(26)時の糸

 

 

「もう怒ってないから、ね?

ユノ、ごめん」

 

「......」

 

ユノは顔を覆ったまま、無言だ。

 

チャンミンはすっかり動揺してしまって、ソファまですり寄ってユノの膝に手を置く。

 

「ごめん、ユノ!」

 

「......」

 

ソファに座るユノを見上げる。

 

「機嫌を直して。

ほら、もう怒っていないから、な?」

 

「......」

 

ユノの口角が、上がってきた。

 

「クククク...」

 

「え?」

 

「アハハハハハ!」

 

堪えきれず笑い出したユノに、チャンミンの口はポカンと開いたまま。

 

ユノが自分をからかっていることに、気づくチャンミン。

 

「ちょっ、ひどいよ、ユノ!」

 

ふくれるチャンミンに、ユノはチャンミンの肩をポンポン叩いた。

 

「ユノさんは何のこれきし、簡単には泣かないんだな」

 

ユノは、再び機嫌を悪くしたチャンミンを覗き込む。

 

「機嫌を直して、チャンミン、ね」

 

自分の言動に、すぐさま反応するチャンミンを可愛らしく思えて、ユノは思わずチャンミンの頭をなぜていた。

 

「さぁ、一緒にご飯を食べようか。

腹が減ってるから機嫌が悪いんだね、僕ちんは?」

 

「子供扱いするな」

 

ユノの手を払って立ち上がったチャンミンだったが、耳まで真っ赤だった。

 

ユノに触れられてゾクゾクしていた、全身。

 

(だから、ユノのスキンシップに弱いんだって!)

 

キッチンに向かいながら、チャンミンは、感情をあらわにした自分に驚いていた。

 

感情が自分の胸内に激しく渦巻いていた。

 

胸の鼓動が早い。

 

(ユノといると、新しい僕が次から次へと、発見される)

 

 


 

 

~ユノ~

 

 

「美味しそうな匂い!」

 

「グラタンだよ」

チャンミンは、パッケージを見ながら答える。

「ほぉ、グラタンなんて凝ったものを」

「焼くだけだから」

白いキッチンカウンターの上は、オーブンと真新しい炊飯ジャーのみ置かれていて、スッキリとしている。

(チャンミンっぽいなぁ)

俺は、キャビネットの扉を開けたり、冷蔵庫の中を覗き込んでいると、チャンミンは

​「ユノは邪魔だから、あっちに座ってて」

 

と、俺の背中を押した。

「はいはい」

リビングのソファに座って、キッチンに立つチャンミンを眺める。

(一週間前は、むっつり、モジモジ君だったのに、この変わりようは!)

ボヤキながらも、俺はチャンミンに見惚れていた。

(カッコいい奴やな)

​実際、チャンミンは通り過ぎる人が思わず振り向いてしまうくらい、美しい容姿の青年だった。

​ドームの中で、もの思いにふけっているチャンミンを見かけた時も、そう思っていた。

今は身近な存在になったからか、よりリアルに彼の美しさが分かる。

手足が長く、動作も冴えている。

鼻梁の額から伸びるラインが美しい横顔。

何度もオーブンを開け閉めしてみたり、冷蔵庫から飲み物を取り出して、テーブルに並べたりする動作が微笑ましい。

​グラタンのパッケージを読む、くそ真面目な目元。

眉根を寄せて、タブレットを取り出し調べ物をしながら、つぶやいているところ。

グラタンの焼き具合をチェックして、「よし」と口に出してるところ。

それから、「不法侵入」をした俺に腹を立てて怒った表情。

チャンミンの気持ちが、表情に現れているところを見ることができて、幸せだと思った。

明らかに、彼の中で変化が起こったらしい。

嬉しくもあり、同時に「寂しい」と思った。

チャンミンに渡す予定の、お土産の入った袋を意識した。

(チャンミン、ごめんな)

心の中で、彼に謝った。

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

(25)時の糸

 

 

 

「わっ!」

 

肩の上の手の持ち主は、ユノだった。

 

激しく収縮した体の力を抜いて、深く息を吐き、チャンミンは

 

「お願いだから...」

 

ユノを睨む。

 

「もっと『普通に』入って来てよ!」

 

チャンミンは、怒鳴っていた。

 

チャンミンの剣幕に驚くユノは、白いシャツに黒のジャケットを羽織っていて、いつもよりフォーマルなファッションだった。

 

(出張だったから、スーツを着てるんだ)

 

ユノに対して腹をたてつつも、冷静に彼の全身を観察していた。

 

(違うピアスを付けている)

 

ユノの耳には、小さな黒い石が光っている。

 

腹を立てているチャンミンの様子にも、ユノは悪びれることなく、

 

「だって、チャンミン出ないんだもの。

心配だったからさ。...」

 

クスっと笑って肩をすくめた。

 

「僕の風邪はもう治ったよ!」

 

「万が一ってことがあるじゃん」

 

すっとチャンミンの目は細くなる。

 

「違うね!

