会社員-愛欲の旅(最終話)-

 

 

ウメコめ...。

 

股間に忍ばされたモノを目にした俺は、心中で呻いた。

 

旧友ウメコは30余年、真面目に生きたのは大学受験の時だけだと言っても過言ではない。

 

残りは自分に関わる者達を、面白おかしくからかい続けて年をとってきた。

 

ウメコの本性を知っているにもかかわらず、呪物の実験台にされては、まんまと騙されて続けてきた俺。

 

今回も俺はウメコに担がれた。

 

ついでにチャンミンも担がれた。

 

真っ赤に塗った唇を歪め、不気味にせせら笑うウメコが目に見える。

 

しゃんと床に正座した俺に、「ユンホ...さん?」とチャンミンは心配げに訊いた。

 

「どうしました?」

 

「......」

 

「...もしかして...取れないとか!?」

 

「見た感じ...」

 

俺はもう一度、チャンミンの股を覗き込んだ。

 

「...簡単には取れそうにない」

 

「そんな~~っ!」

 

「このままにしておくしか...」

 

内腿の柔らかな皮膚を、爪先でこすってみた。

 

「ひゃっ」

 

「...ない。

放っておけば大丈夫だと思う。

そのうち落ちるよ」

 

「やだ、ユンホさん。

何ですか?

これって何ですか!?」

 

チャンミンは身をかがめ、カエル脚になって自身の股ぐらを覗き込んでいる。

 

「もったいぶらないで、教えてくださいよ」

 

「チャンミン、何が書かれているのか、本当に知らないのか?」

 

「やっぱり呪文が書かれているんですね。

ウメコさんに、悩みごとの相談を持ち掛けたからですね」

 

「相談?」

 

「ユンホさんとの性交渉についてです」

 

やっぱり...。

 

「ユンホさんとベッドインした時、僕はどう振舞えばいいのか分からなくて。

ユンホさんに押し倒されるにはどうしたらいいのか。

あらかじめお尻の用意をした方がいいのか、当日ユンホさんに施してもらった方がいいのか。

僕は処女なのに、受け入れ準備OKなお尻にユンホさんはドン引きするかもしれないって、ぐるぐる心配ごとばかり膨らんで」

 

「そんなの...BL漫画で勉強してるじゃん」

 

と、言ったすぐ後、「からかっている風に聞こえなければいいのだが」とヒヤッとしたけれど、チャンミンは気にならなかったようだ。

 

「そうですけど、いざ本番となった時、勇気がしぼんじゃうと思うんです。

大好きなユンホさんを前に、知識も消えちゃうと思うんです。

ぼ、僕...童貞だし処女ってこともありますし...」

 

「俺だって...こういうの初めてだし、どうしたらいいか分からないよ」

 

「初めての夜はロマンチックにしたかったから、百戦錬磨のウメコさんにご教授願ったわけです。

そうしたら、『私に任せて、チャンミンくんが余裕をもって初夜に挑めるよう、力を貸したげる』って。

『私が教えた通りに振舞っていれば問題ない』って」

 

「そういうことか...。

タトゥーシールみたいだもんな、これ」

 

「やっぱり...そうだったんですね」

 

チャンミンの袋から足の付け根にかけて、赤いタトゥーシールが貼られていた(一瞬、本物のタトゥなのかと疑った)

 

「どうりで。

凸凹していないし、何かが張り付いている感じもしない。

擦ったら効果が発動すると言われていたので、触ることもできない。

ウメコさんの説明だと、ここをコシコシすると、フェロモンがぱぁ~って出るんですって。

ユンホさんのを受け入れられるように、あそこが柔らかくなるんですって」

 

ウメコの奴め。

 

俺が聞いた話と真逆じゃないか!

 

「だから、雄になっちゃうフリをしてすみません」

 

「わかった。

身体、冷えるぞ。

先に風呂に入っていろよ。

頭を洗ったら追いかけるから」

 

そうチャンミンに声をかけ、俺は髪を濡らし始めた。

 

「いえ。

ユンホさんを見ていたいので、ここで待ってます」

 

「ご自由に」

 

チャンミンのようにこだわりのない俺は、浴場のリンスインシャンプーで髪を洗った。

 

腰骨のあたりにちりちり痒みを覚えるのは、チャンミンが俺のをガン見しているせいだ。

 

チャンミンの行動パターンはとっくに読めているから、別段驚くことではない。

 

次の台詞も読めていたけど、先を越してみた。

 

「今度、明るいところで、ゆっくり見せてやるよ」

 

「!」

 

「ここじゃ二人きりになれないだろ?

