(11)僕の初めて-ユンホ先輩-

 

「抱くのは俺だ」

 

ユンホ先輩は僕の両脇に手をついて、僕を見下ろしていた。

 

鋭くて色気ある視線が降り注いでいるのが、びんびんと伝わってきた。

 

暗闇で助かった、視線の熱気できっと僕は溶けてしまうから。

 

「はぁ...はぁ」

 

興奮と緊張で荒くなった僕の呼吸は、ユンホ先輩に塞がれた。

 

「んっ...ん、ん...ふっ」

 

僕もユンホ先輩に倣って、やみくもに舌を動かした。

 

息が苦しくなってきたけれど我慢した、唇を離して深呼吸なんてしたらムードが壊れてしまう。

 

僕の髪をかきあげていたユンホ先輩の片手が、僕のそこへと落とされた。

 

「ひゃっ」

 

本人の意識を無視して、僕の下半身はパンパンになっていたようだ。

 

先を擦られ、タップし続けられているうち、じわりと濡れてきた。

 

ユンホ先輩は僕の下着の中に手を突っ込んで、その中身のものを容赦なく引っ張り出すんだ。

 

間髪入れず、その手をハイペースで上下させるんだ。

 

「やっ...待って、待って下さい...!

うっ」

 

自分以外の手で、大事なところをしごかれるのは生まれて初めての経験だった。

 

気持ち良さが桁違いだった。

 

「待って待って...イっちゃうから。

ストップ、ストップ」

 

ユンホ先輩は「イっちゃえイっちゃえ」としごくスピードを上げてゆく。

 

「駄目っ!

やっ、やめて...ヤダ!」

 

腕を突っ張らせ、強固に拒んでしまった。

 

「ちっ」とユンホ先輩の舌打ちに、しまった...怒らせてしまったかな、とヒヤリとしていると。

 

「下...脱がせてよ」

 

「!」

 

「脱がないと出来ない」

 

ユンホ先輩はジャケットを脱ぐと、部屋の向こうへ放り投げた。

 

慌てて濡れた下着を脱いだ。

 

次にユンホ先輩のベルトを外し、続いてスラックスも下ろした。

 

最後に下着に指をかけ、そろそろ下げていった。

 

途中引っかかってしまったウエストゴムから、ユンホ先輩のアレが弾む。

 

僕のものとは違う、濃くてエロい匂いが漂った。

 

暗過ぎて、肝心なモノのデティールを目にすることができなくて、残念だった。

 

ユンホ先輩のものが露わになった...次に僕がすべきことは...。

 

探り当てたものの根元を掴み、あーんと口を大きくあけて頬張ろうとした。

 

「ストップ」

 

僕の首根っこはユンホ先輩に捕まれ、彼の股間から遠ざけられてしまったのだ。

 

「抱くのは俺だ。

チャンミンはマグロになっていろ」

 

「え?」

 

ユンホ先輩はさっきの台詞を繰り返した。

 

「ひゃっ!」

 

僕の乳首が吸いつかれたのだ。

 

「へえ...チャンミンはここが弱いんだ」

 

ユンホ先輩は舌先で乳輪の周囲をねっとりと辿り、先端をくすぐったかと思うと、甘噛みした。

 

身体の中心がぞくぞくする。

 

「待って待って、先輩...!」

 

反対側は指の腹で転がされた。

 

「待つって、何を待つ?」

 

「それは...はっ」

 

きゅっと強く吸われると、僕の腰はびくんと浮いた。

 

全部が初めての経験だった。

 

「勃ってるぞ」と尖った乳首をくすぐられ、「ひゃっ」と身をよじらせた。

 

僕は恥ずかしさから顔を覆ったけれど、暗闇の中では無用な動作だった。

 

片手を落してユンホ先輩の股間を探る必要はなかった。

 

ユンホ先輩が身動きする度ひたひたと、彼のものが僕の下腹や太ももを叩いた。

 

その先が濡れていることも。

 

嬉しかった。

 

唇と舌がたてる破裂音が耳にうるさい。

 

視覚が封じられると、僕らの先端から垂れ出る生臭い匂いも、甘い香りに感じられた。

 

 

 

ユンホ先輩に促されて両膝を抱えて、仰向けになった。

 

いよいよだ。

 

ユンホ先輩に気づかれないよう、深呼吸をした。

 

「ふっ...直ぐには挿れないよ。

まずはこれからだ」

 

ユンホ先輩の濡れた1本の指がぴとり、と件の箇所に押し当てられた。

 

「ひっ」と声が漏れてしまうのを、両手で口を押えて堪えた。

 

目を閉じて歯を食いしばった。

 

「...やっぱり」

 

ユンホ先輩はお尻から手を離し、僕の肩を抱き寄せた。

 

「お前...初めてか?」

 

耳元で囁かれた。

 

「...はい」

 

素直に認めた僕の頭を撫ぜてくれた。

 

「今日中は無理だぞ?」

 

「いいえ!

大丈夫です!」

 

僕は再び横になり、ユンホ先輩の手をお尻へと導いた。

 

「平気です!

挿れてください!」

 

「はあ...。

何も知らないんだな」

 

ため息をついたユンホ先輩は、僕を起こすと四つん這いにさせた。

 

「ひゃっ!」

 

熱い吐息がお尻に吹きかけられた。

 

ユンホ先輩は僕のお尻に顔を近づけたのだ。

 

それから、ちゅうっと吸い付いたのだ。

 

「先輩っ、待って待って!

