(32)虹色★病棟

 

キスを交わして、目を合わせて、ふふふっと笑い合う。

 

ユノの頬を包み込もうとして持ち上げた手は、やっぱり膝に戻した。

 

僕の躊躇に気づいたユノは、僕の手をつかんで自身の頬へと誘導したけれど、僕は彼の肌に触れられずにいた。

 

ユノの口角が震えていたから。

 

僕はユノの片耳にぶら下ったままだったマスクを、元に戻してあげた。

 

「悪い」

 

「いいんだ」

 

喜ばしい事態になったのに、僕は複雑だった。

 

 

翌朝。

 

「起きろ!」

 

押し殺したドスのきいたユノの声と、鋭いノックの音。

(ここ数日間で、僕らの仲は劇的に変化したというのに、ユノはユノのままだった)

 

「入ってきてよ」

 

叫ぶと、ドアを開けてゴーグルとマスクを装着したユノが顔を覗かせた。

 

僕より早起きなユノにノックの音で起こされ、急かされるのはいつものことだけど、今朝の僕は布団にもぐりこんだままだった。

 

「風邪か!?」

 

と、慌てて枕元に駆け寄ろうとするユノに、僕は「作戦なんだよ」と言った。

 

駆け寄ると言っても、僕から数十センチ離れたところまでだった。

 

こんな程度で僕は傷つかない。

 

キスできる時もあれば、今のように完全防備であっても至近距離は無理な時もある。

 

あさイチでぎこちないだけで、隣で過ごしているうちにほぐれてくるだろうし、ただでさえユノの潔癖具合はぐらぐらに一貫性がなくなっている。

 

「ユノに話しておかないといけないことがあるんだ」

 

僕はベッドから出ると、椅子の座面に消毒スプレーを吹きかけた上で、ユノに座るよう勧めた。

 

「あらたまった話か?

...なんだか、怖いな」

 

と、いぶかし気な表情でユノは素直にその椅子に腰を下ろした。

 

そして、ゴーグルを外した。

 

目の周りにゴーグルの痕がぐるりと付いていて可愛らしかったけど、指摘するのは次の機会に回すことにした。

 

「今日からしばらく、僕は具合が悪くなるから」

 

「?」

 

「風邪や腹痛とかじゃなくて、目茶目茶落ち込んだ状態になるから」

 

「?」

 

「平気そうでいたのに、突然、婚約者のことを思い出して、ずどん、と落ち込んでる状態だ。

部屋に閉じこもったまま出てこない。

当分の間、僕はそうなるから。

なぜだか分かる?」

 

無言のユノは僕が沈み込んだ状態になる理由について、考えを巡らせているようだった。

 

「僕はここに3年いた。

よくなったから、退所を促されたんだ」

 

「いつ!?」

 

ユノは勢いよく立ち上がった。

 

「ほら、大暴れした日だよ、食堂で。

ユノが押さえてくれた日」

 

「...だいぶ前のことじゃないか?」

 

「そうだよ。

あの日、LOSTを数日以内に出るようにとお達しがあったんだ。

それで目の前が真っ暗になってしまって...」

 

「...そうか」

 

ゴーグルの下の眼は落ち着かなげに泳いでいて、その動揺の様子に、「ああ、ユノは本当に僕を必要としている」と嬉しさ半分悲しさ半分の心境になった。

 

「ほら、座ってよ。

...まず最初に頭に浮かんだのはユノのことだ。

離れたくなかった。

せっかく仲良くなりかけていた頃だったからね」

 

正気を失っていたくせに、頭の片隅はしんと冷静だったことは内緒だ。

 

ユノは僕を落ち着かせようと抱きしめてくれた。

 

さらには、心の小箱に鍵を締めてくれた挙句、その鍵を飲み込んでくれた。

 

一連の流れは全て、僕の頭に浮かんだイメージに過ぎないけれど、ユノも同じ映像を見ていたと思う。

 

あの時僕らは、同じ空間に居合わせ、同じ物質...僕の心の小箱...に同時に触れ合った。

 

その空間とは僕の心の世界。

 

そこへの立ち入りを許され、さらには僕のウィークポイントをさらけ出され、ユノはどう感じただろう。

 

「信用されている」と考えてしまっても仕方がない。

僕の責任だ。

限界までLOSTに留まって、ユノを支えないと...!

 

「僕はもう、LOSTにいる必要がないんだ。

社会復帰の時を迎えているんだよ」

 

「...そうか」

 

「でもね、僕はここにいたいんだ。

だって...だって、ユノと。

離れ離れになりたく...ない...から」

 

言葉のお終いは消え入り、僕はしばしの間、うつむいてパジャマのズボンを見つめていた。

 

「姑息な手段だけど、仮病を使うことにした。

スタッフの仕事は、入所者の観察だ。

僕の変化も、見逃さない。

『またぶりかえしたようですね、LOSTを出るのはまだ早いようです』と判断させるんだ。

...仮病っていう言い方も変だよね、僕らは病気じゃないんだから」

 

視線を元に戻すと、ユノはずいぶん難しい顔をしている。

 

卑怯な男は許さない、と言い出しそうだった。

 

「そういうわけだから...?」

 

「わかった」

 

ばしっと両膝を叩く音に、僕はとび上がった。

 

「俺も全面協力する。

チャンミンが出て行ってしまうと聞いて、とても残念な気持ちになったんだ。

喜ばしいことなのにな。

極めて狡いことだけど、俺にしてみたら大歓迎だ」

 

「よかった...。

もしかしたら暴れるかもしれないけど、心配しなくていいよ。

あ。

本当っぽく見せるために、心配したふりはしてね」

 

ユノは椅子から立ち上がると、ベッドの僕の隣に座った。

 

マットレスがぎしりときしみ、ユノの体重分沈んだ。

 

ベッドについた手と手が、小指と小指が触れ合わせた。

 

「俺も面談を受けて、早くここを出られるように努力するよ」

 

 

(つづく)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」