(6)ぴっかぴか

~チャンミン~

 

金髪の男...ユノは思った通り素直で、さらには正直な奴のようだった。

 

恋愛対象が同性だと教えてあげたのは、実は僕の計算づくだったんだけどね。

 

ユノの反応を見たかったんだ。

 

僕は男が好きな質だと聞かされたユノは、「気持ち悪い」とはっきり認めた。

 

いいねぇ...素直で正直な男、好きだよ。

 

そして、席を立つこともなくここに留まり、僕の顔や身体をまじまじと観察している。

 

そろそろ、僕のルックスの良さに気付いたかな?

 

さすがに手を握った時は拒まれたから、ちょっと早すぎたかな?

 

面白くなってきたぞ、心中でニヤついていた僕。

 

待って。

 

ニヤつく前に、もっとショッキングなことがあったではないか!?

 

ユノが...童貞だった!

 

どうして!?

 

僕はジャングル奥深くに踏み入る探検隊員。

 

過酷極まる探索道程の末、ついに目にした幻の果実...ツヤツヤ、ぷるっぷるの美味しそうな果実

 

...そんな感じ。

 

ぴっかぴかを探していたところ、なってこったい、真正のぴっかぴかと巡り会ってしまった。

 

チェリー君なんて珍しくもなんともないが、ユノの場合は違う。

 

雑誌の中のモデルがそのまま抜け出たかのようなルックス、モテないわけがない。

 

爆イケ男がモテなかったり、機会はあるのにアレできなかったとしたら、性格と性癖に問題を抱えているのだ(シム基準)

 

ところが、会話をしてみて分かったのは、ユノはからっとした性格で、気遣いのできるいたって常識的な男...全然、チャラくないのだ。

 

なぜ?

 

性格に問題がないとしたら、考えられる理由は三つしかない。

 

その1・・・小指サイズ。

その2・・・バットサイズ。

その3・・・ユノは女性だった

(僕のいい男センサーが狂っていたことを認めることになってしまう)

 

想像を巡らす前に、手っ取り早く目視確認をすればいい。

 

僕は肘でおしぼりを床に落とした。

 

「落としちゃった...拾わなくっちゃ」

 

それを拾おうと身をかがめ、対面に座るユノの股間を確かめる。

 

「ごくり...」

 

スリムパンツを履いてくれてありがとう。

 

サイズに問題なしだ。

 

他には、極度の緊張しぃか、速度の問題くらいしか考えられない。

 

半袖から伸びる二の腕は太く、手を動かす度に素晴らしい筋肉の盛り上がりを見せてくれる。

 

あの逞しい腕に腰を抱かれたい!

 

探検隊は数日間飲まず食わずだった。

 

...水を、水を下さい...。

 

僕に甘くて、果汁たっぷりの果実を下さい...。

 

従僕でチェリーな男相手に、こうまで苦戦するなんて悔しすぎる。

 

加えて、ユノの股間を(生地越しとはいえ)目にしてしまったら、僕のアソコをあの太いものでみっちみちに埋めて欲しくなった。

 

好みの男を見つけたら、まず身体つきに目がいってしまう僕は、つくづく下半身に支配されている男だなぁと呆れてしまう。

 

でも...仕方がないだろう?

 

僕をすみずみまで満たし、刺激して、幸福にして欲しいのだから。

 

だから、ここで諦めるわけにはいかないのだ。

 

「おい。

口開いてるぞ」

 

「へ?」

 

間抜けな顔をさらしてしまった。

 

考え事に夢中になっていて、目の前の獲物の存在を忘れていた。

 

ユノの指摘に、羞恥の汗がにじんだ額をおしぼりで拭こうとしたら、「それ、床に落ちたやつだぞ」と注意された。

 

もっと恥ずかしくなった僕は、うつむくしかない。

 

(カッコ悪すぎ...。

なんだよ、これ。

いつの間にかユノのペースになってるじゃないか)

 

幻の果実は強風にあおられ、手を伸ばしても寸でのところでかわされ、それをもぎとることができない。

 

「これで顔を拭け。

あんた...顔が真っ赤だぞ。

具合が悪いのか?」

 

新しいおしぼりをユノから受け取った(いつの間に、店員に頼んでいたらしい)

 

ユノという男...気が利く...僕の方がくらっとしてしまうよ。

 

僕のペースに早く戻さないと!