俺はチャンミンを押し倒したい」

 

「ユンホ...しゃん」

 

「チャンミンからのメッセージ、確かに受け取ったよ」

 

チャンミンは、「メッセージ?」と不思議そうな顔をした。

 

 

 

 

転じてここは露天風呂。

 

「ユンホさんは...僕のどういうところが好きですか?」

 

ちらつく雪が、露天風呂の控え目な照明に浮かび上がる。

 

湯面から湯気がもくもくと立ち昇っている。

 

凍みた空気が火照った肌に気持ちがよい。

 

この温泉宿は峡谷沿いにあり、近くに人家はない。

 

長い一日だった...。

 

「チャンミンの好きなところ?」

 

「はい。

教えて欲しいです」

 

「そうだなぁ...」

 

仕事は完璧、真面目なのにドジっ子。

 

料理がうまく、ヲタ活趣味を満喫している。

 

媚薬や呪文に引っかかりやすい。

 

挙げだしたらキリがなく、心のチャンミン録はまもなく1冊終えそうだ。

 

俺にしてみたら、チャンミンという人物は不思議な生命体。

 

俗物に染まらず、純粋さを残したまま、30年以上生きてきた奇跡。

 

ズバッとひと言で言い表せる言葉はないだろうかと、頭を巡らせてみたけれど見つからなかった。

 

そうなると、「全部」と答えるしかない。

 

「...嬉しいです」

 

両頬を押さえたチャンミンは、俺の肩にこてん、と頭をもたせかけた。

 

そんな可愛いらしい姿を見せられたら、キスせずにはいられない。

 

でもそのキスは、チャンミンの人差し指で遮られた。

 

「お尻の用意はまだ出来ていないので、今夜は勘弁してください」

 

「当ったり前だ。

社員旅行中はマズいだろ。

俺だって、チャンミンとの初めてはリラックスしてしたい」

 

「今度、旅行しますよね?

くじ引きで当てたテーマパークへ。

その時、お泊りするホテルでえっちしましょう」

 

うっわー、はっきり言っちゃうんだ。

 

照れ屋だったり大胆だったり、非常識だったり石頭だったり、男っぽかったり可愛らしかったり。

 

「ユンホさんも僕も初めてですから、詳しく調べておきます。

だから心配ご無用です!」

 

忘れてた。

 

チャンミンの勘違いにより、俺は童貞設定だった。

 

「その頃には、エロ呪術のかかったシールは剥がれているでしょうしね」

 

「呪術に影響されない、素のままの俺たち、ってことだな」

 

 

 


 

 

~チャンミン~

 

 

「どうだった?」

 

カウンターに頬杖をついたウメコさんは、僕と乾杯したのちビールをごくごく一息であおった。

 

この日のユンホさんは出先から未だ戻っておらず、これはいいチャンスとばかりに僕一人でウメコさんのバーに向かったのだ。

 

「ユンホさん、焦ってました。

なんとかアレを取っちゃおうと、僕のアソコばかり気にしてて。

ウメコさんのアドバイス通り、ユンホさんを押し倒す設定の台詞を散りばめました」

 

「貴方の望み通りになったでしょう?」

 

ウメコさんは火をつけようと咥えた煙草を、耳に挟んだ。

 

金髪のウィッグに濃すぎる化粧、大きく胸元のあいたドレスに、似合わない仕草とビジュアルに、吹き出すのをこらえた。

 

「そうですけど。

あんなものに頼らなくても、ユンホさんは僕を押し倒すつもりでいたのに、僕が余計なことを言うから、ユンホさん、固まってました。

だからコレ、要らなかったと思うんですけどね」

 

「そうねぇ、要らなかったかもね」

 

「!」

 

「じゃあ、どうして?」

 

「面白かったから」

 

「ウメコさん!

ひどいです!」

 

しれっと言うウメコさんにびっくりだ。

 

「おほほほほ。

おかげでユノは、あなたの身体を舐め回すように見たでしょ?

あなたって、いい身体してるからねぇ...はぁ」

 

ここにユンホさんがいたら、「チャンミンをいやらしい目で見るな」と怒ってくれるのになぁ。

 

「僕らで遊ばないでください!」

 

ユンホさんもこんな風に、ウメコさんの手の平に転がされてきたんだろうなぁ、と想像できる。

 

「ねえ、チャンミンくん。

ユノはね、ああ見えて慎重で奥ゆかしいところがあるの。

いつまで経っても、あなたに手を出さないでしょうね。

なぜって、男の人を初めて好きになったことに、未だに驚いているようだったから。

あのシールはただのシールで何の効力もない」

 

「やっぱり...」

 

「でも、チャンミンくんの身体に呪物が仕込まれていると知って、あなたとアレする光景が具体的に頭に浮かんだのだと思うわ。

俺は絶対に、ウケにはならないぞ、ってね。

きっかけ作りよ、単なる」

 

「...それって、媚薬の時と一緒のパターンじゃないですか。

まんまとのせられる僕らって...素直ですね」

 

「あなたたち、可愛いわねぇ」

 

「で。

結局、アレに何が書かれていたんですか?

ユンホさん、教えてくれないんです。

その時に応えてあげるよ、って。

それだけしか教えてくれないんです」

 

「キザな男だこと。

『その時』って、何なの?」

 

「二人だけで旅行に行くんです。

お泊りですよ。

お泊りであるからには...ぐふふふふ。

そういうことです」

 

「あらぁ、それなら、その時でいいじゃないのぉ」

 

「ヤです。

ユンホさんは既に知っているんです。

教えてください!」

 

「仕方ないわねぇ」

 

ウメコさんがカウンターの下から取り出したのは、2枚の鏡だった。

 

「自分の目で確認してらっしゃい」

 

僕はその2枚の鏡を持って、芳香剤の香りむせかえるトイレに籠った。

 

ズボンとパンツを下ろした。

 

鏡に映し出されたのは、真っ赤なハート。

 

それから...。

 

「!!!」

 

ユンホさんへのメッセージ、そのままだよ。

 

『僕のバージンをあ・げ・る♡』

 

だってさ。

 

 

(おしまい)

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」