(22)ぴっかぴか

 

 

~ユノ~

 

 

さて...これをどうすればいいのか。

 

俺は床に広げたシャツを前に、腕を組んで思案していた。

 

帰宅した俺は、寝不足と目まぐるしい感情に揉まれてくたくただった。

 

仮眠のつもりがぐっすり熟睡してしまい、目覚めたら夜になっていた。

 

ベランダに干しっぱなしの洗濯物を思い出し、取り込んだのはいいのだけど...。

 

チャンミンのシャツが、くっしゃくしゃに皺だらけの無残な姿になり果てていた。

 

こいつを、元の姿に復元するにはどうすればいいんだろ?

 

『シルク,洗濯,しわ,直す,方法』のキーワードで検索をかけてみた。

 

「う~む...。

アイロン...持ってないし」

 

ひと回りほどサイズが縮んでいるようにも見える。

(あの男はピタピタがお好みだから、ちょうどよかったりして...あは)

 

謝ればいいか。

 

「わっ!?」

 

突然鳴り出した、スマホを取り落としそうになった。

 

発信者は...チャンミン!?

 

チャンミンが俺に電話をかけてきたのだ。

 

「今何してる?遅い時間だけど、飲みに行く?」とか?

 

嬉しがってる自分がいた。

 

はずんだ声で出るのはなんだか悔しい。

 

第一声は、迷惑そうに「なんか用か?」

 

...よし、これだ!

 

「俺になんか用か?」

 

『......』

 

「もしもーし!」

 

『お宅が『ユノ』さんか?』

 

「そうだけど...あんた誰?」

 

チャンミンの声じゃなかったことから、飲みの席でふざけた友人がかけたものなんだろうと思った。

 

それとも、酔いつぶれたチャンミンを迎えに来い、といった電話なんだろうか。

 

(ったく、面倒をかける奴だな。

早速これか?

昨日知り合ったばかりなんだぞ?)

 

床に放り投げたバッグをたぐり寄せ、俺は立ち上がっていた。

 

『ユノさんが、チャンミンの『今彼』なわけね』

 

「か、彼氏じゃねぇし!」

 

電話をかけて寄こした奴の言い方が、小馬鹿にしたもので気に入らなかった。

 

「で、俺に何の用?」

 

俺は不機嫌さを隠さなかった。

 

チャンミンとの仲は色恋がからんだものじゃない。

 

少しだけど...俺はチャンミンと同類の男じゃない、と主張したかったんだと思う。

 

チャンミンがどういうつもりなのかは脇に置いておいて、俺の方はチャンミンとどうこうなるつもりはないし...男と恋愛なんて...無理だ!

 

俺はやっぱり偏見の塊だな...いくらチャンミンが面白い奴だからといって、一晩でその偏見が消え去るのは早すぎだろう?

 

と、憤慨していると、電話の奴は信じられないことを言いだした。

 

『明日か明後日には捨てられるだろうね。

お気の毒さま』

 

捨てる?

 

「はぁ?

意味が分からん」

 

そいつの言っていることが意味不明で、首をかしげていると...。

 

『遊び人のチャンミンが、大変なことになってるんだ?』

 

「ええぇぇ!」

 

『俺たち、もう帰りたいんだよね。

この辺に捨てていってもいいけどなぁ』

 

「はあぁぁ!?

どこだ?

連れて帰るから、場所を教えろ」

 

部屋の照明を消し、俺は靴を履いた。

 

(何やってんだよ!)

 

『ユノ!

来なくていいから!』

 

背後からチャンミンが叫んでいる。

 

『来るな!...』

 

『うるせ~よ』

 

おいおいおい!

 

「お前には一度、痛い目に遭ってもらわないと」だの「僕を放っておけよ!ユノは関係ないだろ」だの、揉めているやりとりが聞こえてくる。

 

どうやらチャンミンは、トラブルの真っただ中にいるようだ!

 

どこぞの男に絡まれているようだ。

 

だから言わんこっちゃない。

 

「どこだ!

場所を教えろ!」

 

俺は家を飛び出した。

 

ったく、面倒をかける奴だ!

 

 


 

 

~チャンミン~

 

正真正銘の「遊び人」で、興味を失うとあっさり切り捨てる冷酷さがある人間だと知られたくなかった。

 

真面目一徹そうなユノだから、僕を見損なうだろう。

 

ユノに近づいたのは、最初は遊びのつもりだったよ。

 

ユノのルックスに惹かれたんだ。

 

でも、今はそれだけじゃないんだ。

 

今夜のお相手にと、ユノをハントするつもりが、人柄があまりにも善良過ぎてその気が失せてきた。

 

ちょっかいを出すと、即効に見せる本音の反応も面白い。

 

僕の手でユノの純潔を穢すわけにいかない...それから、彼の近くに居られて楽しいと心から思えたのだ。

 

ユノの側にいると、僕までぴっかぴかになれそうだと錯覚した。

 

それから...ドキドキする。

 

なんだよ...まるで惚れてるみたいじゃないか。

 

 


 

 

~ユノ~

 

港の倉庫内で、鉄パイプでぼこぼこにのされているチャンミン...鉄条網に囲まれた空き地でバッドで滅多打ちにされているチャンミン...廃ビルで猿くつわをかまされ椅子に縛りつけられたチャンミン...。

 

...俺は馬鹿か?

 

俺の妄想力は映画の見過ぎだぞ?

 

指定された場所は案外近かった。

 

俺んちから3つめの駅で、幹線道路沿いのファミリーレストランだった。

 

店の中なら派手なことはできまい。

 

「...よかった」

 

階段を駆け上がり、店のドアを開けた。

 

出迎えに来た店員に、「ツレがいると」と店内を指さし、ずかずか踏み込み見渡した。

 

「あれ?」

 

囚われの身のチャンミンと、タトゥーを彫り、ゴールドチェーンを首にぶら下げた革ジャン輩はいない。

 

一向に現れない俺に業を煮やし、チャンミンを黒いワゴン車に放り込んで連れ去ったに違いない!

 

スマホを取り出し、チャンミンの番号へ発信した。

 

『まだか?

俺らは帰りたいんだよ?』

 

「俺を騙したな!

いないじゃんか!?

ホントはどこにいるんだよ?」

 

困った表情の店員に会釈し、俺は店を出た。

 

奴に店名を3度も復唱させて、俺が店を間違えていたことが判明した。

 

俺は馬鹿か。

 

奴が指定した店は、俺が飛び込んだ店の隣だったのだ。

 

店名を確認しなかった俺が悪いのだけど。

 

俺は鼻息荒く、隣のイタリアン系のファミレスへ向かったのだった。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」