(53)虹色★病棟

 

 

ベッドを取り囲む室内温室の壁が、僕らの熱気で曇っていた。

 

ユノとくっ付いたまま眠りにつきたいけれど、それはできない。

 

時計を見るとあと十数分後にはスタッフの見回りがやってくる。

 

ユノの素晴らしい身体と僕のランジェリー姿はパジャマの下に隠れてしまった。

 

僕はお茶道具を携えてベッドから立ち上がった。

 

「おやすみ」

 

「おやすみ。

また明日ね」

 

名残惜しい僕らはしばし見つめ合った。

 

見送りのためユノも室内温室から出てくると、オゾン発生器の電源を入れた。

 

僕がネガティブな意味にとってしまう前に、「切ってたらスタッフが変に思う」と説明してくれた。

 

ドアを数センチ開け、暗い廊下の先の煌々と明るいスタッフステーションが無人であることを確かめた。

 

僕は振り返ってもう一度「おやすみ」を告げると、するりとユノの部屋を抜け出した。

 

幸運なことに老朽化がすすむLOSTでは、フロア内すべてに監視カメラなど設置されていない。

 

そうであっても、コソコソ後ろめたい気持ちがある僕だから、自然と忍び足になってしまった。

 

「ふう...」

 

室内に戻るなりお茶道具はデスクに置き、スリッパを脱ぎ捨てベッドに飛び込んだ。

 

頭のてっぺんまで布団にもぐり込んだ。

 

両腕で自分自身を深く抱きしめた。

 

パジャマの襟元からユノの香りがする。

 

「はあぁぁ」

 

僕とユノ...えっちしたんだ。

 

僕のあそこにユノのあれが入ったんだ。

 

気持ちがよかった。

 

その事実を噛みしめる。

 

ホントのことなのに信じられなくて、火照った顔を両手で覆った。

 

でも、これは現実だ。

 

全身ユノとえっちな匂いに包まれている。

 

ゴーグルマスク男だったユノと初対面した日には、まさか僕らが深い仲になるとは思いもしなかった。

 

あの日の僕は、ユノのインパクトある見た目に興味をそそられて、ちょっかいを出したくなったんだよなぁ。

 

初対面なのにもかかわらず、部屋を訪ねていったりして...強引だった僕。

 

「...頑張らないと」

 

ユノと一緒にいられるために、僕は頑張らないと。

 

興奮で寝付けそうにないのに肉体は疲労していて、ギラギラとヘトヘトが攻防した末、ヘトヘトが勝ってしまった。

 

だって、全力疾走なえっちだったんだもの。

 

 

 

LOSTを出るには2つの手段がある。

 

1つ目は最も穏便なものは、退所手続きを済ませ正々堂々正門から出るというもの。

 

これが2週間後の僕が辿る道。

 

2つ目は、突如ふいにいなくなった入所者...例えばラムネの元の持ち主...がとった手段になる。

 

LOSTは閉鎖病棟を改築した建物だ。

 

フロア入り口とエレベーターホールを仕切る壁は透明アクリル製で、椅子を叩きつけても割ることはできない(実行に移した入所者が過去にいた。僕ではない)

 

開け放つことのできないはめころし窓、フロア入り口ドアは夜間、施錠される。

 

スタッフステーションの中には、猿股が置いてあることを僕は知っている。

 

入所者を易々と逃がしてしまったら、LOSTの名が廃るのだ。

 

僕にできるだろうか?

 

 

ユノと結ばれた夜の翌日、LOST側からのお達しは予想通りの内容だった。

 

前回のように奇声をあげて大暴れはしなかった。

 

告げるスタッフを真っ直ぐに見、「はい」と優等生の返事をした。

 

 

朝食の前に昨夜の下着を洗濯しようと、洗濯室へと向かった。

 

僕のランジェリーには、昨夜のユノと僕のあれこれが付着しているからだ。

 

シンクにぬるま湯を張り、専用洗剤を溶かした中へランジェリーを沈めて、やさしく押し洗いした。

 

ユノってすごいなぁ...ブラとパンティを付けた僕を抱くことができたんだもの。

 

見た目にとらわれず、ありのままの僕を好きになってくれたってことだよね。

 

お腹の底から湧き上がる幸福感で、ニマニマしていた。

 

「あてっ!」

 

僕の頭に何かがパシッと振り下ろされた。

 

ふり返ると背後にユノがいて、僕の頭を叩いたのはいつもの教鞭棒だ。

 

「いったいなぁ。

何だよ」

 

ユノの登場のおかげで、昨夜のことで気まずい雰囲気にならずに済んだ。

 

「棒を使うなんて...僕はばい菌じゃないよ。

今さら何だよ。

あんなことしたのにさ」

 

ぷりぷりする僕に、

 

「いつも通りにしてろといったのは、チャンミンじゃないか?

『あんなこと』って...何のこと?」と、ユノはニヤニヤした。

 

「うるさいなぁ」

 

マスクに隠れているけれど、ユノがどんな笑顔でいるのか、僕にはちゃんと分かっている。

 

僕はユノの笑顔が好きだ。

 

離れたくない。

 

 

決心してからの僕は、天井や壁すみずみまで視線を巡らすようになっていた。

 

「どうした?」

 

挙動不審な僕に、ユノが気になっても仕方がない。

 

「ちょっとね...」

 

僕の視線を追って上下左右を見回すユノに、「ユノは僕に構わず、普通にしていて」とお願いした。

 

「変なヤツ」

 

そう呆れるユノも、見た目だけは十分変なヤツだ。

 

今日のユノも透明ゴーグルとマスク、手袋マスク、教鞭棒を手にしている。

 

僕にだけ素顔を見せてくれるけど、その他大勢の前では潔癖スタイルなのだ。

 

潔癖の度合いについては問わないと、僕は決めていた。

 

「それはお互い様」

 

何かを探していることを、スタッフたちに気取られたらいけないのだ。

 

 

LOSTからの脱出を検討していた。

 

前例があるから不可能ではない。

 

ただ、出口が見つからない。

 

昨夜のユノの様子では、僕の提案に乗り気になってくれると思う。

 

...でも、躊躇がある。

 

慌てていないだろうか。

 

離れたくない気持ちを優先させて、ユノの心の傷が癒えるのを待たずに、彼をここから連れ出してもいいのだろうか。

 

その迷いから、脱出作戦についてユノに話すのは、もうしばらく後にしようと思った。

 

待てるほど時間の余裕はないんだけどね。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」