(9)チャンミンせんせとイチゴ飴

 

「ユノの話を聞いてて、『先生はわりと重めの恋愛をするんじゃないか』って思ったんだ。

俺は先生の性格は知らんけど、普通に考えて条件が悪すぎだろ」

 

「条件?」

 

「君たちの恋だよ。

...ねみぃ...ふあぁぁぁ」

 

まるちゃんはパキポキ音をたてて首を左右に倒し、目頭を揉んだ。

 

「昨夜、寝てないんだろ?

まだ“彼女”を落とせてないんだ~。

ずっと粘ってたんじゃなかったけ?」

 

突如、話題が変わり2人の間に『彼女』ワードが飛び出した。

 

「“あの子”はガードが固くってさ~。

プレゼントも受け取ってくれないし、誘っても断ってばかり」

 

これはリアルの話ではなく、まるちゃんが只今夢中になっているギャルゲーの話である。

 

「でさ、俺、ゾッとしたんだけど」

 

まるちゃんはハーフパンツを捲し上げ、ぼりぼりと太ももをかいた(開けっ放しの窓から侵入した蚊に刺されたらしい)

 

「その子がサイコ女子だったとか?」と、ユノは訊ねた。

 

「いや。

あのゲームでは恋のバディが付いてて、ユーザーは彼からアドバイスをもらったり、会話をすることでシミュレーションをしながら進行してゆくんだ。

家庭教師設定で、課金するほど、有益な情報を流してくれるんだ

でさ...恐ろしいことに、どうも恋のバディが俺のことを好きっぽいんだ」

 

「ゲームのくせに凝ってんなぁ...。

え?

『彼』って言った?

バディって男なんだ!?

最近、アップデートあったのか?

BLエピソードが加わったとか...?」

 

「やめてくれ~!

俺には男の趣味はない!」

 

心底不快そうに歪めていたまるちゃんの表情が、「ん?」と真顔に変わり、ユノをまじまじと見た。

 

「......」

「な、なんだよ?」

 

「ユノが『ビーエル』って単語を知ってるとは...驚きだ」

 

「うるせー」と、ユノはぷいっと顔を背けた。

 

ユノは気まずくなって、Tシャツの袖を肩の上まで捲し上げ、引き締まった二の腕をゴシゴシ擦った。

 

「だって...俺とせんせがBLじゃん。

男と男が付き合ってるじゃん。

どんなものなのか気になっちゃって、俺なりに調べたんだ。

行きついた先が、BLだったんだ。

...漫画だけどな!」

 

「リアル恋愛はBLみたいにいかないんじゃないの?

女性的っていうの?

登場人物の心情が細やかなんだ。

ファンタジーなんだよ、BLってのは」

 

「まるちゃん...詳しいな」

 

「BLくらい常識だよ、俺らの界隈では(注:そう言いきれるものではないが)

リアルなBLはもっと、分かりやすいものじゃないかな...分からんけど。

ゲームん中で、メンズ・バディに言い寄られてる状況に置かれて、俺は気づいたんだよ。

俺って今まさに、リアルBLに立ち合ってるんじゃね?って。

リアルBLはどんなもんなのかは、ユノと先生を見学していればいっか!

すげぇよなぁ...」

 

「俺らは見世物じゃねぇーし。

それから、俺とせんせの話が途中だぞ。

せんせが重めの恋をしがち、ってことの何が問題なんだ?」

 

ユノとまるちゃんの会話はいつも、寄り道ばかりでなかなか本題に入れずにいた。

 

「話が反れたのは、ユノのせいじゃん。

あっちぃ...」

 

まるちゃんは首に引っかけた手ぬぐいで、流れ落ちる汗を拭いた。

「『なぜ女子がらみのことを控えなきゃいけないのか』ってことだ。

先生がいつ、ユノに本気を出し始めたかは知らんけど、先生は葛藤したと思うんだ。

先生と生徒の関係、12歳差、ゲイとノンケ...躊躇するよなぁ。

ユノに本気を出していいのかどうか。

ユノがどこまで本気なのか分からん。

お前は『好き好き』言ってればいいけどさ、先生の立場を考えると、ほいほい乗れないぞ?」

 