ユノは、僕を驚かせようとしたかっただけだと思うな!」

 

「バレた?」

 

チャンミンはユノを真っ直ぐ睨みつける。

 

「ユノの行動パターンは、なんとなく分かりかけてきた」

 

ユノは、ふっと真剣な表情になる。

 

「ねぇ」

 

「何?」

 

チャンミンはまだ不機嫌な声だ。

 

「大丈夫?

気分が悪かったんじゃないの?」

 

ユノは先刻、チャンミンが洗面所でうつむいていたのを案じていた。

 

「頭が痛いのか?」

 

男性のものにしては赤みを帯びたユノの唇から、目をそらしながらチャンミンは、

 

「平気だって、ただの立ちくらみだよ!」

 

チャンミンは苛立っていた。

 

この時のチャンミンは、ユノの気遣いが少しだけ、少しだけうっとおしく思えた。

 

「それなら、いいんだけど...さ」

 

「ところで、ユノ!」

 

チャンミンは、リビングへ向かおうとするユノの腕をつかんだ。

 

「な、何?」

 

チャンミンから触れてくることは初めてだったから、ユノは、つかまれた腕を強く意識してしまう。

 

「僕はユノに聞きたいことがあるんだ!」

 

 

 

 

チャンミンはユノの腕をつかんで、リビングまで引っ張っていく。

 

​「チャ、チャンミン?」

(話があるって...愛の告白か!?)

​(いきなり過ぎんか?)

ユノをソファに座らせると、チャンミンはユノと向き合った。

(真面目な顔して...「好きです」とか言い出すんか?)

「ユノ!」

ユノの胸は高まる。

「どうやって家に入ったんだよ?」

​(あれ?)

「それは~...アハハ~。

チャンミンは知らなくていいことだよ」

「そういうわけにはいかない!」

「...つまりだな。

お前んちのセキュリティの甘さが原因だ」

チャンミンは、目を細めている。

(ヤバッ。

チャンミン、怒ってる?)

「......」

(チャンミンが怒ってるとこ初めてかも...)

「あれくらい、俺の手にかかれば、赤子の手を捻るかのよう...」

「不法侵入」

チャンミンがぼそりとつぶやく。

「...だよね」

「犯罪!」

「うん、その通り」

「お願いだから、『普通に』入ってきてよ」

「ごめんなさい」

素直に謝るユノに、チャンミンもこれ以上キツく言えなくなった。

しゅんと肩を落としたユノのピアスが、きらりと光る。

(めちゃくちゃ言い訳するかと思ってたのに...)

チャンミンは声のトーンを落とす。

「...謝ってくれたから、気が済んだよ。

さぁ、仕切り直そう。

...って、えっ?」

ユノが両手で顔を覆っている。

(泣いてる?)

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

(24)時の糸

 

 

「あと30分!」

 

(リビングOK。

注文した食材は届いた)

 

チャンミンは仕事後、大急ぎて帰宅し、準備で大忙しだった。

 

グラスも食器も1つずつしかなかったから、それも注文した。

 

(ユノがうちに来る!)

 

チャンミンは嬉しくて仕方なかった。

 

(自宅に誰かを招くのは、初めてだ)

 

(ところで...)

 

ふと手を止めて、考える。

 

(うちまで訪ねて欲しい、と言ってはみたけど、おかしかったかな?

人と、どう接して、どういった会話が正解なのか...僕にはわからない)

 

(手順が分からない)

 

29歳のチャンミンは、何もかもが初めてだった。

 

自分の経験を元に行動してみようと、記憶をたどろうとすると決まって、意識が遠のくような気がして出来なかった。

 

霞がかかったようで、曖昧なのだ。

 

(経験不足なのか、単に覚えていないのかを追及することは、後回しだ)

 

仕方なくネットの情報を頼りにして、チャンミンは必死だった。

 

チャンミンは、リビングを見渡して「よし」と頷く。

 

「次は...着替えないと!」

 

チャンミンは、外出着のままなことに気づいて、クローゼットに向かう。

 

 


 

 

ユノは、地下10階から上昇するエレベーターに乗っていた。

 

地上に到着し、ドアが開くのも待てずに飛び出し、駆け出す。

 

(急げ急げ!)

 

会議の閉会式が長引き、撤去作業もずれ込んで、チャンミンとの約束の時間まで、あと1時間だった。

 

(忘れちゃいかん!チャンミンへの土産!)

