(3)ユンホ先輩

 

入社3年目の夏だったかな。

 

まるで蒸し風呂の倉庫で、ピッキング作業を行っている時のことだった。

 

「先輩って、どこを見ているか分からないことがあります」

 

「ん?

視線がうつろってことか?」

 

唐突な発言に、ユンホ先輩は手を止めて僕の方を振り返った。

 

Tシャツが汗で肌に張り付いていたため、後ろを振り向くときの、筋肉の動きをたどれるほどだった。

 

いかがわしい気持ち抜きで、いい身体だと思った。

 

ユンホ先輩は、首にひっかけたタオルで、顎から滴り落ちる汗を拭き取った。

 

「目がイっちゃってるってことか?

俺はそこまでイカれてないぞ」

 

「へぇ...自覚はあるんですね」

 

ユンホ先輩は腹を立てる風でもなく、唇の片端だけ上げた笑いには面白がる余裕があった。

 

似たような台詞をさんざん投げつけられてきたからだろう。

 

「俺がちょっと変わってることは、重々承知だ。

じゃなきゃ、単なる馬鹿だろ?」

 

「コンタクトレンズしてますか?」

 

「裸眼だ」

 

「そうですか...天然ものですか...。

先輩の眼って...黒目を大きくするコンタクトレンズってあるでしょう。

あんな感じなんですよ。

黒目が大きくて、白目の範囲が狭いんです」

 

「へぇ」

 

「そのせいで、どこに焦点を合わせているのか分かりづらいんです」

 

ユンホ先輩の視線に射られそうになったことが、たびたびあることは黙っておいた。

 

「褒め言葉だと受け取っていいんだな?」

 

歯ブラシのCMに出られそうに真っ白な歯を見せて、ユンホ先輩は笑った。

 

「はい、そうです。

先輩、こちらに来てもらえますか?」

 

僕はユンホ先輩を窓際へと手招きした。

 

ユンホ先輩の瞳の微細なところまで、見てみたくなったのだ。

 

深い角度で差し込む真夏の日光に、ユンホ先輩は目を細める。

 

「まぶしかったですね、すみません」

 

「くそっ...見えない。

真っ暗だ。

え~っと、これは明順応って言ったっけ?」

 

「逆です、これは暗順応です。

先輩、目を見せてください」

 

目をしょぼしょぼさせているユンホ先輩の顔を覗き込んだ。

 

僕はユンホ先輩の黒目に興味津々で、彼の唇まで10㎝の距離まで接近してしまっていることに気づかなかった。

 

もし影から覗き見する者がいたとしたら、キスする寸前に見えたと思う。

 

ユンホ先輩はじっとしていた。

 

目がくらんだことで瞳は潤み、薄暗い倉庫内に戻ったことで、瞳孔が大きくなっていた。

 

だから余計に、どこを見ているのか分からなくなった。

 

熱っぽく僕を見つめているのでは?と、錯覚しそうだった。

 

でも、入社3年目の僕は、彼の本質的な美しさを見逃してばかりいた。

 

違う。

 

ユンホ先輩の勤務態度の悪さに意識がもっていかれていたため、僕の中で芽生えていたものは、心の奥底に隠してしまっていた。

 

「ピュアっピュアな眼ですね」

 

男相手に「綺麗な眼です」とストレートに褒めるのは、さすがに気持ち悪い。

 

冗談めかして感想を述べるしかなかった。

 

ユンホ先輩は、「ふぅん、意識したことないなぁ」と、首にかけたタオルでゴシゴシ目元を擦った。

 

照れているな、と可笑しくなった。

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」