「...分かってるよ」

 

チャンミンと衝突した夜、ユノはまるちゃんと同じ考えに至ったのだ。

 

(せんせは無邪気に『好き好き』いう俺のことが怖かったんだ。

せんせが何に恐れているのか推し量りもしなかった)

 

「ユノと恋愛しようと心に決めた先生の気持ちはガチだぞ」

 

「...分かってる。

学校やバイト先にいる女子と付き合うのとは、訳が違うってことくらい分かってるよ。

あ~、俺って馬鹿!」

 

ユノはわしゃわしゃと髪をかきむしった。

 

「せんせは勇気を出して、俺と付き合うって決めてくれたんだ。

その気持ちをちゃんと分かってやれよ、って言いたいんだろ?」

 

「そ」

 

恋人に内緒で合コン...よく聞く話だ。

 

昨夜の一件は合コンではないが合コンのようなもの。

 

恋人がチャンミンであるなら特に、1対1じゃなくてもれっきとした裏切り行為だった。

 

昨夜、チャンミンがユノを迎えに来た時の表情を思い出した。

 

ユノを見つけた時に見せた表情を思い出した。

 

(俺がついさっきまで浴衣女子といたことを せんせは知らない。

『ユノさん』って、すっげぇ可愛い笑顔だった。

花火の音を聞かれて、後ろめたい気持ちがかすめた。

俺はせんせに対して、誠実じゃなかった...!)

 

「せんせはすげぇ覚悟を持って俺と付き合うことにしたんだから、その決意を尊重してやりなさいよ。

年下のノンケを恋人に持つ不安感を理解してやりなさいよ。

...そういうことだろ?」

 

「分かってるじゃん」

 

「あのな~、俺にだって恋愛経験はそれなりにあるんだぞ?」

 

「ふん」

 

まるちゃんは鼻で笑い、「どれもパッとしなかったくせにさ」と言った。

 

まるちゃんの言う通りだった。

 

ユノはごろんと床に寝っ転がった(まるちゃん宅は万年コタツの癖に、夏場はイグサの敷物に交換するという細やかさがあった。引きこもりの為、居心地よい室内空間を心がけているのである)

 

ユノは「わーってるよ...わーてる...分かってる...」とつぶやいた。

 

(せんせと付き合えたことに有頂天になってて、せんせの立場になって考えてみることを怠っていたかも)

 

ユノの腹が「ぐぐ~」と鳴った。

 

「腹減ったな。

友の為に冷やし中華を作ってあげようではないか」

 

まるちゃんは台所に立つと、湯を沸かし始めた。

 

「俺も手伝うよ」

 

ユノはその隣でキュウリを刻み始めた。

 

昼食の用意をしながら2人の会話は続く。

 

「ユノよ。

デキる男の条件とは何だと思う?」

 

「いい男?」

 

「ユノが合コンに行った件に話は戻るんだけどさ」

 

「もういいじゃんかよ~。

十分反省したし」

 

まるちゃんは卵を溶きはじめ、ユノは沸かした湯に中華麺を投入した。

 

まるちゃんは、キュウリをつまみ食いしようとするユノの手を、「しっしっ」と払いのけた。

 

「俺の話を聞きたまえ。

ユノは女がらみの誘いを断れないからって、ほいほいのっただろ?

きっぱり断るべきだったのをな」

 

「まるちゃん、しつこい」

 

卵が焼けるいい匂いが、狭い台所に漂い始めた。

 

ユノは湯がいた中華麺をザルにあげ、流水にさらした。

 

もくもくと白い湯気が、台所から部屋へと立ち昇った。

 

「ところがだ。

『きっぱり断る』ってのもよし悪しなんだ」

 

「悪しって...断るのが正解だったんだろ?」

 

今後、その手の誘いがあったら全て断ろうと心に決めていたユノだったから、まるちゃんの言葉には混乱してしまった。

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」