 

アルコールは得意じゃないと言ってたわりには、色白な肌は白いまま、口調もしっかりとしている。

 

案外酒に強い奴なのかもしれない。

 

ハイボール一杯程度じゃ足りないってことか。

 

僕なんて焼酎の中瓶3本開けていて、アルコールには強い僕でも酔いが回っていた。

 

「男もいいかもしれない...」とくらっとさせて、深酔いさせてホテルに連れ込む作戦は、早い段階で諦めていた。

 

僕の方が深酔いしそうだった。

 

これまで成功に導いてきた色気作戦が、ユノには通じない。

 

今夜中にいただくのは無理かもしれない、とくじけそうになった。

 

でも、正真正銘のぴっかぴかを簡単に諦めてたまるものか。

 

処女雪の最初の一歩は、僕で決まり。

 

「もっと飲むか?

酒で失恋を吹き飛ばそうぜ」

とユノは言って、ボトルが空くなり四本目を注文しようと手を挙げた。

 

「待って。

僕...もう限界みたいだ」

 

じわじわ作戦だ...なんてトロいことをしていられる余裕は、今夜の僕にはない。

 

僕のアソコをガンガングリングリン、イジメて欲しいのだ。

 

ぴかーんといいアイデアが浮かんだ。

 

僕はテーブルに突っ伏した。

 

「チャンミン!

大丈夫か!?」

 

ユノのお人よしで世話好きそうなキャラを利用させてもらうよ。

 

ぷー、くすくす。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

 

(5)ぴっかぴか

 

~ユノ~

 

銀髪の男、チャンミンの恋愛対象は『男』だという。

 

おとこ、男、男、男、男、男、男、♂、おとこ、おとこ、おとこ、OTOKO...。

 

俺は男...!!!!

 

...もしかして俺、狙われてる!?

 

突然、俺のテーブルについた時点で不自然だ。

 

「好みだわ」って射止められたんだろうか?

 

固まってしまった俺に、チャンミンは泣いてしまった。

 

...マズいな、傷つけてしまったかな。

 

初対面の他人にカミングアウトした結果、ドン引きされたのだ。

 

泣いてしまっても仕方がないか。

 

「これで涙を拭けよ」

 

両手で顔を覆ってしまったチャンミンに、おしぼりを差し出した。

 

チャンミンは素直にそれを受け取り、そっと目頭を押さえた。

 

その拭き方が上品で、女の子がメイクを崩さないよう涙を拭く風に見えて、俺の目にはチャンミンが女っぽく映ってしまう。

 

白シャツにレザーの超細身のボトムスに身をつつんでいる辺り...いかにも『それ』っぽい(偏見の塊だな、俺)

 

「......」

 

チャンミンは頭を上げ、ごしごし目をこすってから、にこり、と笑った。

 

うわぁ...いい笑顔じゃん。

 

つい見惚れてしまい、あぶないあぶない、男によろめきそうになってしまった。

 

チャンミンは俺に対して、やたら前のめりだし、気を付けないとこの男に食われてしまうかもしれない!

 

と、自分を叱りつけたが、さっきがぶ飲みしたアルコールのせいでぐらり、と視界が揺れた。

 

これ以上は控えた方がいい、この後の自分に責任が持てない。

 

つぶれてしまったら、この男にホテルに連れ込まれてしまうに決まってる!

 

「...ユノ、大丈夫?

顔が真っ青。

外の空気を吸おうか?」

 

「いや、平気だよ。

チャンミンこそ飲みたければ、もっと注文しなよ。

すみませ~ん!」

 

チャンミンの前の空になったジョッキを指さし、追加の酒を注文しようとした。

 

この奇妙な雰囲気をかき消したいと思ったのだ。

 

もっとも、気まずく感じているのは俺の方だけかもしれない。

 

「これと同じもの...ハイボールでいい?

焼酎?

オッケ。

焼酎をお願いしまーす。

え?

ボトルで?

オッケ。

銘柄は何でもいいよな?」

 

注文を終えた俺は姿勢を正して、目前のチャンミンと対峙した。

 

俺のカミングアウト、チャンミンもカミングアウト。

 

互いにデリケートな内容を共有したおかげで、ぐっと距離が狭まったのは確かだ。

 

「...つまり、俺たち二人とも、チェリーってことか、ハハハ」

 

何かを誤魔化したい時の俺の癖、ピアスをいじった。

 

「ユノもピアスしてるんだ。

ほら、僕も」

 

チャンミンは真ん中で分けた長い前髪を耳にかけ、自身のピアスを披露してくれた。

 

互いのカミングアウトまで、見ず知らぬ男の接近で緊張していた俺だったから、今になってチャンミンのピアスに気付いたのだ。

 

「これ、もしかしてダイヤモンド?」

 

「うん」

 

こんなピアスを付けている男なんて...堅気じゃないに決まってる!

