あなたのものになりたい(28)

 

 

~チャンミン~

 

レジカウンターの脇のドアを開けてすぐに、地下へと下りる階段がある。

 

お兄さんは「狭いな」とつぶやき僕を床に下ろした。

 

僕を横抱きにしていたら、階段の壁に僕の足がぶつかってしまうからだ。

 

僕はお兄さんに手をひかれて、埃だらけの階段を裸足でぺたぺた下りていった。

 

裸ん坊の自分が心もとなくて、半勃ちのおちんちんを手の平で覆い隠した。

 

裸が平気だったのに、今日の僕は恥ずかしがり屋になってしまった。

 

仕事部屋へと続くこの階段、かつての僕は1ステップごとに、心の中を空っぽにしていったんだ。

 

そこまでの十数メートルを、客の大半は『犬』にリードをつけることを好む。

 

リードの扱い方を見れば、その客がどんなプレイを好むのか前もって分かるのだ。

(粗野な客に、ひと晩どころか1週間レンタルされた時には、心を消してはいても辛いものがあった)

 

強く引っ張られ過ぎて、ステップを踏み外したことも多々あったなぁ、と思い出していたら、

「危ない!」

僕の腰はお兄さんに抱きとめられた。

 

「...辛いのか?」

 

僕を心配する声はとても優しいのに、えっちな目をしている。

 

僕は首をぶんぶん振って、「平気です。懐かしいなぁ、って思ってただけです」と答えた。

 

トラウマのあまり呼吸困難に陥り、その場にしゃがみ込んでしまい、真っ青な顔してぶるぶる震える...テレビで見たことがあるシーンは、僕には全然当てはまらない。

 

僕はタフに出来ている。

 

だから、お兄さんを安心させようと、強がって言ったものじゃないんだ。

 

屋外は残暑厳しい汗ばむ気候なのに、地下のここは冷え冷えとして、僕のおっぱいの先が固く縮こまっている。

 

幾度かお兄さんの視線が、僕のそこに止まった。

 

お兄さんは乾いた下唇を、赤い舌で湿した。

 

お兄さんの唇で温めて、舌で転がして欲しい。

 

僕はごくり、と唾を飲みこんだ。

 

舐めて吸って、噛んで欲しい!

 

おちんちんが膨らんで、僕の手の平の下で窮屈そうにしている。

 

ドアは開け放たれた状態だった。

 

壁は防水防汚加工されたビニールクロス貼りで、メインのベッドもビニール製だ。

 

客が入れ替わるごとに入念に消毒し続けたせいで、塩素の匂いが染みついている。

 

生臭い匂いがするよりはマシだ。

 

「...あ」

 

間口に立ち尽くし考え事にふける僕は、軽々とお兄さんに抱きあげられた。

 

その上にもろくて壊れやすいものを扱うかのように、恭しく下ろされて、僕は仰向けに横たわった。

 

腰を浮かせて、開いた両膝はお腹に引き付けた。

 

僕は中指と薬指によだれをたっぷり、まとわせた。

 

お兄さんと目を合わせたまま、その指をお尻の穴へと這わせ、ゆっくりと突き刺した。

 

「は...はぁ...あっ...」

 

さっきまでお兄さんになぶられていたため、柔らかく緩んでほぐす必要はなかった。

 

どん欲に口を開けたそこを、よく見てもらえるように、左右に割った。

 

お気に入りの箇所を指の腹でこすると、「んふっ」と思わず出た甲高い声に、自分でもびっくりする。

 

僕とお兄さんは目を合わせたままだから、僕の指がアソコをどうイタズラしているのか、お兄さんは見ることができない。

 

「...は...あぁ...あ...」

 

お兄さんが見たいのは僕の表情なんだ。

 

えっちなことをして、えっちな声を出す僕を見たいんだ。

 

「挿れて...?」

 

お兄さんの眼がウルウルとしてきたけれど、これは涙ぐんだものじゃない。

 

高熱の人の眼だ。

 

熱病にやられて、僕のことが欲しい欲しいって、狂いかけている人の眼だ。

 

お兄さんは唇の合わせをちろりと舐めた。

 

舌なめずりする虎のようで、ぞくり、とした。

 

「早く...挿れて。

お兄さんの...挿れて?」

 

僕はこれから、この人に食べられる。

 

お兄さんは僕と目を合わせたまま、ズボンと下着をずらしている。

 

「んっ」

 

僕の入り口にあてがわれた、弾力のある温かいもの。

 

お兄さんと目を合わせたまま、僕はそれを飲み込んでいく。

 

お兄さんのおちんちんが欲しくてたまらない僕の内臓。

 

本来の役割を忘れて、中へ奥へと送り込む

 

 

「んっ...ふっ...お、大きい...」

 

「なあ、チャンミン」

 

ずん、と衝撃についで、お尻の奥から強烈な痺れが弾けた。

 

弾けたのちに、全身の力が抜ける。

 

「ひゃ...あっ...あん...っあ」

 

数度、腰を叩きつけると、ぴたりと動きを止めて僕に囁きかける。

 

「思い出したか?」

 

低く、男らしい声だ。

 

「...?」

 

「客に抱かれている時も、そんな声を出していたのか?」

 

ずくずくと数度突いては、僕の反応を確かめる。

 

「あああぁん...!」

 

「いい反応だ。

さすが売れっ子だ」

 

お兄さんの手が僕のお尻へ振り下ろされ、バチンと見事な破裂音が室内に鳴り響いた。

 

「ちがっ...違うよ」

 

「へえ...じゃあ、これは?」

 

と、唇の片端をクイと上げいやったらしく笑って、深く貫いたまま左右に僕を揺さぶった。

 

「ああぁっ...いい、いいっ...!」

 

僕の上にのしかかるお兄さんにしがみつこうと、伸ばした両腕は払いのけられた。

 

「お前は尻を広げていろ」

 

手首をつかまれ、自身のお尻にあてがわれた。

 

数えきれない数のお客をイカせてきたこのベッドで、僕はお兄さんに抱かれている。

 

僕らはとても悪いことをしている。

 

今も昔もここは、衛生的な匂いがする。

 

叩きつけられる腰の力を、僕は商売道具だったアソコで受け止める。

 

『元犬』が『犬』だった場所で抱き合っている。

 

トーサク的だね。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」