 

ユノは自室のあるマンションにいったん寄り、あらかじめ注文しておいたものをピックアップする。

 

チャンミンのマンションまで、徒歩15分の距離だったが、迷わずタクシーを呼ぶことにした。

 

「ふぅ」

 

タクシーのシートに座ると、ユノは息を整える。

 

(チャンミン、ごめん)

 

ユノは膝の上の、チャンミンへの土産が入った袋を抱え直した。

 

 

 

 

ユノは艶消しアルミのドアの前に立っていた。

(待ちきれない)

時刻を確認すると、約束より15分早い。

(チャンミンのことだ、頓着せんだろう)

荒くなった呼吸を整える。

​​

(よし!)

チャイムのボタンを押す。

 

(......)

 

​インターホンの応答がない。

 

もう一度押す。

 

​(......)

 

「ったく、またかよ!」

 

​舌打ちをしたユノはさらに3回チャイムを鳴らし、きっかり1分ずつ待つ。

 

(何やってんだか!)

​在宅ランプが灯っているので、部屋にいるのは確か。

 

(...今日も...風呂か?)

ユノはニヤリとする。

(出てこないチャンミンが悪いのだ)

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

(23)時の糸

 

 

~ユノ~

 

 

​で、結局、だらだらと2時間も話してた(俺が)。

(そろそろ、電話切ろうかな。

はっ!

もう12時じゃないか!)

あくびが出る。

(明日も早いんだよなぁ...。

​チャンミンの奴、結局、雑談だけのために電話してきたんかなぁ?)

 

『ユノ』

チャンミンが、俺の名前を呼ぶ。

「はいはい」

(さすがにしゃべり疲れた...)

『明日終わるのって、何時頃?』

「うーん、片付けがあるから、18時くらいかなぁ」

(すきっ腹に、酒はいかん、酔ってきた。

​トイレに行きたい...)

​『えっと...』

(眠い...寝たい...風呂に入らんと)

 

「それじゃ、そろそろ寝るわ」

 

会話を打ち切ろうとしたら、まさかのチャンミンの爆弾発言。

 

驚き過ぎて、ソファから転げ落ちたもんね。

『明日、うちに来てください』

 

「ぶはっ!」

​ベタな反応だったけど、本気で吹き出してしまった。

「なんやってぇ!?」

『明日、僕のうちに来て欲しい』

「ななな、なんやって?」

『ユノに、来てもらいたいんだ、うちに』

 

全くの予想外のチャンミン発言に、全身から汗が噴き出してきた。

​「なんでぇ?」

(馬鹿!

うちに来て欲しい、ってことは、アレだよアレ!

理由をはっきり聞いちゃあかんのに)

 

​『ユノに用があるからだよ!

​ユノは出張でいなかったし。

​職場じゃ、ゆっくり話せないし』

 

「そっかー...」

 

『...無理なら、いいよ。

忘れて』

「わかった」

『嫌ならいいよ』

「行くよ」

チャンミンが「すっ」と、息を吸う音が聞こえる。

​『いいんですか?』

(なぜ、敬語?)

​チャンミンの声が明るくなった。

「出張から戻ったら、まっすぐ寄るよ」

『よかった!』

(めちゃくちゃ嬉しそうじゃないの)

「うーんと、18時頃かなぁ...いい?」

『じゃあ、夕飯を用意しておくよ』

「美味しい物買っていくから、いい子でな」

『子供扱いは、止めてくれないかな、ユノ』

 

 

 

 

電話を切った後、ソファに寝ころんでぼんやりと考える。

この数日の間で、チャンミンの中で何が起こったんだ?

客観的に見ると、間もなく三十路になる男にしては言動が中高生レベルで、十分過ぎるほどキモイ。

でも、チャンミンならセーフ。

なぜだかは、分からないけど。

​照れることをスルっと発言できちゃうあたりが、単なる「ウブ」でもないわけで。

なかなかどうして、興味深いキャラクターだ、チャンミン君。

​チャンミンの『やる気スイッチ』を押してしまったのか?

​『やる気スイッチ』って、なんのやる気だよ!

先日のMとの会話を思い出す。

​『チャンミンのプライベートって凄そう、こわーい』

​チャンミンが隠している「素の姿」はすごいんだろうか...?

どきどき。

 

 


 

 

チャンミンは、洗面ボウルの縁にかけた手に体重を預け、ゆっくり呼吸した。

 

洗面所の鏡の前で、髪を整えようとした直後だった。

 

(まただ...)

 

視野が暗くなって、耳鳴りがする。

 

(もうすぐユノが来るのに...)

 

チャンミンは強く目をつむって、大きな深呼吸を繰り返した。

 

(!)