 

職業は何なんだろう?

 

「ずっと前、付き合ってた人からもらったんだ」

 

「チャンミン...前に付き合ってたっていうのも、男だったんだ?」

 

「...そうだよ」

 

「フラれたって言ってたよね。

そいつも、男だったんだ?」

 

「当ったり前でしょう?」

 

チャンミンは人差し指でつん、と俺の腕を突いた。

 

(ひぃっ)

 

チャンミンの行動に、俺はつい腕を引っ込めてしまった。

 

鳥肌が立っていた。

 

さっきまで慰めようと肩をさすってやっていた俺が、カミングアウトを受けて突如、態度を変えてしまって、失礼だったかな、と思う。

 

嫌がってるわけじゃないぞ、の意を込めて、引っ込めた腕をテーブルの上に戻した。

 

チャンミンは気分を害した風でもなく、俺の顔をニコニコ笑みを浮かべて見つめてくる。

 

俺もぎこちない笑みを浮かべる。

 

第3ボタンまで外したシャツ、ぴっちぴちにタイトなボトムス...派手な髪色、整えられた眉毛...男のものにしては細い指...そして何より、男にしておくのは勿体ない『美貌』

 

恋愛対象が同性と知ってしまうと、チャンミンの見た目は「いかにも」だ。

 

この手の奴に会うのは25年の人生、初めてだった。

 

「びっくりした?」

 

「うん」と、俺は正直に認めた。

 

「気持ち悪いと思った?」

 

「...うん」と、これも正直に認めた。

 

拒否感は否めない、受け入れたふりはよしておこうと思ったから。

 

いつか、何かしらのタイミングで、嫌な顔をしてしまいそうだから...こういう生理的なものは隠し切れないものだろうから。

 

...ん?

 

チャンミンとは今この酒の場だけのつもりだったのに、今後も会うつもりでいるのか?

 

「気に入った。

ユノが気に入ったよ」

 

メロンソーダのグラスを持った手が、チャンミンの両手に包まれた。

 

「!」

 

払いのけそうになるのを、ぐっと堪えた。

 

偏見は...駄目だよな、うん。

 

俺は童貞だけど、手を握られることくらいどうってことないのだ...ハグやキスまでは出来るのだ...ただし女子限定。

 

「やだな。

警戒しなくても大丈夫だよ。

そりゃあ、僕は傷心中で寂しいけどね。

だからって、ユノをどうにかしようなんて考えてないから」

 

チャンミンの言葉に俺は、安堵した。

 

今夜ひと晩、酒を酌み交わすだけの仲だ...のつもりでいたけれど。

 

予定が変わりそうだった。

 

俺はチャンミンという男...恋愛対象が同性だというこの男の生態に興味津々になっていた。

 

だから、ひと晩だけだなんて、つまらないなぁと思ったのだ。

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

(4)ぴっかぴか

 

~ユノ~

 

見ず知らずの男に、俺の恥ずかしい秘密を暴露しようとしている。

 

どうせこの場限りの仲だ。

 

恥をさらしたって、構いやしない。

 

とは言え、『例』のワードを口にするには勇気が必要だ。

 

脇に押しやっていた、濃い目のハイボールをぐびぐび飲んだ。

 

銀髪の男...チャンミンは「無理したら駄目だよ」と、ジョッキをあおる俺の腕を押しとどめた。

 

客たちでぎっしり席を埋めた周囲を見渡して、「よし」と気合を入れた。

 

チャンミンに手招きする。

 

身を乗り出したチャンミンの、目鼻口が正しい位置に正しいサイズでおさまった顔が近づいた。

 

ふわっといい香りがして、最初の印象通り、きざったらしい男だなぁと思ったけれど、イヤな香りじゃない。

 

ん...?

