【72】NO?

 

 

~チャンミン~

 

 

「...チャンミンっ」

 

リアの肩から手を放し、その場を去ろうとしたら、リアが背中にしがみついていた。

 

「...っ、放せ」

 

「いやっ。

行かないで」

 

「頼るのは、その男にするんだ。

僕は、関係ない」

 

こんな冷酷な台詞も、これまでの人生で口にしたことはなかった。

 

僕の胸で固く組んだリアの指を、1本1本ひきはがした。

 

「...もう君の顔は見たくない。

僕は出ていく。

出来るだけ早く」

 

スーツ姿から、いつものTシャツとデニムパンツ姿に着替える。

 

リアと同じ部屋にいることが、今は辛くて仕方がない。

 

玄関まで行きかけた時、民ちゃんを思い出した。

 

「あ...!」

 

そういえば、民ちゃんは帰宅していたんだった。

 

話を聞かれただろうか?

 

ヒヤリとした。

 

民ちゃんには何度も、失態を目撃されている。

 

いい加減僕のことが嫌になってしまったかもしれない。

 

誤解を解かないと。

 

挽回できるだろうか?

 

僕は大股で民ちゃんの部屋の前まで行き、ドアをノックした。

 

「民ちゃん?」

 

返事がない。

 

「民ちゃん?

...入るよ?」

 

ドアの向こうは真っ暗だった。

 

「民ちゃん?」

 

浴室を覗いてみたが民ちゃんはいなくて、再び部屋に戻った。

 

窓を開けてバルコニーを見渡したが、いなかった。

 

「...民ちゃん...」

 

僕の爪先が何かに当たった。

 

「あっ!」

 

蹴飛ばされたそれは、ごとりと倒れた。

 

ワインのボトル。

 

水玉模様の透明フィルムでラッピングされていた。

 

僕のため?

 

お酒が弱い民ちゃんだったから。

 

胸の奥で、温かいものがじんとする。

 

「民ちゃん...」

 

どこへ行った?

 

いつの間に、外出していったんだ。

 

あと1時間で日付が変わる。

 

携帯電話を素早く操作する。

 

「出ない...」

 

何してる?

 

何度かけても、民ちゃんと繋がらない。

 

飲み屋街をふらふらとうろついていて、「うちで働かないか?」って、悪い男に誘われてほいほい付いて行っていたらどうしよう。

 

飲めない酒を飲んで、ベロンベロンになっていたらどうしよう。

 

男っぽい見かけだから、そっち方面の人にナンパされていったらどうしよう。

 

だって、民ちゃんはとても綺麗な子だから。

 

探さないと。

 

ダイニングテーブルに顔を伏せたリアの後ろを、僕は無言で通り過ぎて玄関へ向かう。

 

民ちゃんのスニーカーが無くなっていた。

 

たたきには僕が貸した靴が、きちっと揃えられていた。

 

マンションを飛び出したのはいいが、どこへ向かえばいいのか分からない。

 

民ちゃんの行きそうなところは...どこだ?

 

民ちゃんの交友関係をおさらいする。

 

兄T、Kさん、それからユン...たった、これだけか。

 

もう一度、電話をかける。

 

駄目だった。

 

「あ...」

 

今さら思い立ったのが、『例の男』。

 

会いに行ったのか?

 

それは困る、と思った。

 

強い嫉妬心が、僕を襲う。

 

リアのことなんて、頭から吹っ飛んでしまっていた。

 

妊娠していたのが、民ちゃんだった方がうんとマシだった。

 

相手が誰であれ、民ちゃんだったら僕がいくらでも面倒をみたのに。

 

 

(つづく)

 

彼女とのHeaven's Day