そんなこと...ダメです」

 

お尻の穴をぺろぺろと舐められた。

 

「ひゃっ」

 

何度目の変な声なんだろ。

 

敏感な箇所をじゅっと吸われて、驚きで逃げる僕をユンホ先輩は離さない。

 

「...やっ、ダメ...あっ、らめっ、らめっ...」

 

ちゅっちゅいう音はきっと、僕に聞かせるためにたてているんだ。

 

温かく濡れたもの...それも、ユンホ先輩のもので、イケナイところを舐められている状況だけで、僕の先端から雫が垂れ落ちる。

 

「せんぱ...ら、め...らめです」

 

しつこく丹念に舐めあげられ、僕はお馬鹿になってしまった。

 

今、前をしごかれたら、1往復で絶頂を迎えられる。

 

「らめ...らめ...」

 

30の男が出す声じゃない。

 

ユンホ先輩が僕のお尻を舐めている...なんだよこの状況。

 

じわっと羞恥の涙がにじんだ。

 

僕はなんてことを始めてしまったのかな。

 

ユンホ先輩を「抱く」だなんてとんでもない。

 

ユンホ先輩を繋ぎ止めたくて、衝動的に始めたこれに後悔しかけていた。

 

「緩んできた...よし」

 

ユンホ先輩はお尻に埋めていた顔を上げ、僕を背後から抱きしめた。

 

「次は指で慣らすから」

 

ユンホ先輩の胸の中で僕はこくんと頷いた。

 

任せていれば大丈夫。

 

「せんぱ、いっ...」

 

うずめられる指に、大きく息を吸ったり吐いたり。

 

「痛いか?」

 

僕はぶんぶん首を振った。

 

僕のお尻に、大きく固く膨れたユンホ先輩のものが押し当てられている。

 

こんなに大きなものが果たして挿いるだろうか。

 

オナニーでは興味本位で指を1本だけ、挿れてみたことがあるだけだ。

 

怖い。

 

...けど、ユンホ先輩と繋がらないといけないのだ。

 

 

 

 

「...あは、あ...あぅっ...」

 

ユンホ先輩は腰を前後に揺らして、じわりじわりと僕の中へと埋めてゆく。

 

「んぐ...ぐっ...うっ...」

 

出たり入ったりが何度も繰り返された。

 

僕の背後でユンホ先輩はふうふう言っている。

 

「くっ...うっ...」

 

ユンホ先輩のものが貫通した。

 

圧迫感と異物感で苦しいのに、もっと奥まで挿れて欲しい。

 

抜いて欲しいとは思わなかった。

 

「チャンミン。

どうしてここまで出来る?」

 

「好きだからですよ」

 

震える僕の頬を撫ぜた。

 

「そうか」

 

入口は焼けるように痛いのに、奥底の圧迫感は悪くなかった。

 

「んっ...んっ...」

 

僕の穴がユンホ先輩を包み込み、うねる姿をイメージした。

 

そろそろ、突かれるのかな?

 

ところが、ユンホ先輩は初めての僕を気遣って、ゆさゆさと腰を揺らすだけだった。

 

「どう?」

 

かっかと入口は痛いのにも関わらず、物足りなくて、僕はユンホ先輩の腰に両足を巻きつけた。

 

「いいですっ。

せんぱい、いい、です」

 

 

「邪魔だ」

 

ユンホ先輩は、着たままだったシャツをむしり取った。

 

1度イったおかげか僕の入口はより緩んで、2度目はユンホ先輩のものを飲みこみやすくなっていた。

 

僕の中を出し入れするスピードが増していた。

 

乱暴ではなくて、早く奥深いのに滑らかなピストン運動だった。

 

「あっ...らめっ、そこ...らめっ」

 

「痛い」と口走った途端、ユンホ先輩は動きを止めてしまうから絶対に口にしなかった。

 

経験不足のせいで、痛いと快感の違いが分からなかった。

 

でも途中で何度も意識がふわふわしたし、3度もイってしまっていたから、あれが気持ちいい感覚なんだろう。

 

僕が吐射したものが、ユンホ先輩の胸や腹に塗り広げられている。

 

「先輩...よかったですか?」

 

ユンホ先輩は僕の胸にぐったりと身を預けている。

 

「ああ。

よかった。

よかったよ」

 

その後僕らはしばし、息を整えた。

 

「先輩...重いから下りてください」

 

僕の上になって腰を揺らすユンホ先輩の表情を見たかった。

 

ユンホ先輩の大きな黒眼に映る僕を、見たかった。

 

僕をイカせた腰とあそこを見たかった。

 

いや...見えなくて正解だったのかな。

 

遅刻早退欠勤しまくりの強引なユンホ先輩に、僕は抱かれた。

 

ユンホ先輩のスーツ姿を舐めるように見つめていた僕は、下心たっぷりのいやらしい男だ。

 

だけど、一糸まとわぬ姿となると、僕には刺激が強すぎる。

 

よりユンホ先輩のことが好きになりそうで怖かった。

 

肌のぬくもりと感触。

 

僕の中に放たれた熱いもの。

 

僕は十分に満たされた。

 

「初めてのくせに、『先輩を抱きます』ってなぁ」

 

くすくす笑うユンホ先輩につられて、僕も笑った。