 

チャンミンは、自分の肩の上に重みを感じ、後ろを振り返った。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

(22)時の糸

 

 

~チャンミン~

 

 

僕は耳に装着してあるイヤホンの位置を、何度も直した。

 

ふうとひと息ついてから、リストバンドを操作する。

 

僕はユノに電話をかけようとしていたのだ。

電話番号はMに教えてもらった。

​「なんでまた、どうして?」と、Mは理由を知りたがって、「どうしちゃったの~?」としつこくて、参った。

​呼び出し音が鳴っている。

ドキドキと鼓動が早い。

手の平は汗ばんでいる。

 

(いい年した大人なのに)

呼び出し音が鳴っている。

(出ない...)

ごくっと唾を飲み込んだ。

​(まだ出ない...)

イヤホンから聞こえる、呼び出し音に集中する。

(......)

​これ以上呼び出したら、執拗だと思われるかもしれない。

終了ボタンを押そうとしたら、

『どちらさんだぁ?』

​ユノの声。

ただ、怒っているような、尖った声だ。

心の準備ができていなくて、うまく言葉が出てこない。

「あの...」

​『もしもーし!』

(もしかして、電話したらマズいタイミングだったかな)

『おい!

どちらさんか?って聞いてんだよ、こっちは』

苛立っているユノの声。

​「ぼ、僕です」

『僕って誰だぁ?

さっさと名乗れ!』

(そっか、ユノは僕の番号知らないんだった!)

すっとひと息ついて、僕は言う。

「チャンミンです」

「......」

​沈黙。

​固唾をのんで、待つ。

『どうした、どうしたチャンミン?』

「......」

​(Mと同じ台詞を言わなくても!)

ムッとした僕。

​電話をしたことを後悔してきた。

『なあ、チャンミン?』

ユノの声のトーンが、優しくなった。

『電話をもらえて嬉しいよ』

「...ユノ」

 

 


 

 

~ユノ~

 

 

「疲れた...」

​俺はブーツを脱ぎ捨て、ソファに倒れ込む。

格納ベッドを出す時間も惜しいくらい、ヘトヘトだった。

(明日で終わる。

あと1日だ!)

会議の日程は2日間だったが、俺は準備委員会のメンバーだったため、設営準備も含めて、3日間缶詰状態だ。

(テレビ会議で済むのに、どうしてわざわざ一同を集める必要があるわけさ。

ったく、時間とエネルギーの無駄だとしか思えない)

「おしっ!

酒だ、酒のも!」

俺は勢いをつけて起き上がって、備え付けの冷蔵庫から缶入り酎ハイを取り出した。

「ん?」

リストバンドが振動しだした。

ディスプレイを見る。

 

(知らん番号...無視だ無視!)

酎ハイをガブリと飲む。

(......)

酎ハイをゴクゴクとあおる。

(......)

酎ハイを飲み干す。

(しつこい、しつこい、しつこいぞ!)

通話ボタンをタップして、不機嫌さを前面に出して応答する。

​「どちらさんだぁ?」

 

『あの...』

​(男か)

​「もしもーし!」

『......』

(ん...?)

嫌な予感がする。

「おい!

どちらさんか?って聞いてんだよ」

 

(もしや...)

​『ぼ、僕です』

​(はあぁ?)

嫌な予感は膨らむ。

「『僕』って誰だよ!」

(こいつ...変態野郎だ!

​はぁはぁ言って、いやらしいことしてるんだ!)

酎ハイの缶を握りつぶした。

「おい!

どちらさんか?って聞いてんだ、こっちは」

​『あの...』

​相手の息づかいが聞こえてくる。

(こいつ、興奮してやがる!

...変態野郎確定だ!)

​「僕って誰だぁ?

さっさと名乗れ!」

『チャンミンです』

(え...えええぇぇぇぇ!!)

 

 

俺の手から、酎ハイの缶が転げ落ちた。

 

 

 

 

チャンミンとは共通の話題なんてないから、会話が続かないったら。

俺が一方的に、会議のバカバカしさや、肉まんの食べ過ぎで腹が痛いとか、どうでもいいことばかり喋ってしまった。

チャンミンはいちいち相槌をうってくれた。

チャンミンが何の用事で、電話をしてきたのかは分からない。

普段の彼を知ってるから、​ウブで『僕ちゃん』な彼だから、さぞ勇気を振り絞っただろうなぁ、って。

​チャンミンと話しながら、そう思った。

温かな気持ちになった。

チャンミンとの距離が近くなって、たったの数日なのに、無表情で無口な彼の変化が、微笑ましく思った。

不意打ちの電話は、嬉しかった。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」