 

イヤな香りじゃないけど...これは、多分女もの(後輩の女の子も似たような香りを漂わせていたから)

 

攻めた格好をしているわりに、香りといい優し気な話し言葉といい、つかみどころがない男だ。

 

近すぎるだろ...吐息がかかるくらい距離を詰めてくる。

 

「俺さ、チェリーを大事に守ってるんだ。

そうそう簡単に、えっちしたくない」

 

チャンミンの頬がぴくっと震えた。

 

「ホント?」

 

俺はこっくり頷いた。

 

『この子だ』と思える子じゃなければ、大事に大事に守ってきたアソコを捧げるつもりはないのだ。

 

「俺の主義を受け入れられなかったから、彼女は俺をフッたんだ。

...彼女の言い分はわかるけど...。

つまり、俺が悪いんだ」

 

男のくせに何言ってるの、と馬鹿にしたければすればいい。

 

男友達にも白状したことのない、俺の信念。

 

「『この子』だと心から思える子としたいんだ」

 

チャンミンは乗り出した半身を起こす。

 

「そうなんだぁ」

 

「え...?」

 

思いっきり馬鹿にするかと思ったのに、予想に反してチャンミンは腕を組んでしみじみと、うんうんと頷いている。

 

「そうなんだぁ」

と繰り返したチャンミン、なんだか嬉しそうだぞ。

 

「笑わないのか?」

 

「笑うもんか。

これまで、『この子だ!』と思えた子はいたの?」

 

俺は首を左右に振った。

 

「君は童貞君なんだ」

 

恥ずかしくて口に出来なかったワードを、目の前の男はズバリ言う。

 

俺は首を縦に振った。

 

「そうなんだぁ...へえぇ...」

 

「感心するようなことじゃないと思うけど?」

 

「僕らは『同士』だね」

 

「同士?」

 

「僕もね、童貞君なの。

だからユノと一緒、チェリー仲間だよ」

 

チェリー...?

 

「ええぇぇ!?

嘘だろう?」

 

派手な髪色、キザなファッション、女ものの香水...それなのに童貞...!?

 

チャンミンに手招きされて、今度は俺の方が身を乗り出した。

 

ずいっとチャンミンは顔を寄せてくる。

 

近い近い!

 

「僕ね、女の人とヤッたことないの。

したいとも思わない」

 

「!」

 

俺の片手が、チャンミンの両手で包み込まれた。

 

「...え~っと。

こ、これは、どういうつもり...なの...かな?」

 

手を握られて、ぐんと体温が上がった。

 

重ねられた下の手を動かせずにいた。

 

「女の人を見ても、ぜ~んぜん興奮しないの。

だから、女の人とヤッたことないの。

ユノと同じ童貞なの。

男の人が好きなの」

 

「うっわ~。

モテそうなあんたが、俺とおんなじ...ど、どーてぃ...。

ん?」

 

この男...聞き逃せないことを言ったぞ。

 

「ええぇぇっ!?

...あんた、『ゲイ』なのか?」

 

さっき摂取したアルコールが、俺を大胆にした。

 

「ストレートに言っちゃうんだねぇ。

...好きだよ、そういうとこ」

 

チャンミンはとろんとした眼差しで、俺を見る。

 

こ、この目は...「眠たいんだ」の目じゃない!

 

「待て待て待て待て!

俺はそういうつもりは、全然ないんだ!」

 

チャンミンの両手の下から手を抜いて、身を乗り出した彼の肩を押した。

 

「...僕のこと、気持ち悪いって思った?」

 

上目遣い。

 

「い、いや...」

 

「僕は、気持ち悪い?」

 

「いや...えっと...」

 

チャンミンの両眉が下がった。

 

そして、大きな目が潤み、ぽろりと涙を流したのだ。

 

女の子にフラれて泣いていた俺が、初対面の男を泣かしてしまった!

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

(3)ぴっかぴか

 

~チャンミン~

 

思案を巡らす僕を、ユノは「大丈夫か?」と、心配そうにのぞき込んだ。

 

控え目ロゴのTシャツとアイスグレーのスリムパンツ...さりげなくテーブル下をのぞくと、流行りのスニーカー履き。

 

ブリーチしたてなのか、こまめにアフターケアをしているのか、髪の根元まで綺麗な金髪で、白い肌によく似合っている。

 

片耳にはピアスが3つ。

 

ところが、その黒目がちな眼は小動物のように無垢で、今どきな若者の見た目とのギャップにやられた。

 

しまった...人選を誤ったかな。

 

