首筋にぐりぐりと鼻をこすりつけてくる。

 

「くすぐったい!」

 

「女子ってのは異星人だ」

 

「う~ん...確かに」

 

「だろ?

もしさ、もしもの話だ。

チャンミンが女子の誰かを好きになったとする」

 

「なるか!」

 

「例え話だよ!

落ち着けチャンミン」

 

鼻息荒い僕を「まあまあ」となだめると、ユノはいつものようにクソ真面目な顔して語り出した。

 

「もしも、チャンミンが女の子の方がいい、って俺をフッたとする。

...落ち着けったら、たとえ話。

絶対にそんなことはない、って俺は知ってるから」

 

「...そうだよ」

 

「異星人の女子相手じゃ俺はどうにもできん。

ライバルにすらなれない。

だから、女子を比較対象にしても無意味なんだ」

 

「?」

 

ユノは指で輪っかを作り、その輪っかを空中に1、2と置くジェスチャーをした。

 

何を話すんだろうと、僕はユノの手元から目を離せない。

 

「これじゃ分かりにくいな」

 

と、ユノはテーブルの上の2人分のグラスを整列させた。

 

水と炭酸飲料が注がれたグラスだ。

 

「女子には2個のグラスがある」

 

ユノは2つのグラスにそれぞれ割りばしの先を浸した。

 

「大抵の者は水を飲む。

コーラが好きな少数派もいる」

 

ユノはベッドの下から拾い上げたものを、どんとテーブルに置いた。

 

「で、ここに男というチューブがある」

 

それは僕らの潤いクリームのチューブだった。

 

「チューブはひとつしかないから、ここに入れるしかない」と、キャップを外した口に割りばしの先を刺した。

 

「ローションとコーラを比べられないだろう?」

 

「...確かに」

 

「俺が言いたいこと、理解できた?」

 

おそらく5分の1も理解できていなかったけれど、ユノの真剣な表情に胸を打たれていた僕は頷いた。

 

ユノのたとえ話はいつも、僕を安心させるために一生懸命なものだ。

 

「えっちの相性を比べるのなら、別の男とヤッた時にしろ」

 

「するか!」

 

「チャンミンはしないって、俺は知ってるよ。

世の中には沢山の種類のローションがあるだろ?

いやぁ驚いたなぁ、あんなにあるとは。

どのローションにしようか選りどりみどりだ。

好みにあうもの、イマイチなものもある。

同じ用途だから比べられるんだ。

ドゥーユーアンダースタン?」

 

ユノはニヤリと笑い、僕の頬を両手で挟んで上下にぐにぐにさせた。

 

「異星人にヤキモチ妬いたって無駄だ。

そういえば、チャンミンとこにイケメン院生がいるだろ?」

 

「いるけど...。

ちょっと!

あのね、僕はストレートなの!」

 

「だからだよ。

もしチャンミンがその院生にぐらつきそうになった時、俺はすっげぇ嫉妬する。

でも、新入生の可愛い女子にぐらついた時は...勝負にならん。

俺は退散するしかないんだなぁ」

 

「同じ台詞をユノにお返しするよ」

 

僕はユノの頭を力任せに引き寄せた。

 

「僕はね、ユノがいいの。

男でもない、女の子でもない...次元が違うんだ。

だから、男とも女の子とも比較ができないんだよ」

 

「...続きを...しよっか?」

 

「...ユノ。

お尻がもう限界」

 

「そっか...ごめんな。

2,3日静養期間をとろうか」

 

「ごめん」

 

「気にするなって。

俺のも4回目はキツかったから。

1時間やってもイケなさそう」

 

「イク前に擦りむけそうだね」

 

擦りむけて真っ赤になったものを想像したのだろう、ユノは顔を思いっきりしかめた。

 

「想像もしたくないな...。

...そうだ!

チャンミンちの玄関に杖があっただろ?

じーさん、足が悪いのか?

外出大変そうだな」

 

「あ~、あれね。

じいちゃんは足腰が頑丈なんだ。

じいちゃんのじゃないんだよ」

 

「じゃあ?」

 

「あれはね強盗対策。

うちに忍び込んだ強盗と出くわした時に、そいつをぶちのめす為に置いてるんだ。

ばあちゃんのアイデアだよ」

 

「あはははは!

じーさんもばーさんも面白くていい人だよなぁ。

じーさんもばーさんも、一度たりとも俺に嫌な顔しなかった...。

嬉しかったなぁ」

 

「いつでも夕ご飯食べに来て。

ばあちゃん、『ユノ君はちゃんとご飯食べてる?』ってうるさいんだ。

そのうちお弁当作るんじゃないかなぁ」

 

「そっかぁ...。

嬉しいなぁ...」

 

「その後僕んちに泊まって、と言いたいところだけど...」

 

「ヤらない日があってもいいんじゃない?」

 

「...わかったよ」

 

拗ねて口を尖らせた顔なんて、よそ様にはとても見せられない。

 

 


 

 

~ユノ~

 

『恋人たちのEuphoria』は、戸棚の中で出番を待っている。

 

こんなものに頼らなくても、俺たちはいつでも、どこまでも深く陶酔の世界へと沈んでゆける。

 

そこまで到達するまでに10回も必要なかった。

 

いつかマンネリした時に使うつもりでいるのだが、現在のところはまだ必要としていない。

 

約束を破った時の罰ゲームにするのもいいかもしれない...Euphoriaの刑って。

 

当時の俺たちを思い出すと、頬が緩む。

 

最初の最初に大人の玩具を揃えた20歳男子。

 

幼く滑稽で、好奇心に満ち満ちていて、純粋だった。

 

同性同士の恋愛に戸惑い、周囲からの評価を気に病み、互いに慰め励まし合って、えっちにもつれ込んで。

 

並木道では堂々と手を繋いで歩いた。

 

喧嘩も沢山した。

 

あれほどまでの熱量を持って誰かを好きになったのは、チャンミンが最初で最後。

 

今この時、俺の隣を歩くチャンミン。

 

ほくほくと幸福そうで俺も嬉しい。

 

ぐっと大人っぽくなったのに、幼さを残す横顔に見惚れていたら、

 

「あのねユノ。

ビッグニュースがあります!」

 

笑顔のチャンミンがこちらを振り向いた。

 

「ビッグニュース?

いいこと?」

 

「当たり前でしょ」

 

チャンミンが報告してくれた内容はまさしくビッグニュースで、街中にいるのも構わず彼を抱き締めた。

 

若かった俺たち。

 

二度と戻れない、20歳の俺とチャンミン。

 

青春の日々。

 

チャンミンからのキスから始まった、俺たちの恋。

 

ビジネススーツの男2人、手を繋いで家路を急いだ。

 

 

(おしまい)

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」