(95)NO?

 

~チャンミン~

 

お弁当を届けるだなんて、アピールが控えめ過ぎだったかな。

 

ある日突然、玄関前に食事が届けられていたりなんかしたら...気味が悪いよな。

 

民ちゃんへ手紙を書いた。

 

民ちゃんを心配する気持ち、僕の近況、そして、民ちゃんがいなくて寂しい思いをしていると、時間をかけて書いた。

 

そうしたら、便せん5枚もの大作になってしまった。

 

思いが込められ過ぎた手紙は重すぎると直前で気付いた僕は、メモ用紙にひとこと『お腹いっぱい食べてください』とだけ書いて、差し入れに添えた。

 

僕からのものだと、気付いてくれたかな。

 

気持ち悪くて捨ててしまっているかもしれない。

 

会いにもいかず、電話もせず、当たり障りのないメッセージを送信するだけの僕に、腹を立てているかもしれない。

 

それとも、僕のことは見切りをつけて、大本命の彼との関係を進展させているかもしれない。

 

じっとしていられなくなった。

 

僕は今日から変わったんだろ?

 

民ちゃんを裸にする夢まで見てしまったんだぞ?

 

食べかけの料理はそのままに、服を着替えコートを羽織った。

 

向かう先はもちろん、民ちゃんの部屋だ。

 

時刻は20時。

 

もう帰宅している頃だ。

 

 


 

 

~民~

 

(チャンミンさん...帰ってきてるといいんだけど...)

 

深呼吸したのち、エントランスドア前のパネルを操作した。

 

アパートから電車で3駅目、駅から駆けてきたから暑くてブルゾンは脱いでしまった。

 

『はい?』

 

応答したのがリアさんの声で、一瞬ひるんでしまう。

 

(訪ねてきても不自然じゃないよね。

チャンミンさんの弟(妹だっけ?どっちでもいいや)ってことになってたはずだから)

と、思い直した。

 

「民です。

...あの。

...チャンミンさんは...?」

 

『いないわよ』

 

チャンミンさんはリアさんと暮らしているんだから、リアさんが出てもおかしくない。

 

「...そうですか。

じゃあ、いいです。

約束なしで来た私が悪いので...」

 

チャンミンさんの顔を一目みたくて、衝動的にここまで来てしまったけど、リアさんのつっけんどんな言い方にその気持ちは一気にトーンダウンしてしまった。

 

「夜分遅くからすみませんでした」

 

がっくりと肩を落として立ち去ろうとした時、

 

『上がってらっしゃいよ。

あなたと話をしてみたかったし』

 

「でも...」

 

リアさんとしたいお話なんてないんだけどな。

 

幸せそうなリアさんの顔なんて見たくないんだけどな。

 

ここまで来てしまったけど、よく考えてみたら、チャンミンさんにはリアさんがいるんだった。

 

タッパーを返すのなんて、今すぐじゃなくてよいのに、どうしてもお礼の気持ちを伝えたかったから、ここまで来た。

 

でも...「美味しかったです」と伝えた後、どうすればいいんだろう。

 

『こんな意味ありげなこと、もうしないで下さい』って、言った方がいいんだろうな。

 

次から次へと思いが湧いてくる。

 

チャンミンさんの不在にようやく慣れかけてきた生活を、突如かき乱しにきた彼の行動に腹がたってきた。

 

『早く、上がって来て』

 

リアさんに命じられ、私は断り切れずに『はい』と答えた。

 

足取り重く、エントランスの自動ドアが開いた先へと進んでいった。

 

 

(つづく)

 

彼女とのHeaven's Day