この男は『善良』過ぎるかもしれない。

 

騙して押し倒して、ヤルことだけヤッてバイバイする予定でいた僕。

 

ユノのアレを僕のアソコにずぶりと埋めて、がんがんに腰を振ってもらうつもりでいたのになぁ。

 

僕の欲望を満たす為に利用されるユノを思うと、ちくりと良心がとがめた。

 

「いただきまーす」と大口を開けた直前に、慈悲の情に邪魔されて、丸飲みすることに迷ってしまった虎...こんな感じ。

 

でも、ここで引いてしまうにはいい男過ぎた。

 

そうだそうだ、僕は恋愛に関してはクズ男なのだ。

 

僕の考えなど露知らず、運ばれてきたハイボールをちびちびとすすっている。

 

アルコールが苦手だという話は、本当のことみたいだった。

 

僕は店員さんを呼び止めて、イケメン過ぎる下戸のためにメロンソーダをオーダーしてあげた。

 

こういうさりげない気配りが、男の心をくすぐるんだなぁ。

 

計算づくの僕の言動...おいしそうな男を前にすると僕は下心を隠した...爪を隠した虎になるんだ。

 

「ズバリ訊いてしまうけど、フラれた理由って何?

あ!

言いたくなかったら、いいんだぞ」

 

ユノは僕を慰めようと、話を振ってくれた。

 

困ったな...。

 

ユノの警戒心を緩めるために、僕も失恋した設定で近づいてはみたものの、具体的なエピソードを何も用意していなかった。

 

「泣き言でも愚痴でも、口に出すと気が楽になるぞ。

俺はあんたとは初対面だから、かえっていいんじゃないかな?

これが友人だったら全力で励まされたり、別の子を紹介されたり余計なおせっかいを焼かれたりしてさ。

無理に話せとは言わないから」

 

本気で親身になってくるユノに、調子が狂う。

 

これぞというネタが思いつかなかった僕は、代わりにユノに話をふった。

 

「ユノは?

フラれた理由は何だったの?」

 

「んー」

 

言い渋るユノ。

 

ユノの過去の話なんて全然興味がなかったけど、僕は興味津々とばかりに、ずいっと身を乗り出した。

 

この角度だと、第3ボタンまで外した襟元から、僕の胸が見えるハズ。

 

マッチョ過ぎないギリギリラインを狙ってつけた、ガリガリでもない、ムッキムキでもない...いい感じの胸板が見えるはずだ。

 

もっと深く屈めば、乳首を見せられるけど、やりすぎは禁物。

 

ユノは女の子が好きなノーマル男子だから、男オトコしていない中性的であるのがいい。

 

「おい。

乳首が見えてるぞ。

ボタンをかけた方がいいんじゃないか?」

 

...駄目か...。

 

顔を赤らめている風でもなく、僕の胸元を指すユノはしごく真面目に言っているらしい。

 

見えたとしても初対面の者にずばり指摘できないのが普通だろう。

 

気づいていても気付いていないフリ、っていうの?

 

「かけた方がいいぞ。

ボタンが取れてるのかな?って、さっきから思ってたからさ」

 

「教えてくれてありがと」

 

「もしファッションとしてボタンを開けてたのなら、ごめんな。

見せつけたいのかな?とも思ってたからさ」

 

まるで僕に露出癖があるみたいじゃないか、と僕の方が顔を赤くして、ボタンを留めた。

 

「どうりですうすうするなぁって、思ってたんだ」

と、答えるしかない。

 

ユノには色気作戦は通じない。

 

これは強敵だぞ、と思った。

 

流れが中断してしまったが、

「話の続き。

フラれた理由って何?」

 

色気が無理なら、心の距離を縮める作戦に変更だ。

 

ユノの失恋に同調して、慰め、励まし...失恋同盟を結んで、「やっぱり寂しいな。ひとりになりたくない...」と言わせられれば、僕の作戦勝。

 

ユノは数秒ほどテーブルに視線を落としていた後、勢いよく顔を上げた。

 

そして、僕を上目遣いで見る。

 

黒目がちの目が小動物のようで、やっぱり可愛い、と思った。

 

(僕の方が、ユノにくらくらっときてどうするだよ、ね?)

 

「もし、付き合ってる子がえっちするのを拒んでいたら...どう?

あんたはどう思う?」

 

あり得ない...。

 

僕の常識ではあり得ない。

 

セックス無くして恋人でいる理由はどこにある?

(僕は恋愛感情抜きの方がリラックスできるけどね)

 

「...僕だったら落ち込むかなぁ。

好きじゃないのかな?って思うだろうね。

好きになったのなら、えっち抜きはダメでしょう」

と、答えた。

 

すると、

「...そっかぁ」

 

ユノはがっくり首を折り、「はあぁぁ」と深いため息をついた。

 

ユノの反応に、「ん?」と思った。

 

「ということは、彼女がえっちするのを嫌がってたの?」

 

「嫌がったというかなんていうか...。

え~っと、それは...うまくいかなかったっていうか」

と、歯切れが悪い。

 

ユノの太い首筋と太い鎖骨に僕はくらっときていて、早くこの身体に組み敷かれたくて仕方がなかった。

 

上品な顔つきのくせして、首から下は逞しい男そのもので、そのギャップにそそられる。

 

ユノの彼女の気が知れない。

 

だって、こんなにいい男なのに、彼とヤるのを渋るとは、なんて贅沢な子なんだ。

 

本当に今夜はついてる!

 

裸になってしまえば、そいつがどんな服を着てたなんて関係ないけれど、センスがいいにこしたことはない。

 

例えホテルに向かう道中であっても、互いに腰を抱いて歩く時、見栄えのする男だといい気分になる。

 

まあ、ちんちくりんだったり、太っちょにはそもそも食指が動かないんだけどね。

 

ルックス抜群、センスのいい服装...。

 

ユノが欲しい。

 

「嫌がってたのは俺の方なんだ」

 

「なんで!?」

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

(2)ぴっかぴか

 

~チャンミン~

 

ますます好みだ...。

 

その男の顔を真正面から拝んで、僕は大いに満足した。

 

滅茶苦茶イイ男じゃないか。

 

すっかり氷が溶けてしまった彼のグラスの中身は少しも減っておりず、ミルク色のそれはカルーアミルクか何かか。

 

酒が強そうな見た目からのイメージに反して、飲み物はお子様なようだ。

 

ますます「いい!」と思った。

 

僕はギャップに弱いのだ。

 

グラスに添えた指も節が太く、この指で僕のあそこを埋められ、かき回されたいと思った。

 

腰の後ろがうずいてきて、獲物を前に早くも僕の身体は反応しているようだ。

 

「ごめんね。

突然、びっくりしたでしょ?」

 

目の前の男はこくり、とゆっくり頷いた。

 

きめの細かい肌に小さな顎、男のくせに唇は赤い。

 

こんなにいい男なのにフるなんて...彼女は余程酷いことを、彼にされたんだろうね。

 

浮気をしたか、キレると激高するとか性格面に問題があるのか...おかしな性癖があるのか...それとも彼女に気になる男ができたのか。

 

派手な髪色をしているわりに雰囲気はほわんとしていて、案外素朴な奴なのかもしれない。

 

目が充血しているのは、失恋で泣いてたのかな?

 

可愛いなぁ。

 

彼の頭の中はクエスチョンマークでいっぱいなんだろう、なんとも複雑な表情で僕を見ている。

 

「勧誘でも、ナンパでもないよ。

...ひとりで飲んでるのが寂しくなっちゃって...。

君もひとりだったから、ご一緒したくなって...」

 

「はあ...」

 

相変わらずぽかんとしている金髪君。

 

別れ話の顛末の様子を、こっそり観察していたことは伏せておこう。

 

「僕ね、失恋しちゃったの。

でね、悲しくて寂しくて...。

ひとりで飲んでたんだけど、この虚しい気持ち、誰かに聞いてもらいたくって...」

 

眉をひそめて、泣き出しそうな表情をつくる。

 

出てもいない涙を拭ってみせたら、彼はハッとしておしぼりを差し出してくれた。

 

「...泣くなよ...」

 

「だって...フラれちゃって...。

辛い...」

 

彼は立ち上がると、テーブル越しに僕の肩をさすってくれる。

 

「困ったな...」とつぶやいている。

 

金髪君は素直で単純、困っている人を放っておけない、騙されやすいタイプのようだ。

 

僕は内心「ちょろいな...」と、つぶやいた。

 

「ずっと好きだったのに、フラれちゃった。

あ...名前を聞いていなかったね。

僕はチャンミン。

君の名前は?」

 

「俺?

えっと...ユノ。

ユノ」

 

「はじめまして。

見ず知らずの人に、いきなり愚痴ったりしてごめんね。

びっくりするよね?」

 

「ま、あぁ...びっくりしたよ。

え~っと、チャンミンさん」

 

「呼び捨てでいいよ。

年は同じくらいでしょ?

いくつ?

...25?

偶然!

僕と同い年だね」

 

「え...じゃあ、チャ、チャンミン。

俺、あんたの気持ち、すげぇ分かるよ。

何の慰めにもならないかもしれないけど、俺も失恋したばかりなんだ」

 

「え!?」

 

まるで初耳のように、僕はがばっと顔を上げた。

 

今度はユノの方が泣き出しそうな顔を...いや、本当に泣き出した。

 

「...っく...うっ...。

俺...15分前にフラれたところなんだ」

 

「えっ!?

ついさっきじゃないか?」

 

「うん...っく...っう...。

そうだよ。

あんたが座ってる席に、さっきまで彼女がいたんだ」

 

見かねて手渡したおしぼりで、ユノはごしごし顔を拭いた。

 

その拭きっぷりが大胆で、おしぼりの角を揃えてたたんでるような男に虫唾が走る僕だったから、ユノの評価がぐんと上がった。

 

「そうだったんだ...。

無神経だったね、ごめんね。

ユノさんは凄いカッコいいのに、フラれるなんて...信じられない」

 

「俺のことも呼び捨てで呼んで。

同い年なんだし。

そういうチャンミンも、カッコいいよ」

 

何を互いに褒め合ってるんだと馬鹿馬鹿しくなったけど、ユノに関してはお世辞抜きにずば抜けたルックスの持ち主だ。

 

惜しい...女の子たちだけのものにしておくには、あまりにも惜しい。

 

この男が欲しい。

 

「そっか...チャンミンもフラれたんだ。

はあ...。

失恋って辛いよなぁ」

 

「うん...。

僕...立ち直れないかもしれない」

 

と、心底辛そうにがっくり肩を落としてみせると、ユノは「同感だよ」といった風に、僕の肩をぽんぽんと叩いた。

 

「俺だって立ち直れないよ、今さっきの話だからさ。

途方に暮れてたとこなんだ」

 

悲し気に片頬をゆがめたユノに、ぞくり、と色気を感じた。

 

この男に抱かれたい!

 

「失恋した者同士、飲み明かしましょうよ。

こ~んなジュースみたいなのを飲んでいないで...」

 

「...あ!」

 

ユノのグラスを取り上げ、一気に飲み干した(甘い!)

 

「もっと辛口なものを飲みましょう」

 

あっけにとられたユノに構わず、僕は店員を呼んでハイボールをオーダーした。

 

注文したものが届くまで、僕は頬杖をついてユノをじぃっと見つめる...とろんとした目付きで。

 

ノンケな奴でも、まぶたを半分落とした僕の目元に、ドキリとするものなのだ。

 

グラスワイン3杯で、僕の頬はほんのりピンクに染まっているハズ。

 

男相手に今、色気を感じたぞ、ごくり...ってな具合になるハズだ。

 

ところが、

「あんた...眠いのか?」ときた。

 

え...?

 

「いや...眠くないよ」

 

通じない。

 

ユノは女の子にフラれたばかり、いきなり男にぐらりと傾く...なんて無理な話か。

 

「眠いのなら早く帰った方がいいぞ?」

 

「帰りたくない。

...ひとりになりたくないんだ」

 

「だろうなぁ。

その気持ち、すげぇ分かるよ。

悶々として眠れなさそうだ」

 

「でしょ?

飲み明かしましょうよ。

僕が奢ってあげるから」

 

「いや、そういうわけにはいかないよ。

ここは割り勘で...。

言いにくいんだけど、あいにく俺はアルコールは得意じゃないんだ」

 

「弱いの?」

 

「そうとも言えるのかなぁ...。

人様に迷惑をかける酔い方をしてしまうから、控え目にしてるんだ」

 

「そうなんだ...」

 

ユノを深酔い状態にして、ホテルに引っ張っていこうかと...極めて、ありがちな手法が使えないと分かり、僕は別の作戦を練り直す。

 

時間をかけて接近をはかった方が、無理なく行為に持ち込めるのだけど、この日の僕はかなり切羽つまっていて、一刻も早く誰かに抱かれたかった。

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」